今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

不易流行

投稿日:

 「不易流行(ふえきりゅうこう)」:〘名〙 蕉風俳諧の理念の一つ。新しみを求めてたえず変化する流行性にこそ、永遠に変わることのない不易の本質があり、不易と流行とは根元において一つであるとし、それは風雅の誠に根ざすものだとする説。芭蕉自身が説いた例は見られず、去来・土芳・許六ら門人たちの俳論において展開された。

出典 精選版 日本国語大辞典

 京都を訪れるたびにこの言葉を思い出す。

 京都の街を歩いていて、毎週訪れても新しいものが店先に並び、それでいて1000年前から変わらずあるのではないかと思うような定番もある。

 そのバランスが絶妙なのである。

 老舗ほど新しいものを取り入れ、新規のお店が懐古的であったりすることも多い。京都の魅力はそう言ったところにある。

 神社仏閣も、「昔と変わらないねぇ」と思わせつつ、実はかなり変わっていたりする。
 昔のいいところを残しつつ、常に新しいものを取り入れては、古いものにメッキをかけていくというイメージがある。

 京都へ行けば、古の日本に出会える気がするし、新しい日本にも触れられる気がする。

 そして京都自身も、自分たちがどう思われているのか、そのみんなが思い描く「京都」を維持しつつも、それを微妙に裏切ることを考えてつつ常に新陳代謝している。

 京都は、10年前の京都はすでにそこにはなく、1年前の京都もない。それこそ昨日の京都もすでに変化している。

 きっと人間もそうなのであろう。月日の移り変わりとともに、古いものは剥げ落ち、新しいものが作られている。常に新しいものを取り入れて、その時の環境に合わせて変化していく。街もきっとそういう意味では生き物なのだ。

 きっと意識もあり、ある規則のもとに生きていく生き物なのだ。

 そう思うと、元気な街、元気のない街、生まれたての街、死にそうな街、魅力のある街ない街。人間と同じようなものに見えてくる。そうすれば住みたい街、住みたくない街、行ってみたい街、2度と行きたくない街、そんな相性というのも見えてくるかもしれない。

 いろいろな単位での集合体は、それぞれの環境に合わせて変化していく。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

洗面器2杯で洗髪

 ぎっくり腰で体が思うように動かない時のこと。  風呂場でシャワーを操作するにも腰が痛い。バスチェアーいわゆる風呂椅子に腰掛けて、洗面器(風呂桶)で湯船からお湯を掬うのも出来ず、風呂桶を膝の間に挟み、 …

考えるための持久力

 若い時ほど悩めなくなった気がする。  それは良いことであって、それを嘆くことでもなく、まして悩むことでもないとも思う。  「私、むずかしいこと考えていると眠くなってくるのよねー」  そういう妻をうら …

おみくじとか占いとか

 子供の頃は引いていたのかな? それさえも覚えていないが、  「おみくじ」やら「占い」やら、あまり興味がない。  それに振り回されるのが面倒なのかもしれない。  家を建てたり、リフォームしたりした時も …

山で食べられるものって意外と少ない

 山歩きとかまったく知らなかった頃は、山の中で迷っても周りは植物がいっぱいで何かしら食べるものはあるかもしれないって思ったりしていたが、  実際に低山を歩いてみると食べ物なんてない。野草や山菜だってそ …

ビワコムシ(琵琶湖虫)

 数日前から見かけるようになった。  ご近所の家の壁一面に、  車にも、  マンションの外壁や窓、  湖岸の公園には、蚊柱のように集まって飛んでいる。  そこに突っ込んでいくとなかなか大変。  「ユス …