今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

不老長寿

投稿日:

 「不老長寿」というのはいかがなもんなのでしょう?

 「人生100年時代」なんて言葉を聞くようになったが、まったくうれしいと思わない。それどころか恐ろしい時代になったもんだと思うばかりだ。

 老化することなく、「ずっと若い身体で長く生きる」というのなら少し考えてしまうが、それでもそれが幸せかと想像を巡らせてもあまりそんな気がしない。

 いつまでも生殖可能時期が続き、子供が次々と生まれて、ずっと子育てが続きそうな気もしてしまう。

 夫婦も、子育てが終わってもまだ若いから、また別な人と一緒になって子育てやって、それを何回も繰り返すとか。

 子供のいない生活ならどうなるのだろう? みんななかなか死なないから人口は増え続ける。食料も足りなくなりそうだが、働き手はたくさんいるからみんなに仕事が行き渡るのだろうか?

 これはいわゆるみんな若い身体であっても違う意味で高齢化社会ってことになるのだろうか?

 なんだかうまく想像が働かない。

 若々しい身体で元気に働いていても、年齢を聞くと98歳とか。そんなのどうやっても想像ができない。

 星新一氏にはそういう話はなかったのかな?

 不老長寿の薬が発明されたら、それは幸せなのか?それとも不幸の始まりなのだろうか?

 考えれば考えるほどよくわからない。

 やっぱり徐々に体も老化して使えなくなったら、次のステージへ行くのがいいのかなって思う。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

いけにえ

 ネットや週刊誌、各種マスコミで、  「生贄」は、ほぼ日常的に行われているものであると認識している。  「炎上」とか「叩き」「吊し上げ」など、  焼かれ、叩かれ、吊るされる。  それが肉体じゃなくて、 …

考えてやってないこと

 なんだか当たり前にやっていることだけど、  「今日は寒いですね」と書かれた文字を読むのと、  「きょうはさむいですね」という言葉を聞くのとでは、  視覚と聴覚という別の器官から入力された情報なのに、 …

今日は京へ行ってきました

 二人分のお弁当を詰めて、  ちょっとオシャレにしようと白シャツにデニムで玄関に降りたら、  「これじゃ、ペアルックみたいでなんだか恥ずかしい!」  妻とファッションが被ってしまった。  「でも今から …

働くことがつらいなら

 周期的に働くことがつらくなる。  あ〜〜、もう全部投げ出したい! そしてひとりで何処かへ行ってしまいたい。  働いても働いて、いろんなところに搾取されて、手元には何も残らないって思ってしまったりする …

3回投げて全部はずれ

 コタツで寝っ転がった状態から  ティッシュを丸めてゴミ箱に投げる。  「あぁもう!」  フチに当たって外れた。  カラダを伸ばして落ちたティッシュをとって、  ちょっと無理な格好でもう一度試みるが、 …