今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

ドラマ「人生最高の贈りもの」

投稿日:

 思いかけずの号泣者のドラマを観てしまった。

 1時間半ほどのドラマだし、石原さとみと寺尾聰の父娘ということで見始めた。

 もうドラマ中盤から泣きっぱなし。

 父と娘のドラマはいかん。どうしても現実とシンクロしてしまう。

 寺尾聰演じる父は、妻を病気でなくし一人で暮らす翻訳家。

 一人娘の石原さとみは、自分の教え子と結婚して安曇野で幸せに暮らしていた。

 その娘が突然大きなスーツケースを持って帰ってきた。

 夫婦喧嘩をしたのか?夫が浮気をしたのか?他に何かあったのか?と心配する父。

 娘に理由を聞いても「なんでもないという」。

 近所の奥さん(キムラ緑子)と編集者の若者とで、気を揉みながら腫れ物に触るように接する。

 父は教え子である娘の夫の元に理由を聞きに行き、その理由を聞いて愕然とする。

 そこから再び父と娘との二人の貴重な生活が始まる。

 理由を知った父は、それを娘に気付かれぬよう気にかけて、

 「きっと父は理由を知ってしまった」と気づいた娘との微妙な生活。

 お互いに気を使いながらの生活を、

 石原さとみと寺尾聰が上手に演じていて、

 そのシーンごとに涙がポロポロ流れ落ちてしまった。

 テレ東のドラマとは思えないと言ったら失礼だが、

 かなりの良質な感動ドラマだった。

 脚本は岡田恵和氏。

 さすがでした。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「たそがれ清兵衛」

 自分の別のブログを見たら、2009年に2回目の鑑賞をしていた。おそらく3回目の鑑賞。  観るごとに違った味わいがある。自分もいろいろなことを経験した蓄積を背負っての鑑賞だから違っても当然かもしれない …

映画「運び屋」

巨匠クリント・イーストウッドが自身の監督作では10年ぶりに銀幕復帰を果たして主演を務め、87歳の老人がひとりで大量のコカインを運んでいたという実際の報道記事をもとに、長年にわたり麻薬の運び屋をしていた …

映画「ランボー」

 公開されたのが38年前。   もうそんなになるんだなぁ。最初に観たのが、劇場だったのか地上波のテレビだったのかも覚えていない。もっと長い映画と思っていたらたったの97分。とてもインパクトのある映画だ …

アニメ「イヴの時間」

「未来、たぶん日本。”ロボット”が実用化されて久しく、“人間型ロボット”(アンドロイド)が実用化されて間もない時代。」  冒頭に上記の文章が出る。  人間と見かけ状区別がつかない人間型ロボットが家庭に …

映画「マスター・オブ・ユニバース」

 今はガランとした巨大ビルの大きなフロアにて、かつてドイツの投資銀行の第一線で活躍していた銀行マンへのインタビュー形式の映画。大変高評価であったので鑑はじめたものの、最初の30分が過ぎ、40分が過ぎ、 …