今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

生活

冬の琵琶湖疏水

投稿日:

 年末あたりからだろうか?琵琶湖疏水は水を抜く。

 琵琶湖疏水は2経路あり、こちらは主に灌漑用でほぼ暗渠にはなっていない。

 琵琶湖からの取水が止められた疏水の壁面には、

 乾いた水草が張り付いており、それが琵琶湖独特に臭いを発している。

 今年は特に水草が多く、臭いも鼻につくような気もする。

 少し近づいてみると、まるで動物の毛皮にも見える。

 水・枯葉・乾いた水草・緑色の残る水草という層になっている。

 部分的に剥がれていたりする。

こうやって剥がれてるのを見ると、

まるで毛皮だ。

こうやって乾いてカサブタ状に剥がれると掃除も楽なような気がするが、

もうしばらくすると専用の重機が入って掃除をしていくことになる。

 この疏水には、琵琶湖からの流れで小魚なども多く棲んでいた。

 主に、ブラックバス、ブルーギルだが、

 時にはコアユやハスやオイカワなどの幼魚もいたはず。

 それらを餌にしていたアオサギも途方に暮れて、

 やや痩せ細って見えた。

 また春までには掃除も終わり、

 再びたくさんの琵琶湖の水が流れることになるだろう。

 そんな恒例の疏水の風景。

 追記

 ↑写真の右上が取水口で、閉じている堰の先が琵琶湖。

手前はいつも水で満たされているのだが、現在は底が見えている状態。

令和3年1月12日撮影



-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

芝犬を見ると

 5年前までシバ犬を飼っていた。  14年とちょっと生きた。  死んでしまった時に、その存在の大きさを知った。  室内犬ではなく、玄関の外で飼っていた。  雨の日も、風の日も、雪の日も、嵐の日でも、外 …

庭の鉢植えは花盛り

 雨の日の昨日まではこんな感じの蕾だと思っていたのに  今朝、水やりに行ったら  一斉に開いていて驚いた  なんという名の花なのかわからなかったが  花の写真をもとに調べてみると「これかな?」というの …

シニアがApple Watch SEを買ってから1ヶ月

 2021年1月6日  衝動的にApple Watchが欲しくなり、在庫も確認せずに京都へ出掛けて行ってお店に行ったらまさかの「ご希望の機種だけ在庫がございます。」というので買ってきたApple Wa …

今がいちばんいい、と答えよう

 新型コロナウイルスの影響は、私個人的には収入の大幅減はあったものの、どうにか仕事は続けられそうだ。定額給付金のおかげも大きい。  子供の結婚式もギリギリ執り行うことが出来たし、孫の出産も滑り込みセー …

ひとりの夜とホワイトノイズ

結婚をして子供が生まれてから、 家でひとりで寝たことがあっただろうか。 妻が、第一子を里帰り出産のために家を離れていた時、 妻が、第二子を里帰り出産のために家を離れたいた時、 それが最後かもしれない。 …