今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 出来事

マスク

投稿日:

 マスクと言っても、ここ2年ほど顔の一部になってしまったそれではなくて、Twitterを買収したイーロン・マスク氏のマスク。

 イーロン・マスク氏は、スペースXと言う宇宙開発企業の創設者でもあり、テスラと言う電気自動車の共同創設者でもある。そのイーロン・マスク氏のマスクは、「Mask」ではなくて「Musk」と書く。

 「Musk」とは麝香(ジャコウ)のことで、

麝香(ジャコウ)

麝香(じゃこう)は雄のジャコウジカの腹部にある香嚢(ジャコウ腺)から得られる分泌物を乾燥した香料生薬の一種である。ムスク: musk)とも呼ばれる。 Wikipedia

 「宇津救命丸」には現在でも使われていて、「救心」はすでに使用が廃止されている。

 イーロン・マスク氏の「Musk」がスペルが一緒だからと言って「麝香」の意味かどうかわからないが、苗字にあたるので麝香に関わる仕事をされていた家系だったのかもしれない。

 同じく「Musk」が使われている言葉に、マスクメロンがある。網目のあるちょっと高級なメロン。

 あのマスクメロンのマスクは、麝香のMuskから名付けられている。それは麝香ほど強い香りがすると言う意味らしい。だから別名は「ジャコウウリ」。

 匂いというのは、人の心まで変えてしまうほどものでもあるし、相性を測るものでもあり、危険を察知するものでもある。匂いがなければ味覚も感じず、この世から色がなくなるほど味気ないものにもなるだろう。

 香りはいつの時代も流行の先端にあり、歴史をも動かす。

-ひとりごと, 出来事

執筆者:


  1. カラス より:

    おはようございます。
    『マスク』から『香』の方に続いていくお話。興味深く思います。
    人間も外の動物と同様に固有の匂いを発するものですから、昔から、それをカバーするため部屋に『香』を焚き、身に着けていたのでしょう。
     現代においても、個人的なものだけでなく、社会や生活の中に様々な香が存在しています。それは、空間の別や個人の別、主張を示すためにも導入されたのでしょう。
     現在では、どのお宅のトイレにも芳香剤が置いてあるように、極身近なエチケットとなっています。私にとっての小さな拘りは、毎朝の務めである仏前への線香です。気持ちが落ち着きます。『護り』であり『自己主張』でもあります。

    • KURI より:

      カラスさん
      >『護り』であり『自己主張』でもあります。
       「護り」というのはなるほどと思いました。以前飼っていた柴犬を散歩させていて、いつもの場所にマーキングすること、昨日マーキングした場所を確認すること、出会った他の犬たちと匂いの確認をすることなど、常に匂いと共に生活していました。人間も知らず知らずのうちに匂いよりも不確かな視覚に惑わされてしまっているのかもしれないなって思いました。街には不思議な匂いが多すぎてそれを感知するのを拒否してしまったのかもしれません。時々山に入ると視覚よりも聴覚と嗅覚に頼っていることに気づきます。

  2. Aki より:

    モアイ像の線香立てがシュールです。

  3. アプリ より:

    マスク氏から、マスクメロンに至るまで、勉強になりました。
    メロンの香りはピカイチですものね。

    • KURI より:

      アプリさん
       私も知らないことばかりでした。子供の頃はプリンスメロンばかりでマスクメロンはほとんど食べたことありませんでした。数十年前に初めてご馳走になったマスクメロンの香りには本当に驚きました。由来を知って「なるほどなぁ」と思いました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

特別警報

 「特別警報」という警報が初めて発令されたのが2013年の9月。  ちょうど私の住んでいる地域に出たので写真まで撮影していた。  その時は「紫色」だった。  今回(2021年夏)の特別警報では、  「 …

正しい食べ方

 正しい食べ方ってなんだ?ってことだが、  例えばこのラーメンを食べるにあたっても、どんな手順で食べるか人それぞれだと思う。  最初にレンゲでスープを一口含んで味を確認してから麺を食べ始める人もいるだ …

映画「7月4日に生まれて」

アメリカ独立記念日に生まれたれヴェトナム帰還兵の青年が、さまざまな心の葛藤を経て反戦運動に身を投じてゆく姿を実話を基に描くドラマ。ロン・コーヴィックの同名小説を基に製作・監督・脚色は「トーク・レディオ …

心に爪楊枝

歯の隙間にものが挟まると気になって仕方がない、 そこを避けようとして食べると 食べ方まで変わって口の中あちこちに支障を来たすようになってしまう。 歳と共に、そんな隙間が多くなってきたように思う。 心も …

酔った自分は自分なのか?

 「自分」というものは誠に掴みどころがなくてよくわからない。  自分の性格がどうのという話ではなくて、「自分」というものの定義がよくわからないのだ。  自分の意識が考える「他者」と明らかに区別するもの …