今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

レコード大賞

投稿日:

 キッチンに立って料理を作るときは必ず、お気に入りの曲をかける。

 アップテンポでノリノリの曲がいい。

 最近知った若手アーティストのヒットナンバーもいいけど、少し前に流行ったベストヒット集もいい。

 でも、なんだかんだで選んでしまうのが学生時代に聴いた歌謡曲なのだ。一番古いところで1971年日本レコード大賞の「また逢う日まで」。レコード大賞の記憶はほぼその辺りからはじまる。続いてちあきなおみの「喝采」、五木ひろしの「夜空」と続く。「襟裳岬」「シクラメンのかほり」、このあたりも懐かしい。いわゆる私の懐メロだ。

 懐かしいのではあるが、キッチンでそれを聴くかというとあまり聴かない。聴くのは高校大学時代の曲が多い。やっぱり松田聖子に中森明菜、小泉今日子、河合奈保子、原田知世、薬師丸ひろ子、岡田有希子、森高千里、今井美樹など好きだった。いわゆる「ザ・ベストテン」に出演していたメンバーたちだ。プリプリ、ZARD、ドリカム、サザンのバンド系も好き。

 当時の洋楽もよく聴いたが、料理を作る時には不思議とあまり聴かない。イーグルスやジェフベック、TOTO、ディープパープル、ツェッペリン、サンタナなど好きなのはたくさんある。フュージョンもキッチンでは似合いそうだが、リーリトナー、ラリーカールトン、シャカタク、カシオペア、スクエア、プリズム、学生時代に死ぬほど聴いていたのにな。

 料理する時にはなぜかいわゆる歌謡曲なんだなぁ。

 歴代の日本レコード大賞を見ていて気がついたのだが、中森明菜は2回、安室奈美恵2回、浜崎あゆみ3回、近藤真彦まで受賞しているのに、なんと意外なことに、

 松田聖子はレコード大賞を受賞していない。

 ポップス・ロック部門 最優秀ボーカル賞、アルバム大賞、優秀アルバム賞、金賞、ベスト・アルバム賞、83アルバムベスト10、ゴールデン・アイドル賞、新人賞は受賞しているのだが、大賞は受賞していない。

 もうひとつ気が付いたのが、これも意外なことにジャニーズが少ない。少ないどころじゃなくて、昭和62年の近藤真彦と翌年昭和63年の光GENJIだけ。他にもたくさん売れたと思うのにねぇ。大人の事情なんだろうけどあまりにもあんまりだ。

 そんなことをしているうちに、どんどん衰退していって、私もレコード大賞を観なくなってもう何年にもなる。そのような賞とかは関係なく、その時代ごとの曲というのは心にしっかり刻まれているもので、思い出の中には必ず音楽がある。

 「今日は何を聴こうかな?」

 曲を聴くと思い出す出来事がある。どんな思い出が思い浮かぶのか、それは聴いてみないとわからない。

 妻と一緒に懐かしい歌謡曲を聴いていると、学生時代のことが色々と思い出されて、若かった頃に戻れるのがうれしい。付き合っていた時間が長いので、思い出話はうんざりするほどあるのだ。

 



-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

特別警報

 「特別警報」という警報が初めて発令されたのが2013年の9月。  ちょうど私の住んでいる地域に出たので写真まで撮影していた。  その時は「紫色」だった。  今回(2021年夏)の特別警報では、  「 …

ある母と子と、私

  たまたま向かい合って座った、  3歳くらいの小さな男の子とそのお母さん。  車窓の流れる景色にお母さんがせっせと幼子に語る。  母「今見えたあのお寺はな、ずっと昔からあるお寺で偉いお坊さんが建てた …

地下道

 閉所恐怖症というわけでもないのだが、  地下道と地上の道、どちらを歩く?と聞かれたら、  「地上を歩こうか」と答えるだろう。 雨の日は濡れずに済むから地下道を歩くけど、 晴れた日は迷わず地上のお天道 …

横断歩道

散歩をしていますと、横断歩道を渡る機会も多くなります。信号のある横断歩道であれば問題はないのですが、信号のない横断歩道を渡る時は、なかなか渡れない時があります。交通量の少ない道路なら良いのですが、やた …

踏んでしまいそうに

 日常あえて殺生をすることはないのだが、  害虫に関しては別。 蚊やGなど自分や家族に害を及ぼすものには容赦はしない。    山を歩いている時に、足元を見ながら歩くと、様々な生き物を踏みそうになる。出 …