今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

ドラマ「珈琲いかがでしょう」

投稿日:

いい香りに誘われて向かったその先に待っていたのは、素敵な移動珈琲屋さん。店主が淹れる珈琲は、一杯一杯、丁寧に、誠実に、心を込めて淹れられ、なんだか気持ちがほんのりほぐれるような、そんな味。そのお店はあなたの街にもやってくるかも…?

 上記のあらすじの以上のものはないと思っていたらそれは表面的なもので、裏には闇の世界を抱える人だった。その闇から救い出してくれたのが珈琲だったというなかなかいい話。

 毎週のエピソードも心温まる話だったが、毎回チラチラと見え隠れする裏世界に、少しずつドキドキさせられる。

 中村倫也の笑顔と独特の声がなんとも素敵で引き込まれる。そして、磯村勇斗のヤンチャな感じ。夏帆のピュアなイメージがぴったり。

 劇中の珈琲も大変美味しそうで、今からでコーヒーを淹れて飲みたくなってくる。

 素敵なドラマでした。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「マトリックス リローデッド」

 「マトリックス」の続編であり、三部作の2作目。  1作目よりもさらに経費が掛かっていそうな映像。  まず違和感があったのが「タンク」役が違う。たくさんのモニターを前にして情報を送る役のアジア人で、い …

映画「父親たちの星条旗」

「許されざる者」「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦だったといわれる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描く映画史上初の2部作。本作はその第1弾で、アメリカ側 …

映画「紙の月」

「八日目の蝉」や直木賞受賞作「対岸の彼女」など多数の作品で人気を誇る作家・角田光代のベストセラーで、テレビドラマ化もされた「紙の月」を、「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督が映画化。宮沢りえが7年 …

映画「初恋」

  三億円事件の時、私はまだ小学校にあがっていない。   「モンタージュ写真」「白バイ」「アタッシュケース」くらいしか思い浮かばない。  再現ドラマとか、迷宮入り事件簿みたいなものは何度か見たことある …

映画「1944 独ソ・エストニア戦線」

ドイツ武装親衛隊に属する、エストニア人のカール・タミクの両親と妹は、ソ連赤軍によって極寒のシベリアに追放された。1940年から始まったソ連による弾圧は、多くのエストニア人が悪評高きナチス・ドイツに身を …