今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

ドラマ「カルテット」

投稿日:

 あらすじ

 ある日、“偶然”出会った男女4人。
夢が叶わないまま、人生のピークにたどり着くことなく緩やかな下り坂の前で立ち止まっている者たちだ。そんな4人がカルテットを組み、軽井沢で共同生活を送ることになる。しかし、その“偶然”には、大きな秘密が隠されていた……。

 全10話のTBSドラマ。

 キャストの男女4人は、松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生。

 確か、妻と娘が毎週観ていたような気がする。こうやってCM抜きでまとめて観ると、ついついストーリーに引き込まれてしまって抜け出せなくなる。脚本もよく出来ていて、4人の会話の中には「面白い表現するね」というようなセリフがたくさん出てきて、思わずメモを取りたくなってくるほど。

 適当にイラストを描きながら、耳に入ってくるセリフをメモしながら観ているのが楽しい。

 4人の共同生活の中で、わちゃわちゃと料理を作り、それを食べながら喋っているのを聞いているだけでなんとなく癒される。

 例えそれが、それぞれにウソで塗り固められた過去を持った人たちであっても、今この時に疑いのないあなたがそこにいて、そんな仲間で楽しくやっていること、それだけで十分なのではないか?これはドラマの中だけじゃなくて、自分の周りのことだってそんなものかもしれないなって思ったりした。

 今この時代にたまたま居合わせた人たち。その人たちが一緒に暮らしていく。離れたりくっついたりしながらも、次々とグループを入れ替えて生きていく。そんな感じなのかな?

 学生時代に、毎年クラス替えごとにつるむ仲間が変わるように。

晩ご飯を食べた後の湖岸1時間ウォーキング。ライトアップすればまだそれっぽく見られます。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ザ・ファブル」

 小さい頃から殺人マシーンとして育てられた主人公は、やや殺しすぎて育てた方が心配になってきた。そこで1年間殺人は禁止で普通に過ごすと言うことで大阪のヤクザに預けられた。  しかし、ややこしいことに巻き …

映画「僕等がいた」

累計発行部数1000万部を突破する小畑友紀の人気少女漫画を、前後編の2部作で実写映画化。主演は生田斗真と吉高由里子。「ソラニン」の三木孝浩監督がメガホンをとる。クラスの3分の2の女子が一度は好きになる …

映画「点」

俳優の山田孝之が、2017年9月メジャーデビューの新人ガールズバンド「yonige」とタッグを組んだショートフィルム。「愚行録」で長編映画デビューを果たした石川慶監督が、「yonige」のデビューアル …

映画「いつまた、君と~何日君再来~」

 向井理さんのお祖母さんが書かれた手記を元に、向井理さんが企画して作られた映画。そして、向井理さんが自分の祖父を演じている。 81歳になった芦村朋子は、不慣れな手つきでパソコンにむかい、亡くなった夫・ …

映画「L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」

2014年に剛力彩芽と山崎賢人の主演で映画化され、「壁ドン」ブームの火付け役ともなった渡辺あゆの人気漫画を上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星の共演で再映画化。高校3年生の西森葵は学校一のイケメン・久我山柊 …