今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

ベッドから落ちたら

投稿日:

 子供の頃の話である。

 ベッドから落ちたことがある。まぁ多くの人は一度はあるのかな?落ちたことがない人もいるだろうとは思う。

 いつもは布団を敷いて寝ていたのに、親戚の家に泊まりに行ったらベッドに寝かせてくれて、それが私にとっての初めてのベッド。

 きっと生まれた時に産院とかではベッドで寝ていただろうと思うが、そんなのは別としてだ。

 その初めてのベッドで、初めて落ちた。

 床はフローリングでもなくて、土足でもOKみたいな硬いものだった。

 落ちる時は、スッと宙に浮いた時に目が覚めるもので、次の瞬間に自分でもびっくりするほど大きな音で「ダン!」という衝撃音が家中に響いた気がした。

 他所のうちだし、夜中に大きな音を出してしまって大騒ぎになるんじゃないかとハラハラしたが、そんなことにもならず、何事もなかったように夜が過ぎていった。

 どうしてベッドから落ちた時って恥ずかしい気持ちになるのだろう?一人の時は別として、その空間に誰か他の人がいると、とても恥ずかしい気持ちになって「え?俺じゃないよ?」みたいな顔をして、すぐにベッドに戻ったりする。

 逆に、ベッドから落ちているのに、そのまま朝まで落ちた状態で寝ている人の方に驚く?「落ちたことに気がつかなかったの?」と聞いても、「戻るのが面倒だったから」と答えたことにも驚いた。

 人によって感覚が違うのだなぁ。

 今は布団を敷いて寝ているので、落ちたりしない。たまにホテルのベッドで寝ることがあってももう落ちたりしない。今落ちたら、骨折とかしそうで怖い。

 いろんな意味で大人になったもんだ。

-ひとりごと

執筆者:


  1. より:

    私は大人になってから落ちたことがあります
    自分では覚えてないのだけど 落ちたらしいのです
    朝起きたら夫が「昨日の夜ベッドから落ちたぞ~」と言ったのです
    私は「ええ~落ちてなんか無い!」と言ったら
    「大きな音がして目が覚めたら 隣でゴソゴソと床から這いずるようにベッドに戻ってそのまま寝たぞ」と言われました
    そういえば妙な夢を見たような気はするのです

    • KURI より:

      楓さん
      えー!それはびっくりです。「妙な夢を見たような気はするのです」というのが面白いです。
      私も寝ている間何やっているかわかったもんじゃないです。(^_^)

  2. Aki より:

    その話で思い出すのは某知人(20歳くらい年上)の出来事、松葉杖姿なので聞いたところ、寝台車(当時は上中下の3段)の上段で寝ていたところ落ちかけてなぜか足首だけ引っ掛かり宙づり状態で目が覚め骨折していたそうな…30年くらい前の話です。
    豪快な話なのかなぁって関心しました。
    自分は寝返りさえ打たないせいか腰痛持ち、寝相が悪いくらいが健康なんだろうね

    • KURI より:

      Akiさん
      それって想像すると無茶苦茶怖いですねー。その状態で目が覚めた時の心境を思うと絶望でしかないです。
      なんだか皆さんの話が凄すぎて圧倒されています。(^_^)

  3. 匿名 より:

    寝相が超超悪く、180度回転も・・・。
    ホテルに宿泊する時は 
    なるべく、シングルルームの『セミダブルベッド』の部屋を選択。

    自宅ではしんちゃんパパは畳の部屋にベッド、
    しんちゃんママは畳にふとん。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
      180度はすごい。子供の頃はあったかなぁと思いますが、今はもうないだろうなぁ。自分じゃわかりませんけど、もしかして知らないうちに一周回っていたなんてことも可能性はゼロじゃないですけど。
      それだと畳に布団が一番安心して眠れますよね。(^_^)

  4. あかいみ より:

    そういうときって大概夢を見ていて夢のストーリーの終わりと落ちて痛かった結果が合致していて、子供のころは不思議でしょうがなかったんだけど大人になってあの夢は落ちた瞬間に落ちた事実からさかのぼって勝手に瞬間的に「作って」しまったものなんだと気づいた。そこから振り返ると覚醒時でもそんなことよくやってるな・・なんて思った。

    • KURI より:

      あかいみさん
      うんうん、わかるなぁ。私の場合は夜尿かな。夢のストーリーの中に無理やりトイレに行かなければならないことになって、よしこれでOKと用を足したところで「あ!」と目が覚める。
      ベッドから落ちる時の夢は覚えていませんが、きっと強制的に夢の中に割り込んで来ていたんだろうね。おっしゃるように覚醒時はそんなことをよくやってますよね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ある母と子と、私

  たまたま向かい合って座った、  3歳くらいの小さな男の子とそのお母さん。  車窓の流れる景色にお母さんがせっせと幼子に語る。  母「今見えたあのお寺はな、ずっと昔からあるお寺で偉いお坊さんが建てた …

つまみおにぎり

 子供が小さい頃に、面倒な離乳食も適当に切り上げて、  ご飯を食べさせようとしたときに作ったのがコレ。  小さい長方形に切った焼きのりで摘んだ白いごはん。  ただそれだけ。  つまんではテーブルに置い …

いざ無くなってみると思い出せない

 久しぶりの比叡山の山頂付近。大比叡の手前に広い空き地があった。  「あれ?ここは以前なにがあったっけ?」  こんなに広いのに、思い出せない。  確か、テレビ中継塔があったな。それが無くなったのかな? …

本音ってなんだ?

 ギターで言う「元の音」と言うのも難しい。  アコスティックギターの弦を張り替えたばかりで、チューニング合わせて「ジャーン」と鳴らした音がそのギター本来の音なのか? ギターの弦だっていろいろ種類があっ …

怒ってもよかったのか

 信号のない横断歩道を軽く手を上げて渡る。  そこへクラクションを鳴らしながら、車が目の前を走り抜ける。  「わぁ、びっくりしたぁ〜。クラクション鳴らすことないのにぃ。」  ということがあったと家族に …