今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

出来事

仏具を磨く

投稿日:

 長年使っている仏具は、最初にこの家に来た時から黒い色だったので、それに対して何も違和感もなかった。

 でも、元々これってどんなだったのだろう?って調べたら、金色だったらしいということがわかって、ちょっと磨いてみることにした。

 有名な金属磨きの液体研磨剤の「ピカール」で始めてみたが、すぐに金色になりそうもなかったので、耐水ペーパーの400番からスタートした。

 はじめる前の香炉の写真を撮影するのを忘れてしまったが、写真右下の「おりん」と同様の黒っぽさだった。

 ↑上の写真は、香炉を耐水紙やすりの1200番まで終わったところ。「おりん」はまだ手付かず。

 紙やすりと水垢取りのスポンジとピカール、順番にやっておよそ1時間半。

 思ったよりも綺麗になって気分爽快。

 せっかくだから香炉灰も入れ替えて、お盆の前にスッキリした。

 おりんの音も、以前よりもよく響くようになった気がする。

-出来事

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    KURI様さすがさすがです。我が家もおりん、きれいにしたいなぁ。
    「コロナ禍、今年も施餓鬼法要は僧侶のみ。」とのはがきが届きました。お施餓鬼、大好きなのですが、仕方ないですね。お墓参りの時に卒塔婆料と灯明料を納めてきます。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       義母が亡くなるまでは、施餓鬼法要や卒塔婆、灯明料、妙見さんやら、お盆やお彼岸の法要やらわからないことだらけでしたが、やっとここ数年でなんとなく概要が掴めてきた感じです。

  2. Aki より:

    おりんって名前しりませんでした、ググってみたらおりん『お鈴』は日蓮宗の呼び名、天台宗・浄土真宗が鏧(きん)、それ以外が鐘(かね)だそうな。
    隣の家はあまり空気の入れ替えもしていないし暑そう、お盆に備えて窓くらい開けとこうかなww

    • KURI より:

      Akiさん
       「おりん」は日蓮宗でしたか。ずっと「りん」だと思っていたのですが、このブログを書くときに調べたのがどこかの通販の仏具のサイト。宗派別にはなっていなくて鐘の写真の下に「おりん」と書いてありました。
      「鏧(きん)」なんて初めて聞きました。おもしろいです。

  3. あかいみ より:

    子供のころ、させられていた。それがいつしか盆暮れのルーティンとなり、気が付けば時期になると当然のようにしてたね。あまりご先祖受けの良い子孫とは思わないが、この作業が多少なりともご先祖あっての自分という刷り込みを作ってきたのかなと思う。昔の人に比べたら極めて「薄い」けどね・・(笑)。そういえば息子にはさせてないな・・少なくともこのプロセスにより醸成された一族意識はアイツにはないはず、と思う。

    • KURI より:

      あかいみさん
      >子供のころ、させられていた。それがいつしか盆暮れのルーティンとなり・・
       やっぱりそうなんだねぇ。うちは核家族で仏壇が身近じゃなかったから、妻の家に来て戸惑いばかり。頂き物はまず仏さん、朝からお茶と炊き立てご飯、毎月住職に来てもらっての法事など、そこまでしないといけないの?と思うばかりでした。
      >ご先祖あっての自分
       うんうん、その概念も義父母からよく聞いた言葉です。

       私自身がそんなだから、うちの子供たちはそういう「一族意識」よりも「7人の家族愛」の方が強い気がします。
      両親の元で育った18年、その影響力は良くも悪くもかなり大きいなと実感します。

       今回購入した「ピカール」という金属磨き材は、仏具コーナーに置かれていました。お盆前のこの時期だけなのだろうけど。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高い雲と低い雲

 「大気の状態が不安定になりやすく」って時は、雲が楽しい。  高い雲から低い雲、  筆で引いたものから、筆先で叩いたようなものだったり、  外に出て空を見上げるのが癖になり、ちょっと変わった雲があれば …

「阪急 文具の博覧会 2022」

 スッキリ晴れた冬の日。    久しぶりの大都会大阪。  JR大阪駅の阪急うめだ本店の9階で催されている「阪急 文具の博覧会」。 もう、上ばかり見上げている。「高ぇ〜!」  会場では、大阪に住む長女と …

一年おきのシンビジウム

 昨年は花を咲かせなかったシンビジュームだが、今年は咲いてくれた。  葉が隙間からチラッと顔を出している。  一昨年は見事に花茎が2〜3本あったが、今年は1本だけ。  アマリリスも蕾が膨らんできた。ご …

殻付き牡蠣でカキフライ

この前、殻付きカキを食べたのはいつだろうとブログを検索してみたら、  昨年の1月末だった。  今回も食べ切れないほどたくさんいただいたので、  一部は息子家族へお裾分け。  添付されていた「食べ方」に …

やってはみるけど、ダメだったらごめんね

 「やってはみるけど、ダメだったらごめんね」というケースは日常よくある。  「それならいいです」とは言われないし、「いやいや、できる範囲でいいよ」「ダメで元々だから」と言ってもらえると気が楽になる。 …