今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

乾癬

乾癬の悪化

投稿日:

乾癬が悪化している。

毎年この時期は悪化するのだが、いつもよりもひどい。

 それも鍼灸治療をはじめてからここまで悪くなることはなかった。今までの一番ひどい時くらいに悪化している。

 額、鼻の下や鼻の穴の中まで、耳の周りから耳の穴の中まで、後頭部、首、背中、腰、ふくらはぎ、臀部、手の表裏、ひじ・・・。こう順番に書いていて「全部じゃないか」と思った。

 反対に出ていないところはどこだろう?

 「眼球」

 目玉以外は全て出ている。

 見た目だけなら、ある程度慣れてきた。

 顔に出ているのも、以前だったら人に会いたくないと思っていたのに、今はそれほどでもなくなっている。おっさんになったから見た目は気にしなくなったかもしれない。

膝の裏側あたりだが、全身がこんな感じになっている。

 今つらいのは、痒いこと。

 それも掻き出したら余計に痒くなり、掻いたところが出血して血だらけになり、そこがまた悪化すると言うこと。

 掻かずに我慢して、しばらくすると痒みは去っていくこともある。それを期待してしばらく目を閉じてじっと我慢していても痒みが増してくる時はつい掻いてしまう。

 最初は叩いたりつねったりして誤魔化そうとするが、やはり最後は爪を立てて掻かないと気が狂いそうになる。

 あちこち血だらけになって痒みが落ち着いた時、ため息が出る。自分の体が穢れている感じがする。汚いもののように思えてしまう。

 心が折れる。

 いつまでこれが続くのだろうと途方に暮れる。

 一番つらいのは、その心の問題なんだと自覚する。

 こんな時には一人で悩んでいないで、いつもの鍼灸院へ行くのがいいと思い、予定より少し早かったが助けを求めに行った。

 現在の状態を見てもらって、背中や腰あたりを視診、触診、そして問診。

 脊椎も一つずつ整えていく。

 いつものように鍼をうち、低周波をあて、灸を据えていく。

 最後に「腎の脾臓も悪くないですよ。前回よりも良くなっています。」

 「皮膚は揺れながらも回復に向かうでしょう。心配入りません、確実に良くなりますよ。」

 言葉に救われる。

 頭の中でドロドロになって見えなくなっていた希望が、キレイに洗われて姿を見せ始めた感覚だ。

 帰り道は幾分か歩くスピードも速くなった気がする。

 人の体は心の持ちようでこうも変わるものかと感じた。

 まだまだ頑張れそうです。

 これからも一緒に希望を見いだしましょう。

 同じ病で悩む仲間たちよ!

-乾癬

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

乾癬:夏から秋へ悪化

ここ数年は恒例なので、以前ほどは落ち込まないが 見えるところにひどく出ると、流石に凹む。  ステロイド軟膏はすでに使い終わってしまっているので塗ることはできないが、もし残っていても塗らないだろう。塗っ …

乾癬が改善してきた!

最初に  このページを訪れていただきありがとうございます。 まず最初に、ここに書かれていることは私個人の体で起こったことです。よって多くの人の乾癬にも当てはまるかどうかはわかりません。私も専門家ではな …

乾癬・その後の経過

 その後の乾癬の経過  鍼灸を始めてからは、ステロイド軟膏は使わないで経過している。  最後に皮膚科に薬をもらいに行ったのはいつだっただろう?と考えちゃうほど。  おそらく10ヶ月は薬をもらいに行って …

乾癬は一進一退

 その後の乾癬の調子は、一進一退を繰り返している。  現在は、両手の甲と掌。  額の生え際、後頭部、両肘、耳の付け根に出ている。  痒みはひどくないものの、気がつけばカサブタを剥がすためにポリポリと手 …