今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

生活

冬の琵琶湖疏水

投稿日:

 年末あたりからだろうか?琵琶湖疏水は水を抜く。

 琵琶湖疏水は2経路あり、こちらは主に灌漑用でほぼ暗渠にはなっていない。

 琵琶湖からの取水が止められた疏水の壁面には、

 乾いた水草が張り付いており、それが琵琶湖独特に臭いを発している。

 今年は特に水草が多く、臭いも鼻につくような気もする。

 少し近づいてみると、まるで動物の毛皮にも見える。

 水・枯葉・乾いた水草・緑色の残る水草という層になっている。

 部分的に剥がれていたりする。

こうやって剥がれてるのを見ると、

まるで毛皮だ。

こうやって乾いてカサブタ状に剥がれると掃除も楽なような気がするが、

もうしばらくすると専用の重機が入って掃除をしていくことになる。

 この疏水には、琵琶湖からの流れで小魚なども多く棲んでいた。

 主に、ブラックバス、ブルーギルだが、

 時にはコアユやハスやオイカワなどの幼魚もいたはず。

 それらを餌にしていたアオサギも途方に暮れて、

 やや痩せ細って見えた。

 また春までには掃除も終わり、

 再びたくさんの琵琶湖の水が流れることになるだろう。

 そんな恒例の疏水の風景。

 追記

 ↑写真の右上が取水口で、閉じている堰の先が琵琶湖。

手前はいつも水で満たされているのだが、現在は底が見えている状態。

令和3年1月12日撮影



-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お皿のフチの汚れ

 子供が小さい頃は、こんな大皿に毎晩3皿分のおかずを作って  食卓にドンと置いて、さぁ食え!とばかりにダイナミックに並べた  その時には、お皿のフチについた小さな汚れなど気にもしなかった いつしか大皿 …

流されるときは

心が穏やかな時と イライラしている時と 寂しい時と うれしい時と 悲しい時と 恥ずかしい時と 怒っている時と 愛している時 きっと、その時に自ら発しているものが 言葉になり 艶になり 歌になり 表情に …

結局いつものところにたどり着く

 岡目八目という言葉がある。囲碁の用語だ。  当事者よりも第三者が客観的に見た方が、全体の情勢や利害得失なのがよく見えて判断がし易いと言うこと。  感情論抜きに情勢が見えるのが素晴らしい。  どうして …

鬱の波が来ちゃったら

朝、目覚めた時におおよそわかる  今日は調子がいいかどうか。  消炎鎮痛剤でごまかせる時もある  それでもダメならとりあえず諦めて騙し騙し動くしかない  50代になって変わったのは、諦めてどうにかでも …

ありがとうくらい

 スーパーのレジで会計をしてもらった後に 「ありがとう」を言うか言わないか。  店員さんはほぼほぼ「ありがとうございました」と言ってくれる。中にはたまたまご機嫌が良くなかった時だったのか「ありがとうご …