今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ひとりごと

働くことがつらいなら

投稿日:

 周期的に働くことがつらくなる。

 あ〜〜、もう全部投げ出したい! そしてひとりで何処かへ行ってしまいたい。

 働いても働いて、いろんなところに搾取されて、手元には何も残らないって思ってしまったりする。

 そういう思考ルーティンに嵌ってしまうともうダメだ。

 「それじゃ全部投げ出して何処かへ行っちゃえばいいじゃん!」とサラッと言われたら、

 「だってそんなことしらたらさぁ〜」って出来ない言い訳ばかりをいくつも並べるのだろうな。大体自分で想像がつく。

 結局、自分を騙し騙しいつもの生活を続けていくことになる。そのあきらめの気持ちが人生だよって言っちゃえばそれまでだけど、いつかは自分のやりたいことやってみたい!という気持ちはあるが、それも「やってみればいいじゃん!」と言われたら、それが出来ない理由を並べるのだろうな。

 人生ってそんなもんなのかな。

 雇われていたところを辞めたときの開放感。あの喜びは忘れられない。

 「さぁ今日から夏休み!」という小学生の時のあのうれしい気持ちはこれからも味わえるのだろうか?

 自分の命が終わる時にはそう感じられるのだろうか?それとも不安で仕方ないのだろうか?

 働くことがつらくなった時、

 少しサボってみた。

 臨時休業にして日帰りの小さな小さな旅に出てみた。

 罪悪感と開放感と入り混じった感じ。

 でも少し、気持ちの切り替えが出来て、

 また明日も歩ける気がした。

 こうやって息をつないでいく。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

日記

パソコンに日記を書き始めてもう6年になる。  最初はスマホの1日3行ほどの日記だったが、そこからEvernoteに書くようになり、そして現在のApple純正アプリの「メモ」に移行した。  途中半年くら …

椿や山茶花

 山科駅から毘沙門堂の裏を抜けて大文字山へ入ろうとした道に、  花首から落ちた椿がぼとりと落ちていた。  まだそのまま飾りたいくらいの美しさが残っているのに、  「私の美しさはもう終わり。少しずつ衰え …

お墓

 まだ夫婦で結論が出ない。  自分たちのお墓をどうするかだ。夫婦ともに「お墓は要らない」って思っている。死んで骨になったらそれをどうするか。自分としては「どこでも処分してくれたらいい」と思っているが、 …

外はいい天気なのに

 窓から見上げる空は今日も快晴  南の空には白い下弦の月  空も自分も、何も変わっていないはずなのに  どうしてこんなに息詰まるのだろうね  春になれば少しはマシになるのかな?  夏になればみんなが集 …

芸術の秋

今まで芸術に触れて身動き取れないほど衝撃を受けたのは数回ある。  どれも絵画だ。  ゴッホの「ひまわり」、ゴッホの「オーヴェールの家々」、ゴッホの「自画像」、そして葛飾北斎の「白拍子」という静御前を描 …