今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

出前

投稿日:

 今までも「出前」というものをあまり利用したことがなかった。

 子供の頃には、蕎麦屋に頼んだことはちょこちょこあって、それが楽しみでもあった。

 街中を出前のカブが行き来していたし、かなりの注文があったのではないかと思われる。

 義母もピザや寿司を出前で頼むことも多かった。孫が数人集まって「お腹空いた〜」となれば、気軽にピザや寿司を注文していた。

 寿司を出前で頼めばかなり高額だと思っていたし、ピザも同様だと思っていた。

 今回は「出前」ではなくて、「お持ち帰り」なのだが、スマートフォンのアプリで寿司を注文して、指定された時間に取りに行った。

 その注文も思いの外簡単に出来たし、支払いも楽々だった。

 その上、回転寿司なのでとにかく安い。

 6人前で3,300円だ。下手したら1人前の寿司の価格ではないか?! そう思うのはもう古い人間なのだろう?

 子供たちにとっても、寿司は安いものであり、「ハンバーガーにするか、回転寿司にするか」という選択だとも聞いた。「寿司でいいや」ってセリフは、私は今まであまり使ったことがない。

 「うな重でいいや」とか「トンカツで我慢しとく」「ステーキでいいか」なんてセリフはあり得ない。

 そういう価値観が変わってきているのだろうな。

 手軽に寿司が食べられることは素晴らしいことだ。大好きであるからこんなに嬉しいことはないのだが、なんだろうこの一抹の寂しさは。

 これに慣れてしまっていいのかな?とも思う。

 つくづく最近、古い人間になったのかなって思わされる。

 昔はこうだったのになとか考える。

 「昔は良かった」とはあまり言わないが、今の方が色々と便利であるのは間違いない。

 でもなんだろう?

 自分が10代、20代、30代の元気な時代が妙に懐かしいんだな。

 やっぱり人間古くなってきたってことなんだろうな。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

うれしいような悔しいような

 「あ、それ触らないでね。お父さんやっておくし!」  今まで子供たちにそんなセリフを言ったように思う。  子供が大きくなってきたら、 「悪いけど、これやっておいてくれる?」と言うセリフも多くなってきた …

人の秤で計ると不安になる

 自分の秤では間違いないはずのに、  誰のかもわからない、  もしかしたら有りもしない秤で計ったことを考えては不安になったりする。  その秤が実は狂っていて、自分の秤が正しいと信じたいが、  耳にする …

働くことがつらいなら

 周期的に働くことがつらくなる。  あ〜〜、もう全部投げ出したい! そしてひとりで何処かへ行ってしまいたい。  働いても働いて、いろんなところに搾取されて、手元には何も残らないって思ってしまったりする …

小さな指のスマホ

 まだ会話もできない1歳数ヶ月の幼児。  大人のスマホを取り上げては画面に指を這わせて遊んでいる。  1歳頃までは、ただトントンと言う風に軽く叩くだけだったのが、 近頃は、「指先を画面にトンと置いてか …

グラデーション

 グラデーションの中の、今の自分の立ち位置はどこなんだろう?  その位置をあえて決めなくても良いのだが、  人と会話していると、相手に比べて自分はもう少し右とか前とか思ったりする。  3人集まれば、他 …