今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

リーマン・ブラザーズ 最後の4日間 (字幕版)

投稿日:

 イギリスでの60分のテレビ映画。

 先日鑑賞した映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」と、この映画で、リーマンショックの仕組みがなんとなく見えてきた。

 あんなに賢い人たちが、こんな杜撰なことをしながらも権威を振りかざして上流階級に君臨していたのだなと、なんだか色々なことが馬鹿馬鹿しくなってくるようだった。

 このドラマは実在の人物を、ほぼノンフィクションで描いているという。知っている銀行や証券会社などがそのまま出てくる。ほんの50分ほどのドラマであるが、必死に観ていないと置いていかれそうであった。

 なんとかついていけたのも、その前の「マネーショート」を観ていたおかげかと思う。これを踏まえてもう一度マネーショートを観てみたいとも思った。そして、他の金融に関する映画を見てみようと思う。

 恋愛映画よりもよほど人間というものを表現しているような気がする。株のトレードでもそうだが、トレードのテクニックうを身につければ誰でもある程度のところまで稼げるようになる。しかし、そこから先は自分との戦いになるという。欲をかかずに粛々とトレードすれば順当に稼げるものを、人間の中の何かがそれをぶち壊していく。そして自滅していく。

 トレードのマシンに成れればいいが、なかなかそこまで達観するには数多くの失敗を繰り返すしかなのだろう。成功続きの人生からは、なかなかその域には達することが出来そうもない。

 しばらくはこういった金融関係を楽しもうと思う。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「青空エール」

三木孝浩監督作品。土屋太鳳ちゃんと竹内涼真くん。  野球と吹奏楽の名門・白翔高校に入学した小野つばさは、野球部のトロフィーを眺めていた野球部員の山田大介と出会う。吹奏楽部に憧れるつばさは、「甲子園で戦 …

映画「恋妻家宮本」

「家政婦のミタ」「女王の教室」といった人気ドラマを多数手がけてきた脚本家・遊川和彦の映画監督デビュー作。重松清の小説「ファミレス」を遊川自ら大胆に脚色し、熟年離婚が当たり前になった現代で、子どもが独り …

映画「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」

東野圭吾の人気ミステリー「加賀恭一郎シリーズ」第9作の映画化。同シリーズが原作で2010年に放送された連続ドラマ「新参者」、11年の単発ドラマ「赤い指」に続き、阿部寛が主人公の刑事・加賀恭一郎を演じる …

映画「父親たちの星条旗」

「許されざる者」「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦だったといわれる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描く映画史上初の2部作。本作はその第1弾で、アメリカ側 …

映画「八日目の蝉」

直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。監督は「孤高のメス」の成島出。1985年、自らが母親になれない絶望から、希和子(永作)は不倫相手の子を誘拐し …