今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

ドラマ「人生最高の贈りもの」

投稿日:

 思いかけずの号泣者のドラマを観てしまった。

 1時間半ほどのドラマだし、石原さとみと寺尾聰の父娘ということで見始めた。

 もうドラマ中盤から泣きっぱなし。

 父と娘のドラマはいかん。どうしても現実とシンクロしてしまう。

 寺尾聰演じる父は、妻を病気でなくし一人で暮らす翻訳家。

 一人娘の石原さとみは、自分の教え子と結婚して安曇野で幸せに暮らしていた。

 その娘が突然大きなスーツケースを持って帰ってきた。

 夫婦喧嘩をしたのか?夫が浮気をしたのか?他に何かあったのか?と心配する父。

 娘に理由を聞いても「なんでもないという」。

 近所の奥さん(キムラ緑子)と編集者の若者とで、気を揉みながら腫れ物に触るように接する。

 父は教え子である娘の夫の元に理由を聞きに行き、その理由を聞いて愕然とする。

 そこから再び父と娘との二人の貴重な生活が始まる。

 理由を知った父は、それを娘に気付かれぬよう気にかけて、

 「きっと父は理由を知ってしまった」と気づいた娘との微妙な生活。

 お互いに気を使いながらの生活を、

 石原さとみと寺尾聰が上手に演じていて、

 そのシーンごとに涙がポロポロ流れ落ちてしまった。

 テレ東のドラマとは思えないと言ったら失礼だが、

 かなりの良質な感動ドラマだった。

 脚本は岡田恵和氏。

 さすがでした。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「Fukushima50」

2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故で、未曾有の事態を防ごうと現場に留まり奮闘し続けた人々の知られざる姿を描いたヒューマンドラマ。2011年3月11日午後2時46 …

映画「何者」

「桐島、部活やめるってよ」の原作者として知られる朝井リョウが、平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した「何者」を映画化。就職活動を通して自分が「何者」であるかを模索する若者たちの姿を、佐藤健、有村 …

映画「君の膵臓をたべたい」

タイトルとストーリーのギャップで話題を集めた住野よるの同名ベストセラー小説を実写映画化した青春ドラマ。高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに教師となった“僕”は、教え子の栗山と話すうちに、 …

映画「ロッキー・ザ・ファイナル」

シルベスター・スタローンの出世作でもある「ロッキー」のシリーズ完結編となる第6作。アカデミー作品賞に輝いた第1作から30年を経て製作された本作では、スタローン自らが監督・脚本・主演の3役を務め、ロッキ …

ドラマ「珈琲いかがでしょう」

いい香りに誘われて向かったその先に待っていたのは、素敵な移動珈琲屋さん。店主が淹れる珈琲は、一杯一杯、丁寧に、誠実に、心を込めて淹れられ、なんだか気持ちがほんのりほぐれるような、そんな味。そのお店はあ …