今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

ドラマ・映画「深夜食堂」

投稿日:

 Amazonプライムで初めて観て、夢中になった作品。

 こんなお店をやりたいなぁって思っていたそんなお店を描いた作品。

 お店のメニューは、豚汁定食とお酒しかないけど、作れるもんなら作るよっていうスタンス。営業は深夜0時から朝7時まで。

 ほぼ常連さんだけでまわっていて、そこに時々ゲストのお客が来る。

 ゲストに常連さんが絡みながら、様々なドラマが思い出のメニューと共に描き出される。

 お洒落なメニューでなくて、タコさんウインナーとか、お茶漬け、ポテトサラダ、肉じゃがなどの素朴なものばかり。

 それが母の思い出の味だったり、恋人との思い出のメニューだったりして、いつもほろっとさせられる。

 こんな料理人になりたいなと思っていたが、ある時そのことを友人に話したら、「今それやってるんちゃうの?」と言われた。

 言われてみれば、家族に「肉じゃが食べたい」「生姜焼き食べたいなー」「チャーハンできる?」「ナポリタンってこれから作れる?急に食べたくなっちゃった」 休日はそんなリクエストに応えてきていた。

 そうか、夢は叶っていたんだな。

 仕事にしたら楽しくなかったかもしれないな。これでよかったのかな。

原作は漫画のようだが、そちらはまだ読んだことがない。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ヒトラー 〜最期の12日間〜」

 昔、手塚治虫の「アドルフに告ぐ」を読んだ。何度も何度も読み返した記憶がある。ヒトラーの狂気とその時代の空気とたくさんの不運な出来事があのような地獄を作り出してしまった。  実際のヒトラーを見たことは …

映画「マスター・オブ・ユニバース」

 今はガランとした巨大ビルの大きなフロアにて、かつてドイツの投資銀行の第一線で活躍していた銀行マンへのインタビュー形式の映画。大変高評価であったので鑑はじめたものの、最初の30分が過ぎ、40分が過ぎ、 …

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の続編になる。  「序」は先日近所の映画館にて「4DX」で鑑賞した。大迫力で大興奮であった。  今回も妻と一緒だが、映画館ではなくて自宅のリビングでいつものテレビでAm …

映画「ヨコハマ物語」

 サッカー競技場の芝を長年管理してきた主人公(奥田瑛二)。  定年退職の日、同僚、後輩たちから労いの言葉と花束をもらって帰宅すると、長年連れ添った妻が急死していた。  四十九日が終わって墓参りに行くと …

映画「ひるなかの流星」

女子中高生の「初恋のバイブル」として人気のやまもり三香による少女コミックを、永野芽郁主演で実写映画化。両親の海外転勤をきっかけに、田舎暮らしから一転し、東京で暮らすこととなった高校1年生の与謝野すずめ …