今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

ドラマ「名建築で昼食を」

投稿日:

 有名建築家を父に持つ建築模型士の植草千明はノスタルジックで可愛らしい建築を巡るのが趣味で、訪れた時の様子をSNSで随時更新しており人気を博している。一方、広告代理店で働く春野藤は別れた彼氏からぬか床を預かる羽目に遭い、複雑な心境を抱いたままかき混ぜる毎日を過ごしている。そんな藤だが、実はカフェを開くことを夢見ており、その参考になればという気持ちから千明のSNSをフォローしている。いつしかSNSを通じてメッセージを交換していくうちに、2人は東京の名建築と呼ばれる建築物で昼食をすることになった。

Wikipedia

植草千明を演じる田口トモロヲと春野藤を演じる池田エライザの二人が織りなす独特の距離感が心地よい。父娘でもなし、恋人に発展するわけでもなく、親戚のおじさんという感じでもなく。それでいて春野藤が「弟子にしてください」というような雰囲気でもない。

 「今度はあそこの名建築でランチしようと思うけど行きますか?」

 お互いに悩みを抱えていて、それをチラチラと出しつつも深く入るような入らないような。なんとも言えない感じがいい。

 池田エライザの表情が豊かでかわいらしく、スタイルもいいのでどの風景をバックにしても絵になる。田口トモロヲもベテランらしい演技で、内面をじわじわ滲み出すところがさすがだ。

 日常、民放はリアルタイムでほとんど観ないのだが、ドラマはどれも良質でよく出来ているものが多い。配信のものだとCMもなくストレスなく見られて最高。

-映画

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    ドラマに余り興味がないのですが、これはおもしろそう。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       私もリアルタイムでは朝ドラと大河ドラマ以外は見ないのですが、配信でCMなしで見ると3ヶ月かかるところを短い時間で見られるのでストレスなくていいです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「アメリカン スナイパー」

「ミリオンダラー・ベイビー」「許されざる者」の名匠クリント・イーストウッドが、米軍史上最強とうたわれた狙撃手クリス・カイルのベストセラー自伝を映画化。米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員クリス・カイ …

映画「ちょっと思い出しただけ」

 「バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画をつくったら」「くれなずめ」など意欲的な作品を手がけ続けている松居大悟監督のオリジナル脚本を、池松壮亮と伊藤沙莉の主演で映画化。ロックバンド「クリープ …

「とんび」とロースカツランチ

 いい映画だったなぁ。  みんな一生懸命生きていて、地域の人たちみんなで子供を育てていて、口は悪いが心はいつも温かい、そんな人たちの姿がイキイキと描かれていた映画だった。  直木賞作家・重松清のベスト …

映画「一度も撃ってません」

 「半世界」「エルネスト」の阪本順治監督、「野獣死すべし」「探偵物語」の丸山昇一脚本によるハードボイルドコメディ。18年ぶりの映画主演となる石橋蓮司が、冴えない小説家と伝説の殺し屋という2つの顔をもつ …

映画「神様のカルテ2」

 櫻井翔主演で夏川草介のベストセラー小説を映画化した医療ヒューマンドラマ「神様のカルテ」続編。妻・榛名の出産を心待ちにする内科医・栗原一止が勤務する本庄病院に、一止の大学時代の同期でもあるエリート医師 …