今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

みそ汁・スープ 料理

ワカメスープ

投稿日:

 チャーハンのスープとして簡単にワカメスープを作ることも多いが、今回はちょっと工夫してみた。

 いつもは鍋にそのまま乾燥ワカメを入れてしまうが、今日はちゃんと水で戻す。

 水で戻したワカメをぎゅっと絞ったら、それをフライパンでごま油とみじん切りのニンニクと生姜で一緒に炒める。細く切った白ネギを入れると更に美味しい。

 香りが立って来たら、先ほどのワカメの戻し汁をフライパンに入れて、さらに必要な分だけの水を追加し沸騰させる。

・顆粒鶏ガラスープ
・塩
・味の素
・炒りごま

を入れて味を整えたら出来上がり。

 いつもよりちょっと本格的なワカメスープ。

 写真は今ひとつ美味しそうじゃないのが残念。

 連休中の昼ごはんでした。

-みそ汁・スープ, 料理

執筆者:


  1. Aki より:

    本格は炒めるんですか、知らなかった

    • KURI より:

      Akiさん
       どうなんでしょう?正しいのかどうかわかりませんが、香ばしくなるかな?って思って。炒めたことより、ニンニクと生姜を入れたことの方がインパクトありました。

  2. しんちゃんママ より:

    >今ひとつ美味しそうじゃないのが残念。
     ⇒いやいや、ワカメスープって、色彩的には地味。
      味は◎でしょう。
      チャーハンもおいしそう。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       ありがとうございます。焼肉屋さんで出てくるワカメスープを目標に作りましたが、なかなかいい感じでした。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

気がつけば、みんなと会えてた

 長女と末娘が新しい環境になることで、「スマホを買い換えたい!」と言うことでアドバイザー(かっこいい)としてお呼びがかかった。  曇り空の京都駅。最新のスマホは高いので、ちょっと前のスマホの中古を探す …

シャトルシェフで茹で鶏

  シャトルシェフを使って茹で鶏を作ってみた。  茹で鶏は弱火でコトコトと言う感じではないが、高温短時間でグツグツよりは低温でゆっくりの方がジューシーに仕上がるような気がする。  茹で汁  ・水100 …

小豆を煮る 2020.12.8

ここのところ、小豆を毎週のように煮ている。微妙に作り方も変えているので、日付をつけてその都度自分の「覚書」として書いてみる。「カテゴリー検索」から「小豆」で今までの作り方が色々出てきます。土鍋とか圧力 …

いさざの甘露煮

 イサザとは、琵琶湖固有種の「ハゼ」。  正式にはイサザらしいが、言い難いので「いさだ」と呼んでいる。  閉店近いスーパーに行くと半額で売っていた。  2パック購入。 天ぷらや唐揚げでも美味しいけど、 …

サイゼ呑み

 久しぶりのサイゼ呑み  季節限定のジェノベーゼが想像以上に美味しかった。どうしてこの値段で提供できるのだろう?いつも感心する。  辛味チキン、エスカルゴ、フォッカチオ、青豆温サラダ  そして、白ワイ …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲