今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 健康

マイペース

投稿日:

  体育の授業の持久走が大嫌いだった。

 走り出してすぐ、3分ほどで横っ腹が痛くなって、息が苦しくなって走れなくなる。ツライ、苦しい、吐きそう、ビリで恥ずかしいし、うしろから先生がついてきて「頑張れ!歩くな〜!」ってうるさい。

 そんな日は前日から憂鬱で学校に行くのも嫌だった。

 運動が嫌いかというとそんなこともなくて、球技は好きだったし、100m走くらいの短距離は嫌いじゃなかったし、ほぼクラス男子平均くらいのタイムだったと思う。

 なぜ持久走だけがそれほど苦しかったのかというと、今から思えば心拍数かと思う。

 私はノミの心臓だけあって、いつも心拍数が高い。元々高いところに運動するとすぐに許容範囲を超えてしまうのだ。

 しかし、この一線を超えなくれば大丈夫というラインがある。それさえ超えなければ苦しくならないどころか、「快感」であることを知った。

 これは自分でジョギングを始めてからだった。あれだけ嫌いだった持久走を自らやるとは夢にも思わなかったが、「スロージョギング」というのを知ってはじめてみたら、不思議なことにどこまででも走れたのだ。「どこまででも」というのは大変大げさだが、1ヶ月ほど週3〜4日ほどゆっくり走っていれば徐々に走れる距離が伸びてきて、このスピードならずっと走っていられるという状態になるかと思う。

 山を歩いていてもそうだった。最初に登った時は、持久走のように呼吸が苦しかったし、足も痛くなるし、散々だった。でも、マルさんに歩くペースを教えてもらったら楽しく歩けるようになった。

 近頃いつも身につけているApple Watchには、心拍数を測る機能がついていて、一日中監視してくれている。山を歩いている時にも「ちょっとしんどいな」と思うと心拍数が上がり過ぎている。そんな時はちょっと休憩を入れるか、ペースを落として心拍数が下がるまで監視する。

 最近、テレビで見たのだが、体育の授業でそう言ったことが取り入れられはじめているそうで、心拍数を常時監視して、持久走をやる時でもタイムを競うというよりも楽しく走ることが出来るように、「心拍数上がり過ぎているから少しペース落として!」って声を掛けてくれていた。

 運動は楽しい。小学生の頃に自転車で公園に行って、友だち同士で遊んで走り回っていただけで本当に楽しかった。競技ではない、体を動かす気持ち良さを味わうこと、それが大切だと実感する。

 ぎっくり腰をやってしまって、思い通りに体が動かせなくなった時は、それが治ってどこも痛いところがない状態で山を登れた快感は本当に素晴らしいと思った。

 人にはそれぞれのペースがあって、それに合わせた心地よい運動を知ることで、もっともっと体を動かすことの楽しさを知って欲しいと思うばかり。

 きっと運動だけじゃなくて、脳の使い方もそういうのがあるのだと思う。勉強は嫌いだけど、こういうのは好きっていうのがあるはず。

 みんな気持ち良いことは続けられる。

-ひとりごと, 健康

執筆者:


  1. Aki より:

    我々の幼少時の体育もそうだけど、戦前のそれと同じくいい兵士を生み出すのが目的で、ついてこれない生徒はどうでもよかったのでしょうね、でもだんだんとついていけない生徒が多くなり、平和な時代が来たという事でしょうか
    最近は道徳の授業にも成績付けるとか何考えてるのやら、体育は優秀なのだけ点数付けてあげ、その他大勢は成績要らないと思うけどどうなんでしょ

    • KURI より:

      Akiさん
      >戦前のそれと同じくいい兵士を生み出すのが目的で
       今から思い返してみればそうだったんだなぁって思うばかりです。指導してくれる先生方も、そうやって教育を受けてきたのだから育児と同じで、やってもらったようにしかできないってことなのかもしれません。逆に、今の先生の方が大変そうでお気の毒です。

  2. 一般人 より:

    大変でしたね。
    私は週に2回位は山に遊びに行ってので、山登りには今更行く気にはならなくて。
    持久走、久々に聞きました。
    夏休みにラジオ体操があるように、冬休みは朝、学校を往復走りするのが、宿題みたいな。
    関東育ちだと思う理由は、未だに山登りをされているからかも。
    高尾山位しか登る山はないので。
    小学校で山登りは飽きます。

    • KURI より:

      一般人さん
       わたしは40代後半に山歩きを始めたのが良かったのかもしれません。山歩きを教えてくれたAkiさんやこちらの山友達のマルさんには感謝しかありません。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お膳

 12日に盆迎えに行って、13日の朝までに色々と準備。  水塔婆にお花やら果物やお菓子、灯籠やら、お茶にお線香、炭、蝋燭などなど、何かまだ足りないような気がする。  昨年のお盆の写真を見て、一番肝心な …

回覧板

 回覧板というシステムは、私が子供の頃から現在までほぼ変わらないシステムのような気がする。都会では今どうなっているのかわからないが、少なくとも私の居住環境では変わっていない。  回覧板を廃止したという …

正しい食べ方

 正しい食べ方ってなんだ?ってことだが、  例えばこのラーメンを食べるにあたっても、どんな手順で食べるか人それぞれだと思う。  最初にレンゲでスープを一口含んで味を確認してから麺を食べ始める人もいるだ …

今どきは

 私がまだ若い頃には、小説の中や歌の歌詞でも「明治、大正、昭和と生きてきて」という言い回しがあった。  今日聴いた上沼恵美子さんの歌の中では、「昭和 平成 令和へと 三つの時代を生き抜いて・・」という …

外はいい天気なのに

 窓から見上げる空は今日も快晴  南の空には白い下弦の月  空も自分も、何も変わっていないはずなのに  どうしてこんなに息詰まるのだろうね  春になれば少しはマシになるのかな?  夏になればみんなが集 …