今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト 生活

今がいちばんいい、と答えよう

投稿日:

 新型コロナウイルスの影響は、私個人的には収入の大幅減はあったものの、どうにか仕事は続けられそうだ。定額給付金のおかげも大きい。

 子供の結婚式もギリギリ執り行うことが出来たし、孫の出産も滑り込みセーフ。どちらもちょっと遅れたら厳しい状況だった。

 「人間万事塞翁が馬」

 もっと酷い目に遭った人が言うべきかもしれないが、いろいろな意味でラッキーであり、アンラッキーだと思ったことも、考えようでラッキーと言えちゃうところがある。

 ASKAの歌にもあるが、

 「今がいちばんいい どんな時でも

 そう答えようよ

 だから今の自分に万歳

 今日を生きてる自分に万歳」

 本当にそう思える。

ここ最近、株式相場をよく見るようになった。

「一儲けしてやろう」という気持ちで入ったが、いざやり始めると奥が深い。

 チャート分析、テクニカル分析、人間の心理を読んでの予測、世界経済状況、政治も紛争もすべて関わってきての数字の変化。

 情報を集めても集めても、きっとスーパーコンピューターの「富岳」でも3日後の暴落は予測できないのではないだろうか?

 「相場は神のみぞ知る」と考えるか、「相場はある程度操作されるもの」と考えるか。億万長者なら相場を操作できるものなのか、それともそれを超えた何かがあるのか。

 上がり続ける相場はないし、下がり続ける相場もない。

 しかし、1日中下がり続けたらこのまま奈落の底に行ってしまうと思い、そのストレスに耐えきれずに損切りしてしまう。

 少し失敗を繰り返し経験値が上がってくると、下がって来てもその後株価が上がってくるまで待てるようになる。

 もう大丈夫だと思った頃に、再び「あの時、早めに損切りしていれば」という失敗をして、再び投資というものが分からなくらしい。

 私はまだまだそんな域には全然達していないが、これは実際にその失敗を体験しないと身に付かないのだろう。失敗談をたくさん読んでもダメなのだ。

 こんな株価チャートを毎日眺めていると、

 人生も似たようなもんなのだろうなって思う。

 悪い時は立て続けに悪いことが起こるが、

 そんな時ばかりでもなくて、

 少し耐えていると

 ある日突然良いことが連続して起こる。

 突然なのだ。

 人生も株式相場も「一寸先は闇」

 でも、どんな時でも

「今がいちばんいい」と答えようよ。

 今、生きている自分に万歳!

 

 



-ライフシフト, 生活
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

もしもこの宇宙が一つの滴だったら

そんなこと考えたことないだろうか?  この広い大宇宙が、実はある世界の一雫の中であったなら。  自分がこの体の中に住む一つの常在菌だとしたら、この体は一つの膜らしきものに被われた大宇宙であり、それこそ …

まぁこれでいいか

 冷蔵庫を開けてしばらく止まった。  少し熱っぽくて頭が働かない。  いつもなら冷蔵庫を開きざっと見渡していくつかの献立が思い浮かぶが、今夜はまったくだめだ。  続いて冷凍庫の引き出しを見ると、一番手 …

南禅寺の禁止事項

 昨日は山歩きの帰り道に南禅寺に立ち寄った  コロナの第一波が収まった前回は、少し観光客が戻ってきたように見えたが、  この日はまた参拝者はポツリポツリの状態  それでも若いカップルが多かったのはうれ …

お盆のルール

 盆迎えはいつ行くか?  家内の方はいつも12日に行っていると言う。全国的には13日が多いし、私の家も13日。  しかし、家内の実家の法事であるからここはそちらのルールに従う。  盆棚にナスやきゅうり …

自分から動けと言われても

 「言われていなかったのでやりませんでした」  「自分から行動を起こさないとダメだろう!」  「誰かの指示を待たずに、自分から動け!」  (でも『誰がそんなことやれって言った!』『勝手なことしやがって …