今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

生活

一瞬頭が混乱するひらがな

投稿日:

「いさだくちまおくらばし」

 平仮名がただ並んでいるだけだが、これだけでやや混乱する。

 知っている単語が出てこない。どこで切ったらいいのかわからない。

 英語ならわからなくてもスルーできるのに、

 平仮名でわからないとやや戸惑う。

 DHAとかAKBとかなら、どうせ何かの略だろうと流せる。

 平仮名だと、どうにか判読したいと思ってしまう。

「しばらくお待ちください」を反対から書いただけ。

最初が「ん」なら、それだけで普通の文章じゃないのがわかる。

 最初の「いさだ」で、私なら「あの魚、おきあみみたいなやつかな?」って想像した。でも「くちまお」でもう判らない。最後が「倉橋?」。

 切る場所が違うかもしれないと考える。「いさだ口」という地名か?「まお」は「前」と間違ったのか?とか。「いさだ口前倉橋」という地名がとりあえずの答えになった。

 そんなことを考えて頭が混乱する。

 どうにかしてこの平仮名を解読しようとするのだ。

 以前にも、あるお笑い芸人が「ラッスンゴレライって知ってるかい?」ってフレーズでブレイクした。これもいろいろが説が出た。その芸人さんの思想まで深堀された。

 意味がわかりそうで判らないと気になって仕方がないのだ。

 人にはそういうところがある。

 いざ「なんだ、しばらくお待ちくださいを逆に書いただけか」とわかると、それで緊張が解けてホッとする。その答えがわかるまで頭は回転しっぱなしだ。

 これをスパッと諦められる人、しつこく考え込んでしまう人。どちらもいると思う。私はしつこく考え込んでしまうタイプ。

 これがいいのか悪いのか。どっちなんだろう?

おちゃのこさいさい

-生活
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

今がいちばんいい、と答えよう

 新型コロナウイルスの影響は、私個人的には収入の大幅減はあったものの、どうにか仕事は続けられそうだ。定額給付金のおかげも大きい。  子供の結婚式もギリギリ執り行うことが出来たし、孫の出産も滑り込みセー …

流されるときは

心が穏やかな時と イライラしている時と 寂しい時と うれしい時と 悲しい時と 恥ずかしい時と 怒っている時と 愛している時 きっと、その時に自ら発しているものが 言葉になり 艶になり 歌になり 表情に …

お皿のフチの汚れ

 子供が小さい頃は、こんな大皿に毎晩3皿分のおかずを作って  食卓にドンと置いて、さぁ食え!とばかりにダイナミックに並べた  その時には、お皿のフチについた小さな汚れなど気にもしなかった いつしか大皿 …

寝つき

 物心がついた頃からずっと寝付きが悪かった。  布団に入ってからも、あれこれ不安になって寝られない。  ちょっとした物音で目が覚める。家鳴りが気になるし、時計の音も気になる。  明日のことが気になる。 …

盆や正月にやることは

 お盆や正月の長期休みというのは、  当たり前だが、予定がなければ暇なわけで、  仕事もないから「さて何しよう?」となる。    実家へ帰省したり、帰省されたり、  お祭りに参加したり、買い物に行った …