今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

出来事 草花

ブッカでブーケ

投稿日:

 

 お彼岸用にと用意した菊の花。

 余った小菊を三女が小さなブーケにしてくれた。(写真:手前)

 先にあっちに行った方々のために、まだこちらにいる我々のために、お花というものの役割は大きい。

 向こうとこっちをつなげてくれるものとして、

 その心に色彩と香りと決まった所作を添えてくれる。

 秋にしか咲かないはずの菊の花が一年中買えるようになったことで、花持ちの良いこともあって仏花として重宝されるようになったのはそれほど昔のことではない。

 菊の花で思い出すのは、次女がまだ小学校低学年の頃。母の日のプレゼントでなけなしの100円のお小遣いを握り締めて百円ショップへ行ってお花を買ってきた。

 「お母さん、はい! 母の日おめでとう!」と差し出してくれたのは、百均で売っていたいかにもという造花の菊の花だった。

 「あ、あぁ、ありがとうね」と苦笑いで受け取ったその大きな一輪の黄色い菊の花を、妻は今でも大切に残してある。

-出来事, 草花

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    義父母が亡くなってから、菊を欠かしたことがありませんが、いまだにわからないのが〝小菊〟と〝スプレー菊〟の区別。「この小菊ください!」と言うと、花屋さんの奥さんに「スプレー菊ですね!」と訂正されます。

    菊=仏花のイメージがありますが、品評会のりっぱな菊は観賞用だし・・・。
     ⇒義父が趣味で、毎年、品評会用菊10数鉢を栽培をしていて、
      決して、仏花だとは思いませんでした。

    徳島生まれの義母は仏花=しきび(しきみ)だったので、菊=仏花という考えはなかったみたい。義父の転勤先の花屋さんにしきびがなかったらしく、「なぜ、関東にはないの?」と聞かれたことがあります。
     ⇒いつもの花屋さんにしきびがある時は1枝買います。

    義母はしきびを〝ハナ〟と、菊などは〝色バナ〟と呼んでいました。
    四国をお遍路さんしていると、宗派に関係なく、墓地に供えてあるのはほぼしきび、札所の本堂に供えてあるのもしきびが多かった。叔父の葬儀の花輪もしきびのみで、びっくりした記憶あり。菊=仏花になったのはなぜでしょうね???

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       比叡山を歩いていると、二人組のお若いお坊さんが手に大きな木の枝を持って藪の中から出て来られました。今から思えばあれはシキミを伐採しておられたのかなって思いました。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ボーッとごっこ

 電車に乗って周りをぐるりと見渡してみると、  8割くらいの人がスマートフォンを見ている。大昔なら新聞を広げたり、本を読む人もいたが、今では新聞は皆無で、文庫本が車両にひとりか二人。学生さんが参考書な …

「オムライス好きのケチャップ」

 そういう名前のケッチャプを使って作ったオムライス。  新玉ねぎ、にんじん、ピーマンのみじん切りと、鶏胸肉(塩、コショウ、酒、砂糖)。  炒めて火が通ったら、オムライス好きのケチャップで味付けしてから …

ひとつ持ったらひとつ忘れる

 いつもと違うものをひとつ持ったら、  いつも持つべきものをひとつ忘れる。  腕時計とカギとスマホと帽子と鉄道系ICカード。  「今日は、これが必要なんだよね」と  修理に出しておいた別の腕時計の引換 …

ある母と子と、私

  たまたま向かい合って座った、  3歳くらいの小さな男の子とそのお母さん。  車窓の流れる景色にお母さんがせっせと幼子に語る。  母「今見えたあのお寺はな、ずっと昔からあるお寺で偉いお坊さんが建てた …

紫陽花の紅葉

 紫陽花の花が萎れてきたら  葉が紅葉しだした  あれだけ元気に幾つもの大輪の花を咲かせてくれて  今度は、これから葉を落としていくその前に  ほのかに赤く染めた葉は、はにかむ乙女の頬のよう  大仕事 …