今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

ドラマ「ハッピー・リタイアメント」

投稿日:

 原作は、あの浅田次郎氏。

 ドタバタな楽しいドラマ。

 2時間枠だが、映画とは明らかに違う雰囲気。

 とにかくノリが軽くて気軽に見られて、飽きずに楽しい。

財務省。 イヤなキャリア公務員の上司(八嶋智一氏)に不正をなすり付けられ、年収1千万の閑職天下りに回されたノンキャリ公務員で主人公の佐藤浩一氏。

 自衛隊。隊歴37年でやっと二等陸佐に昇進したが、演習中に視察にきた元隊長が間違って隊員に向けて発砲してしまう事故を起こし、その責任を取る形で除隊し、佐藤浩一と同じ天下り先に来た石黒賢氏。

 その天下り先は、全国中小企業振興会と言って、以前に借金を踏み倒してその肩代わりを国にやってもらった人の資料を管理する会社で、仕事はほぼ何もない。

 今まで忙しく働いてきた二人に暇ほど辛いものはなく、何もしなくていいのに、過去に借金を踏み倒した経験があり、今では高額納税者でなっている人をリストアップしてその人を訪ねて、過去の借金を少しでも返してもらうように仕向けることをアドバイスするその会社の女性石田ゆりこさん。この石田ゆりこさんはイヤなキャリア上司と金銭的な愛人関係にあり、石田はその関係から抜け出そうとしていた。

 幾人かは借金を返してくれることになり、その集まった金が3億円。その金を山分けしようとする3人と、それを横取りしようとするイヤなキャリア公務員の上司(八嶋智一氏)。

 最後はスッキリ爽快に終わる。気持ちの良いドラマ。

 石田ゆりこさんがいつもながらステキ。浅野温子さんの怪演?もお見事です。



-映画
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」

 見始めて戸惑いばかりだった。  え?何がどうなっているの?  前作「破」から14年後の世界。シンジが上司の制止に従わず綾波レイを助けたことで、大変なことになってしまった。  自分は自分の良心に従って …

映画「運び屋」

巨匠クリント・イーストウッドが自身の監督作では10年ぶりに銀幕復帰を果たして主演を務め、87歳の老人がひとりで大量のコカインを運んでいたという実際の報道記事をもとに、長年にわたり麻薬の運び屋をしていた …

アニメ「HELLO WORLD ハローワールド」

人気アニメ「ソードアート・オンライン」シリーズの伊藤智彦監督が、近未来の京都を舞台に描いたオリジナルのSF青春ラブストーリー。2027年、京都。内気な男子高校生・直実の前に、10年後の自分だという人物 …

映画「大誘拐」

ある夏の日の朝、大阪刑務所に仲間の正義と平太を迎えに行った健次は、二人に誘拐の計画を話す。最初は反対する二人だったが、健次のねらいは紀州一の山林王・柳川とし子刀自。さっそく計画を実行する三人。ところが …

映画「キャラクター」@ユナイテッド・シネマ

菅田将暉と本作が俳優デビューとなる「SEKAI NO OWARI」のボーカルFukaseの共演によるダークエンタテインメント。「20世紀少年」など数多くの浦沢直樹作品にストーリー共同制作者として携わっ …