今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

出前

投稿日:

 今までも「出前」というものをあまり利用したことがなかった。

 子供の頃には、蕎麦屋に頼んだことはちょこちょこあって、それが楽しみでもあった。

 街中を出前のカブが行き来していたし、かなりの注文があったのではないかと思われる。

 義母もピザや寿司を出前で頼むことも多かった。孫が数人集まって「お腹空いた〜」となれば、気軽にピザや寿司を注文していた。

 寿司を出前で頼めばかなり高額だと思っていたし、ピザも同様だと思っていた。

 今回は「出前」ではなくて、「お持ち帰り」なのだが、スマートフォンのアプリで寿司を注文して、指定された時間に取りに行った。

 その注文も思いの外簡単に出来たし、支払いも楽々だった。

 その上、回転寿司なのでとにかく安い。

 6人前で3,300円だ。下手したら1人前の寿司の価格ではないか?! そう思うのはもう古い人間なのだろう?

 子供たちにとっても、寿司は安いものであり、「ハンバーガーにするか、回転寿司にするか」という選択だとも聞いた。「寿司でいいや」ってセリフは、私は今まであまり使ったことがない。

 「うな重でいいや」とか「トンカツで我慢しとく」「ステーキでいいか」なんてセリフはあり得ない。

 そういう価値観が変わってきているのだろうな。

 手軽に寿司が食べられることは素晴らしいことだ。大好きであるからこんなに嬉しいことはないのだが、なんだろうこの一抹の寂しさは。

 これに慣れてしまっていいのかな?とも思う。

 つくづく最近、古い人間になったのかなって思わされる。

 昔はこうだったのになとか考える。

 「昔は良かった」とはあまり言わないが、今の方が色々と便利であるのは間違いない。

 でもなんだろう?

 自分が10代、20代、30代の元気な時代が妙に懐かしいんだな。

 やっぱり人間古くなってきたってことなんだろうな。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大丈夫、大丈夫

 「大丈夫」って、  いろんな意味があるんだなぁ。  「Are you OK?」  「Are you all right?」  「Is this safe?」  「Are we good?」  「Yo …

長寿番組と声色

 長寿テレビアニメはいくつもあるが、主人公の声優さんが変更されていないアニメとなると数が限られてくる。  まずはやっぱり「サザエさん」。私が子供の頃から変わらないのが、主人公のサザエさんの加藤みどりさ …

洗面器2杯で洗髪

 ぎっくり腰で体が思うように動かない時のこと。  風呂場でシャワーを操作するにも腰が痛い。バスチェアーいわゆる風呂椅子に腰掛けて、洗面器(風呂桶)で湯船からお湯を掬うのも出来ず、風呂桶を膝の間に挟み、 …

やってはみるけど、ダメだったらごめんね

 「やってはみるけど、ダメだったらごめんね」というケースは日常よくある。  「それならいいです」とは言われないし、「いやいや、できる範囲でいいよ」「ダメで元々だから」と言ってもらえると気が楽になる。 …

冬の夜のウォーキング

 風を遮る上着を羽織って、手袋とマフラーを装備してから家を出る。  Apple Watchの「フリーウォーキング」のスタートボタンを押してから歩き出す。  1時間ちょっと5〜6kmの湖岸ウォーキングだ …