今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

料理

久しぶりのビール

投稿日:

 タイトルが微妙に違うかもしれない。

 久しぶりに第3のビールじゃなくて、発泡酒でもなくて、ビールをいただいた。

最近いつも飲んでいるのは、これ。

 ちょっと前までは、「のどごし生」だった。

 第3のビールは、安いし美味しい。

 最初に飲んだ時は、「ふ〜ん、まぁまぁイケるじゃん」って感じだった。

 これは最初にアサヒスーパードライを飲んだ時もそんな感じだった。スーパードライのほうが違和感があったかもしれない。

 今ではそのスーパードライが高いビールになっている。

 日常、風呂上りに一気にゴクゴク飲むのは、この第3のビールばかりだ。

たまに、頂き物で本物のビールをいただくと逆に戸惑ってしまう。

「久しぶりダァ! きっと美味しいぞ!」と意気込んで飲むと、

 「ん?」

 「ビールってこんな味なんだっけ?」って思ってしまった。

 もう舌が貧乏になってしまっているのかもしれない。

 いつもの第3のビールの方が軽くて爽快なんだな、困ったことに。

 「ぷファ〜!やっぱり本物のビールは違うねー!」って叫ぶつもりだったけど、

「あぁ、おいし」程度。

 もしひとりだったら「こんな味だったっけ?」になっていたかも。

 タバコもそうだったけど、嗜好品の銘柄を変えた時の違和感って独特。

コーヒーもそう。いつもと違う豆だったりするとなんだか落ち着かない。

 嗜好品じゃなくても「味噌汁」でもそう。

 いつもの味、いつもの塩加減、いつもの香り、いつもの食感、いつもののどごし。

 それを求めているのかもしれない。

 結婚して、食を一緒にすり合わせていく過程で、まずぶつかるのが味付け。

 味噌汁が濃い薄い、煮物の味付け、炒め具合、ご飯の焚き具合などなど。

 本物だから美味しいというのもあるけど、

「いつもの味」がいいのかな。

 いつもの味から、何か快感を得ているんだろうな。



-料理
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

蕗の炒め煮

4月に入ったらスーパーにもフキが並ぶようになりました。 大きな葉がついたものもありますが、今回は茎だけのもの。  葉は茹でてアク抜きして、濃いめに醤油と砂糖で味付けして佃煮にすると美味しい。  今回は …

3月中旬の常備菜

3月中旬もまだまだアブラナ科  3月中旬も、まだまだアブラナ科の野菜が主流です。基本的にサッと茹でて保存するだけで簡単。 菜花は熱湯で2分、すぐに水にさらします 菜花は、鍋にお湯を多めに沸かして、 茎 …

安い即席ラーメンが好き

 即席ラーメンという言い方はもう古いのだろうか?  インスタントラーメン、袋麺。  5袋入って198円ほど買うことができる、安いラーメン。  この1袋40円程度の即席ラーメンには、学生の頃からお世話に …

トマトと鶏肉とナスのスパゲティ

 夏らしいスパゲティ。  鶏むね肉は塩コショウで下味をつけておき、  ナスは輪切りで水に落としてアク抜き  フレッシュトマトは乱切り  スパゲティは茹で7分。  作り方   フライパンにスライスニンニ …

お気に入りの天ざるそば

 美味しいお蕎麦屋さんに行くのはなかなか出来ないので  自分で作るしかない  蕎麦は、上州粕谷製麺所の「ねじれそば」  そばつゆは「創味のつゆ」  天ぷらは、野菜の天ぷら  この日は、カボチャ、ねぎ、 …