今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

ドラマ「そして誰もいなくなった」

投稿日:

 1939年8月のイギリス、デヴォン州。オーエン夫妻から招待を受け“兵隊島”の邸宅を訪れた男女8人は、執事のロジャーズ夫妻に迎えられる。邸宅の各部屋にはわらべ歌「10人の兵隊」の歌詞が飾られ、食卓には10体の人形が置かれていた。オーエン夫妻の到着を待ちながら夕食を終えた8人がくつろいでいると、突然スピーカーから謎の声が響く。それはロジャーズ夫妻を含めた10人の「過去の殺人」を告発するものだった。

 タイトルだけは知っていたが、原作も読んでいないし、映画も見たことなかった。あらすじさえ知らない状態でこのドラマを見始めた。 出演する俳優さんたちも、豪華キャストとうたわれていたが、どこかで見たような気がする俳優さんばかりなのだが、名前を見てもよくわからなかった。そもそも外国の俳優さんを申し訳ないくらいよく知らない。

 3部作になっていて、それぞれが1時間。連続して一気に見ることができた。ぐいぐいと話に引き込まれて、ハラハラドキドキ。次は誰がどんな殺され方をするのか?犯人も最後の最後までまったくわからない。

 最初は一気に10人が出てきて、全員を覚えられるかな?と思ったが、それは心配ない。それぞれの過去のエピソードを描きつつ丁寧に10人を解説してくれる。

 観ていて既視感があったのが、やはり横溝正史氏の「獄門島」と「悪魔の手毬唄」だろうか。閉鎖された空間での連続殺人を、童謡や俳句を関連づけて織りなす推理小説。

 それぞれの役者さんの演技も素晴らしくて、あっという間の3時間だった。

 アガサ・クリスティーのこの小説が発表されたのが1939年で昭和14年。今から83年前。

 1939年のイギリスは、9月1日にドイツとスロバキアがポーランドへ侵攻。9月3日にイギリス・フランスがドイツに宣戦布告した。9月17日にソ連も東からポーランドに侵攻し、ポーランドはドイツとソ連の両国に分割占領された。ソ連はそのままフィンランドへ侵攻し、国際連盟から除名される。

 そんな頃に発刊された推理小説。

-映画

執筆者:


  1. アプリ より:

    渡瀬恒彦さんの遺作で放送された二夜連続ドラマスペシャルで見ましたね、4年前です。

    海外のオリジナル版は見たことないと思います。小説も読んだことがないように思いますね。でも、どれかクリスティの作品は読んだと思います。そんなに前の作品なんですね。

    • KURI より:

      アプリさん
      >二夜連続ドラマスペシャル
      このドラマが渡瀬恒彦さんの遺作になってしまったのですか。見てみたいです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ボクの妻と結婚してください。」

織田裕二の4年ぶりとなる映画主演作で、2014年に舞台化、15年にドラマ化もされた放送作家の樋口卓治による同名小説を映画化。数多くのレギュラーを抱え、忙しい毎日を送るバラエティ番組の放送作家・三村修治 …

映画「フルメタル・ジャケット」

原作はグスタフ・ハスフォードの処女小説「短期応召兵(ザ・ショート・タイマーズ)」。米海兵隊3092小隊の新兵たちはいじめ、侮辱が横行する環境下、過酷な訓練を強いられる。人を殺すことを教え込まれ、人間性 …

映画「おっぱいバレー」

 高校に新任の若い女教師(美香子先生)が来た。  部活も担当することになったが、この学校では有名な馬鹿部と呼ばれている男子バレー部。まったくやる気はないは、バレーボールさえやったことない。そんな部員5 …

映画「峠 最後のサムライ」

仕事を終えて晩ご飯を急いで済ませてから、妻と歩いて映画館へ。日没後の夕空にはラフに引いた線のような飛行機雲が夕日に光っていた。  暑い暑い1日が終わって、日が沈んでもまだ暑さが残っているので早く冷房の …

映画「東京原発」

 東京都知事が東京に原発を誘致すると提案したことから巻き起こる、パニック風刺サスペンス。監督・脚本は「黄昏流星群 同窓会星団」の山川元。撮影は同じく「黄昏流星群 同窓会星団」の北澤弘之、音楽プロデュー …