今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

ビールは最初の一杯がうまい

投稿日:

 この寒い時期は飲む機会も少ないが、

 晩ご飯に寿司を食べて、

 熱い風呂に入った後のビールは格別にうまい。

 それも「最初の一杯」は別格にうまい。

 ゴクゴクと、香りも確認せずに一気に飲み干して「カッー〜ー! このために生きてるなぁ〜!」

 最初の一杯が100点だとしたら、

 2杯目以降は30点以下にまで下がる気がする。

 ビールの温度も上昇するような気がするし、1杯目よりも苦味が気になったり、

 「爽快感以外」のものが気になってきてしまう。

 あれだけ欲しかった憧れのものも、

 あまりにも簡単に手に入ってしまうと拍子抜けして、

 今まで神輿に乗ってワッショイやっていた自分に興醒めしたりする。

 問題はそこから。

 一度評価を下げてしまったものを、

 どのようにして価値を作っていくか。

 どうにか良いところを見つけ、

 悪いところは悪いなりに、

 付加価値をチビチビと貼り付けていき、

 最初とは別のものを作り上げていく。

 これはこれで、

 「最初の一杯」よりも、なんだか熟成されて味のあるものみたいに見えてくるもんだ。

 そんなハリボテのようなもの。

 自分って、そんなもので出来ている。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

寿司というもの

 先日、新規開店の回転寿司に行ったことを書いた。  ほぼ店員さんと接することなく、着席し、寿司を食べて、会計まで済ませられた。  私の中の寿司のイメージは、ハレの料理で滅多に食べられるもんじゃない高級 …

踏んでしまいそうに

 日常あえて殺生をすることはないのだが、  害虫に関しては別。 蚊やGなど自分や家族に害を及ぼすものには容赦はしない。    山を歩いている時に、足元を見ながら歩くと、様々な生き物を踏みそうになる。出 …

怒ってもよかったのか

 信号のない横断歩道を軽く手を上げて渡る。  そこへクラクションを鳴らしながら、車が目の前を走り抜ける。  「わぁ、びっくりしたぁ〜。クラクション鳴らすことないのにぃ。」  ということがあったと家族に …

満員電車

 学生時代も社会人になってからも、電車で通勤通学したことがない。  徒歩か自転車か自家用車での通学通勤だった。  であるから、通勤電車、満員電車に乗る経験がなかったということもあるだろうし、元々人口密 …

いろんなこと言われての今の自分

「道の真ん中をぼーっと歩いてんじゃねーよ!」  後ろから自転車に乗った老人が、チリチリとけたたましくベルを鳴らしながら叫ぶ。  歩道の真ん中を歩いていただけなのに。  ある時は、  まだ子供が小さい頃 …