今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

ドラマ「人生最高の贈りもの」

投稿日:

 思いかけずの号泣者のドラマを観てしまった。

 1時間半ほどのドラマだし、石原さとみと寺尾聰の父娘ということで見始めた。

 もうドラマ中盤から泣きっぱなし。

 父と娘のドラマはいかん。どうしても現実とシンクロしてしまう。

 寺尾聰演じる父は、妻を病気でなくし一人で暮らす翻訳家。

 一人娘の石原さとみは、自分の教え子と結婚して安曇野で幸せに暮らしていた。

 その娘が突然大きなスーツケースを持って帰ってきた。

 夫婦喧嘩をしたのか?夫が浮気をしたのか?他に何かあったのか?と心配する父。

 娘に理由を聞いても「なんでもないという」。

 近所の奥さん(キムラ緑子)と編集者の若者とで、気を揉みながら腫れ物に触るように接する。

 父は教え子である娘の夫の元に理由を聞きに行き、その理由を聞いて愕然とする。

 そこから再び父と娘との二人の貴重な生活が始まる。

 理由を知った父は、それを娘に気付かれぬよう気にかけて、

 「きっと父は理由を知ってしまった」と気づいた娘との微妙な生活。

 お互いに気を使いながらの生活を、

 石原さとみと寺尾聰が上手に演じていて、

 そのシーンごとに涙がポロポロ流れ落ちてしまった。

 テレ東のドラマとは思えないと言ったら失礼だが、

 かなりの良質な感動ドラマだった。

 脚本は岡田恵和氏。

 さすがでした。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「天空の蜂」

ベストセラー作家の東野圭吾が1995年に発表した同名小説を、「SPEC」「20世紀少年」など話題作を多数手がける堤幸彦監督が映画化したサスペンス大作。主演の江口洋介と本木雅弘が初共演し、史上最悪の原発 …

映画「君は月夜に光り輝く」

難病系の青春恋愛映画、と分類してしまうと失礼だろうか。  出演が北村匠海くんで、私の中では「君の膵臓を食べたい」と同じく、難病の少女の相手役のイメージが重なってしまう。  「発光病」と言う死期が近づく …

映画「アメリカン スナイパー」

「ミリオンダラー・ベイビー」「許されざる者」の名匠クリント・イーストウッドが、米軍史上最強とうたわれた狙撃手クリス・カイルのベストセラー自伝を映画化。米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員クリス・カイ …

映画「鈴木家の嘘」

長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアを交えてあたたかく描いたドラマ。鈴木家の長男・浩一が突然亡くなった。そのショックで記憶を失ってしまった母・悠子のため、父・幸男と長女・富美が嘘をつ …

映画「君への誓い」

「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムスと「親愛なるきみへ」のチャニング・テイタムが主演するラブストーリー。幸せな新婚生活を送っていたレオとペイジはある日、交通事故に遭い、ペイジが記憶の一部を失っ …