今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト 生活

今がいちばんいい、と答えよう

投稿日:

 新型コロナウイルスの影響は、私個人的には収入の大幅減はあったものの、どうにか仕事は続けられそうだ。定額給付金のおかげも大きい。

 子供の結婚式もギリギリ執り行うことが出来たし、孫の出産も滑り込みセーフ。どちらもちょっと遅れたら厳しい状況だった。

 「人間万事塞翁が馬」

 もっと酷い目に遭った人が言うべきかもしれないが、いろいろな意味でラッキーであり、アンラッキーだと思ったことも、考えようでラッキーと言えちゃうところがある。

 ASKAの歌にもあるが、

 「今がいちばんいい どんな時でも

 そう答えようよ

 だから今の自分に万歳

 今日を生きてる自分に万歳」

 本当にそう思える。

ここ最近、株式相場をよく見るようになった。

「一儲けしてやろう」という気持ちで入ったが、いざやり始めると奥が深い。

 チャート分析、テクニカル分析、人間の心理を読んでの予測、世界経済状況、政治も紛争もすべて関わってきての数字の変化。

 情報を集めても集めても、きっとスーパーコンピューターの「富岳」でも3日後の暴落は予測できないのではないだろうか?

 「相場は神のみぞ知る」と考えるか、「相場はある程度操作されるもの」と考えるか。億万長者なら相場を操作できるものなのか、それともそれを超えた何かがあるのか。

 上がり続ける相場はないし、下がり続ける相場もない。

 しかし、1日中下がり続けたらこのまま奈落の底に行ってしまうと思い、そのストレスに耐えきれずに損切りしてしまう。

 少し失敗を繰り返し経験値が上がってくると、下がって来てもその後株価が上がってくるまで待てるようになる。

 もう大丈夫だと思った頃に、再び「あの時、早めに損切りしていれば」という失敗をして、再び投資というものが分からなくらしい。

 私はまだまだそんな域には全然達していないが、これは実際にその失敗を体験しないと身に付かないのだろう。失敗談をたくさん読んでもダメなのだ。

 こんな株価チャートを毎日眺めていると、

 人生も似たようなもんなのだろうなって思う。

 悪い時は立て続けに悪いことが起こるが、

 そんな時ばかりでもなくて、

 少し耐えていると

 ある日突然良いことが連続して起こる。

 突然なのだ。

 人生も株式相場も「一寸先は闇」

 でも、どんな時でも

「今がいちばんいい」と答えようよ。

 今、生きている自分に万歳!

 

 



-ライフシフト, 生活
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

スロージョギングを続ける

 仕事を終えて、晩ご飯を食べてから走り出す。  公園まで歩いて10分  ラジオ体操第一と自分なりのストレッチをやってから  ゆっくりゆっくり走る。  2km弱を20分以上かけて走る。  常に鼻呼吸   …

百日祝い(ももかいわい)

 ありがたくも、いわゆる「お食い初め」の儀式に呼んでいただいた。  自分たちの時は、一人目の子供には真似事のようなことを自宅で行ったが  4人目、5人目に至っては、その儀式をやったかどうかも覚えていな …

最近乗らなくなったなぁ

 自家用車のことである。  学生時代も、北関東に住んでいた頃も、もう毎日よく乗った。乗らなければ生活できなかった。  通学、通勤、レジャーや日常の所用もすべて車だった。  家族みんなで車に乗って出かけ …

AIと株

何気なく株式チャートを見ていた ある「鉄道株」が下がってるなぁって見ていたら こっちの地域の鉄道株はどうなんだろう?って見てみると ほぼ同じチャートだった ピークの位置やら上昇する時間から下落する時間 …

おうちでお手軽お抹茶

 お抹茶は「茶道」というちょっと敷居の高いイメージがありますが、  甘い和菓子と甘くてちょっと苦味のある深い味わいのお抹茶をお手軽に味わいたいという気持ちもありました。  茶道についてまったく知識のな …