今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

ドラマ「先生のおとりよせ」

投稿日:

 

 クールなイケメンと髭面のオネエ言葉というと、西島秀俊と内野聖陽の「きのう何食べた?」を思う浮かべてしまう。

 でも、この二人はそういう関係ではない。ドMで髭面のオネエ言葉であるえっちな美少女漫画を描く漫画家「中田みるく」を演じるのが北村有起哉。この人の怪演がこのドラマを支えていると言っても過言ではない。女性っぽくはあるが、女装はしないし、ゲイでもオカマでもない。

 もう一人が、向井理が演じる官能小説家「榎村遥華」。クールで無愛想でええカッコしいだが、中田が描く巨乳キャラの大ファンでありドSな巨乳好き。

 そんな二人が偶然にマンションの隣同士に住むことになり、二人でコラボして、榎村が原作を書き、中田が作画して作品を作ることになる。なかなか外に食べにいけない二人は、「お取り寄せ」が唯一の楽しみ。

 お互いにお取り寄せしては、それを毎回ケンカしながらうんちくを語りつつ食べるのが楽しい。

 知っている食べ物がいくつか出てきた。クラブハリエのバームクーヘンだったり、京都永楽屋の琥珀柚子だったり、前橋の焼きまんじゅうだったり。どれも特別高級なものでなく、お取り寄せしようと思えばポチッと出来てしまえるくらいお手軽なのがいい。

 なんと言っても北村有起哉、この人の演技だけでご飯がいっぱい食べられるくらい楽しい。そんなドラマだった。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ヨコハマ物語」

 サッカー競技場の芝を長年管理してきた主人公(奥田瑛二)。  定年退職の日、同僚、後輩たちから労いの言葉と花束をもらって帰宅すると、長年連れ添った妻が急死していた。  四十九日が終わって墓参りに行くと …

映画「夏への扉」

ロバート・A・ハインラインの名作SF小説「夏への扉」を、「キングダム」の山崎賢人主演により日本で映画化。舞台を日本に移して再構築し、人生のすべてを奪われた科学者が時を超えて未来を取り戻す姿を描く。19 …

映画「キャラクター」2回目

菅田将暉と本作が俳優デビューとなる「SEKAI NO OWARI」のボーカルFukaseの共演によるダークエンタテインメント。「20世紀少年」など数多くの浦沢直樹作品にストーリー共同制作者として携わっ …

WOWOWドラマ「空飛ぶタイヤ」全5話

池井戸潤原作の、大企業のリコール隠しに切り込む衝撃の社会派ヒューマンサスペンス。巨大組織の暗部とそれに立ち向かう人々を描く。主演は仲村トオル。運送会社社長の赤松は、自社トレーラーのタイヤ脱輪による死傷 …

映画「燃えよ剣」

 新選組副長・土方歳三の生涯を描き、過去に映画化、ドラマ化もされてきた司馬遼太郎の歴史小説を、「関ヶ原」の原田眞人監督&岡田准一主演の再タッグで新たに映画化。江戸時代末期。黒船の来航により、外国から日 …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲