今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

ドラマ「ブラッディ・マンデイ シーズン1&2」

投稿日:

  天才ハッカーである高校生(三浦春馬)がハッキング能力をフルに駆使しながらサードアイという秘密治安機関と協力をして、無差別大量殺人を企てるテロ集団に立ち向かうハードボイルド作品。

 もう三浦春馬の魅力満載。本当に映画界からこの人がいなくなってしまったのが惜しいと思える作品である。そして、同じく昨年自死された芦名 星さんも魅力的な演技をされていた。

 シーズン1が11話、シーズン2が9話。

 息もつかせぬ展開に、3〜4日で一気に視聴してしまった。仲間だった人が実はテロ集団のスパイだったということが多く、人狼ゲーム的な要素もあり、「次はこの人が怪しい」という目で仲間を見てしまう。

 原作は漫画らしいがそちらはまだ読んでいない。ドラマはまだ続けられそうな感じで終わっているが、三浦春馬がいなくなってしまった今ではそれも難しいかもしれない。

 脇を固める俳優陣では、松重豊が本来の怖いけど信頼できる存在を発揮していた。ここ最近は、「孤独のグルメ」や「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」で惚けた役を見てきたが、この頃の松重氏はこういった怖い役がよく似合っていた。

 そして、私にとって初めての女優さんが吉瀬美智子。もう十分ベテランなのに、出演作品を眺めてみても見事に見ていないものばかりだった。そんな吉瀬美智子さんだったが、演技はとても魅力的で引き込まれてしまった。モデルさんだけあって美しくセクシーだ。

 そうそう、このドラマの特徴の一つに、銃で撃たれて死んだと思っても次にはしっかり生き返っているというのがよくある。「生きてたのか!」って。絶対にあのシーンであの撃たれ方だったら間違いなく死んでいるはずなのに、奇跡的に助かっている。そうなると逆に、他のキャストが「あれくらいで死んじゃったの?」と思うほどだ。

 絶対的な信頼を置いていた人が実はスパイであり裏切り者であったり、一番意外な人が裏切ったり、実は裏切りではなくてやっぱりそれは勘違いだったり。毎回そんなのばっかりで「またかよ!」と思うのだが、それでも面白い。

 こんなドラマを見るとハッカーになりたくなる。あちこちのコンピューターシステムに手軽に侵入して、情報を盗み出し、防犯カメラの映像も入手して、個人情報から何から全て引きずり出す。そんなことが見ていて気持ちいい。各回のドラマの最後に「ハッキングは違法だから絶対にやってはいけません」と注意書きが出るが、これを見てハッカーになりたがる子供も多いかと思う。その気持ちを悪い方に使うことなく良い方へ生かせればいいのだけどなと思うばかりだ。

 最後にもう一人。「成宮寛貴」。この人の演技も素晴らしかったなぁ。どうしてあんなことでこの業界を去らなければいけなくなってしまったのだろう。本当に惜しい逸材だったのに。

 長丁場のドラマだったがとても楽しめたドラマだった。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ハドソン川の奇跡」と「Fukushima50」

 たくさんの経験を積んで  たくさんの失敗と成功を繰り返し  その積み上げた経験のもと  咄嗟のトラブルが起こり  そこで、自分で反射的に判断した行動に対し  確信と自信があったとしても  周りから叩 …

映画「八日目の蝉」

直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。監督は「孤高のメス」の成島出。1985年、自らが母親になれない絶望から、希和子(永作)は不倫相手の子を誘拐し …

映画「君への誓い」

「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムスと「親愛なるきみへ」のチャニング・テイタムが主演するラブストーリー。幸せな新婚生活を送っていたレオとペイジはある日、交通事故に遭い、ペイジが記憶の一部を失っ …

映画「何者」

「桐島、部活やめるってよ」の原作者として知られる朝井リョウが、平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した「何者」を映画化。就職活動を通して自分が「何者」であるかを模索する若者たちの姿を、佐藤健、有村 …

映画「ひとよ」

女優で劇作家、演出家の桑原裕子が主宰する「劇団KAKUTA」が2011年に初演した舞台を佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子の出演、「孤狼の血」の白石和彌監督のメガホンで映画化。タクシー会社を営む稲村 …