今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

ドラマ「有村架純の撮休」

投稿日:

1話完結タイプのWOWOWドラマ。全8話。

 妄想を膨らませることができる、かなり上質のドラマ。有村架純ファンなら堪らない設定。

 毎回、急にドラマの撮影が休止になり、ポッカリと空いた1日をどう過ごそうかという話を、有村架純本人が演じる。

  とっても可愛くてピュアな役者としての「有村架純」と、日常はこんな感じなのかな?って思わせるプライベートな「有村架純」とを演じ分けているのが面白い。実際はどんなだろう?って妄想ばかりが膨らむ。

 脚本を素晴らしく、毎回脇を固める俳優陣も素晴らしい。なんともさりげない女優の日常を映し出しているように見える。大事件も起こることなく、なんともほのぼのとしたリアルさを感じる設定にとても好感を持った。

 あらためて有村架純という女優さんは上手いなぁと感じるドラマだった。

 きっともう一度観なおしても、それなりに楽しめるドラマという感じがする。ずっと作業のバックで流しておきたいようなここと良いドラマだ。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ビューティフル・マインド」

 天才数学者ナッシュは、周囲に変人扱いされながら研究に没頭、やがて精神状態に異常をきたすようになり、病との闘いが始まる。ゲーム理論の基礎を築いたノーベル賞数学者ジョン・ナッシュの伝記小説を、オスカー俳 …

映画「何者」

「桐島、部活やめるってよ」の原作者として知られる朝井リョウが、平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した「何者」を映画化。就職活動を通して自分が「何者」であるかを模索する若者たちの姿を、佐藤健、有村 …

映画「愛唄 ―約束のナクヒト―」

立て続けに青春ラブコメ。コメディーじゃなくて病気系。 恋する勇気を持てないまま大人になってしまったトオルは、元バンドマンの旧友・龍也との再会や、運命を変える詩との偶然の出会いを通し、全力で恋と向き合う …

映画「青の炎」

家族の平和を守るために犯罪に走った少年の心理を描く青春サスペンス。監督は「魔性の夏 四谷怪談より」の蜷川幸雄。貴志祐介の同名小説を基に、蜷川監督と宮脇卓也が共同で脚色。撮影を「サトラレ」の藤石修が担当 …

映画「大誘拐」

ある夏の日の朝、大阪刑務所に仲間の正義と平太を迎えに行った健次は、二人に誘拐の計画を話す。最初は反対する二人だったが、健次のねらいは紀州一の山林王・柳川とし子刀自。さっそく計画を実行する三人。ところが …