今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

ドラマ「パンとスープとネコ日和」

投稿日:

 小林聡美主演の「かもめ食堂」と似た雰囲気の、私の大好物な食べ物に関する全4回のドラマ。今回はAmazonプライムでの鑑賞。

 母と二人暮らしで、雑誌編集の会社に勤務する中年女性アキコ。職場ではベテランになっているが、若手からは感覚の古さを指摘され始めていた。

 そんな折に、母が急死する。そして、会社において不本意な配置換え。これを機に会社を辞めることにして、母が長年一人で切り盛りしてきた食堂を継ぐことにした。

 母がやっていたのはご飯ものを提供するいわゆる街の古びた定食屋。そこをリフォームして、パン(サンドイッチ)とスープだけを提供する店を開く。飲み物も出さない。

 価格は1,200円。メニューは2種類のパンと1種類のスープのみ。

 バイトの女の子が一人。

 斜め向かいには、老婦人が姪とやっている喫茶店がある。そこがコーヒーを出していることで気を遣って飲み物は提供しない。必要な場合はその喫茶店から持って来てもらうという気の使いようだ。

 その喫茶店はすでに流行りは過ぎて、いつもの常連がポツポツ訪れるくらい。しかし、以前はかなり繁盛したようで、その頃の経営のコツをポツリポツリと厳しく言う。これがかなり自分にも勉強になる。

 かなり強気のメニューと強気の価格。これでやっていけるのだろうか?と思うが、それでも自然派の若い女性にはウケてそこそこ流行る。

 おそらく持ち家なので家賃もないだろうし、退職金を使ってのリフォームだろうからローンもないのでここまで強気に出られるのだろうと、リアルに考えられる。

 様々なお客が来ては、それに対応するのだがそれがなかなかリアル。タバコを吸う人は結果的に帰ってもらうことになるし、ご飯ものを期待した人も同様。そう言うことで客層を絞っているところもあり、この規模でさばける程度に収束していく様が見て取れる。

 経費もどう見積もっても経営を圧迫するほどでもないし、人件費もおそらく払えるだろう。ローンも家賃もなく、原価も安く、短い時間効率よく働いて、生きていくに十分な収入が得られそうな一つのモデルにもなりそう。

 実はすでに3〜4回観ている。かもめ食堂もそうだが、こういう映画やドラマが好きなんだな。深夜食堂とか孤独のグルメとか。

 またその手の映画・ドラマを探してみてみよう。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「フューリー」

ブラッド・ピットの主演・製作総指揮で、第2次世界大戦下、たった一台の戦車で300人のドイツ軍部隊と渡り合った5人の兵士たちの姿を描いた戦争アクションドラマ。「エンド・オブ・ウォッチ」のデビッド・エアー …

映画「一度死んでみた」

大嫌いな父親に「死んでくれ!」と毒づく女子大生と本当に死んでしまった父親が巻き起こす騒動を、広瀬すず主演、堤真一、吉沢亮共演で描くドタバタコメディ。「犬と私の10の約束」「ジャッジ!」で知られる澤本嘉 …

映画「愛と情事のあいだ」

  スワッピングというか、夫婦交換の映画。エロティックなシーンを期待して観るとかなり期待外れになるから注意。  心臓外科医男性二人とその奥さんたち。写真の左端と右端が夫婦で、挟まれた二人がもう一組の夫 …

映画「マチネの終わりに」

平野啓一郎原作の同名小説の映画化。 「パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせ …

映画「ザ・ファブル」

 小さい頃から殺人マシーンとして育てられた主人公は、やや殺しすぎて育てた方が心配になってきた。そこで1年間殺人は禁止で普通に過ごすと言うことで大阪のヤクザに預けられた。  しかし、ややこしいことに巻き …