今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」

投稿日:

 主人公・蒲原トキコ(吉田さん)は20年前に母を亡くし、今ではの蒲原哲也(國村さん)がたった一人の肉親だった。 破天荒な人生を歩み、自由奔放で愛嬌(あいきょう)のある70代の、独身で勝ち気な40半ばの娘。 一度は絶縁寸前までいった2人だが、今ではときどき外食しながら話をする関係になっている。

ドラマミル

 境遇は自分と重なる部分はあまりないのだが、父と娘という関係から共感できる部分はたくさんあり、うっかり入り込んでしまうと泣けて仕方なかった。

 全12話のうち、前半まではなかなか惹きつけられるストーリーと、役者さんたちの演技力で次々とテンポ良く見ることができた。後半からは、父と娘が触れてこなかった闇の部分が炙り出されてくる。その部分を見ないようにしていたお互いであったが、娘の方がそこを乗り越えないことには先に進めないと感じ始めて、それを本に書こうと決める。

 その取材として父親と向き合うことになる。

 全体通して激しい演技はなく、泣き叫ぶ、激しく罵る、暴力的なものも皆無で、じわじわ滲み出す渋い演技がなんとも画面に惹きつけられた。

 出てくるセリフも思わず書き留めておきたいような言葉が多くて、幾つもメモしてしまった。撮影のカメラアングルや演出も好感が持てた。

 あっという間の全12話。一気に見ることができて、原作本も読んでみたいと思った。

 自分と娘の関係もこんな感じになっていければいいなぁってしみじみ感じた。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「オケ老人!」

 連日の映画評。  今回は「オケ老人!』  梅ヶ岡高校に赴任した若い数学教師の千鶴(杏)は、地元のアマチュアオーケストラの演奏を聴きにいき、その演奏にとても感動する。自身もバイオリンをやっているのでぜ …

映画「ミッションインポッシブル」

 そんな気もしたけど、2回目の鑑賞だった。見始めてすぐに「これみたな」と思ったが、その後の展開が思い出せないのでそのまま見続ける。  よくできた映画だと思うし、確かとても評判のよかった映画だったと思う …

映画「おおかみこどもの雨と雪」

「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督が、「母と子」をテーマに描くオリジナルの劇場長編アニメーション。人間と狼の2つの顔をもつ「おおかみこども」の姉弟を、女手ひとつで育て上げていく人間の女性 …

ドラマ「そして誰もいなくなった」

 1939年8月のイギリス、デヴォン州。オーエン夫妻から招待を受け“兵隊島”の邸宅を訪れた男女8人は、執事のロジャーズ夫妻に迎えられる。邸宅の各部屋にはわらべ歌「10人の兵隊」の歌詞が飾られ、食卓には …

映画「Closed Note クローズド ノート」

人気ミステリー作家・雫井脩介による恋愛小説を「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が映画化。教育大に通う香恵は、引越先のアパートで前の住人が忘れていったノートを発見する。それは小学校の女性教師・伊吹 …