今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

不老長寿

投稿日:

 「不老長寿」というのはいかがなもんなのでしょう?

 「人生100年時代」なんて言葉を聞くようになったが、まったくうれしいと思わない。それどころか恐ろしい時代になったもんだと思うばかりだ。

 老化することなく、「ずっと若い身体で長く生きる」というのなら少し考えてしまうが、それでもそれが幸せかと想像を巡らせてもあまりそんな気がしない。

 いつまでも生殖可能時期が続き、子供が次々と生まれて、ずっと子育てが続きそうな気もしてしまう。

 夫婦も、子育てが終わってもまだ若いから、また別な人と一緒になって子育てやって、それを何回も繰り返すとか。

 子供のいない生活ならどうなるのだろう? みんななかなか死なないから人口は増え続ける。食料も足りなくなりそうだが、働き手はたくさんいるからみんなに仕事が行き渡るのだろうか?

 これはいわゆるみんな若い身体であっても違う意味で高齢化社会ってことになるのだろうか?

 なんだかうまく想像が働かない。

 若々しい身体で元気に働いていても、年齢を聞くと98歳とか。そんなのどうやっても想像ができない。

 星新一氏にはそういう話はなかったのかな?

 不老長寿の薬が発明されたら、それは幸せなのか?それとも不幸の始まりなのだろうか?

 考えれば考えるほどよくわからない。

 やっぱり徐々に体も老化して使えなくなったら、次のステージへ行くのがいいのかなって思う。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

インプット

 30年前、私の情報入手先は、新聞とテレビニュースとFMラジオとパソコン通信だった。  今は、インターネットとポッドキャスト。そして、嗜みとしてNHKニュース。  老眼が進行してからは、あれだけ好きだ …

そのうち時間なんていっぱい出来るよ

 自分が厄年の頃だったろうか。  子供たちが幼稚園から小学生、中学生と揃っていた頃。それぞれの学校行事が重なり、毎日がてんやわんやで時間がいくらあっても足りない日々だった。  そんな時に近所のおばちゃ …

横断歩道

散歩をしていますと、横断歩道を渡る機会も多くなります。信号のある横断歩道であれば問題はないのですが、信号のない横断歩道を渡る時は、なかなか渡れない時があります。交通量の少ない道路なら良いのですが、やた …

やっぱアナログが楽しいな

 今まで、日記も万年筆で半年ほど書いたけど、結局スマホやパソコンで書くようになり、毎日のブログも当然パソコンで書いて、ペンや鉛筆で書くことがどんどん少なくなってしまった。  そうするといざペンで文字を …

人の秤で計ると不安になる

 自分の秤では間違いないはずのに、  誰のかもわからない、  もしかしたら有りもしない秤で計ったことを考えては不安になったりする。  その秤が実は狂っていて、自分の秤が正しいと信じたいが、  耳にする …