今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

出前

投稿日:

 今までも「出前」というものをあまり利用したことがなかった。

 子供の頃には、蕎麦屋に頼んだことはちょこちょこあって、それが楽しみでもあった。

 街中を出前のカブが行き来していたし、かなりの注文があったのではないかと思われる。

 義母もピザや寿司を出前で頼むことも多かった。孫が数人集まって「お腹空いた〜」となれば、気軽にピザや寿司を注文していた。

 寿司を出前で頼めばかなり高額だと思っていたし、ピザも同様だと思っていた。

 今回は「出前」ではなくて、「お持ち帰り」なのだが、スマートフォンのアプリで寿司を注文して、指定された時間に取りに行った。

 その注文も思いの外簡単に出来たし、支払いも楽々だった。

 その上、回転寿司なのでとにかく安い。

 6人前で3,300円だ。下手したら1人前の寿司の価格ではないか?! そう思うのはもう古い人間なのだろう?

 子供たちにとっても、寿司は安いものであり、「ハンバーガーにするか、回転寿司にするか」という選択だとも聞いた。「寿司でいいや」ってセリフは、私は今まであまり使ったことがない。

 「うな重でいいや」とか「トンカツで我慢しとく」「ステーキでいいか」なんてセリフはあり得ない。

 そういう価値観が変わってきているのだろうな。

 手軽に寿司が食べられることは素晴らしいことだ。大好きであるからこんなに嬉しいことはないのだが、なんだろうこの一抹の寂しさは。

 これに慣れてしまっていいのかな?とも思う。

 つくづく最近、古い人間になったのかなって思わされる。

 昔はこうだったのになとか考える。

 「昔は良かった」とはあまり言わないが、今の方が色々と便利であるのは間違いない。

 でもなんだろう?

 自分が10代、20代、30代の元気な時代が妙に懐かしいんだな。

 やっぱり人間古くなってきたってことなんだろうな。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

運がいいんだか悪いんだか

 ラッキーが2つ続いたけど、  最後は大外れ。  ラッキー2つとアンラッキー1つで「運がいい!」と判定。  ラッキーの数が多くても、最後にダメなら全部ダメと考えるべきなのか?  それを1ヶ月後で判断す …

ずっとM78星雲だと思っていたけど

 先日観た「シン・ウルトラマン」の主題歌が、米津玄師氏の「M八七」。  え?「M78」じゃないの?と思ったが、「M87」らしい。  米津氏もインタビューで、最初は「M78」と言うタイトルだったと語って …

キュウジョウに行くか?

 小学生の頃に明治生まれの祖父にそう聞かれた。 「キュウジョウに行こうか?」  北関東の田舎から鉄道を乗り継いで東京へと向かった。  「キュウジョウ」といえば、てっきり「後楽園球場」だと思った。そこで …

映画「蜩の記」

第146回直木賞を受賞した葉室麟の小説を、「雨あがる」「博士の愛した数式」の小泉堯史監督のメガホンで映画化した時代劇。前代未聞の事件を起こした戸田秋谷は、10年後の夏に切腹すること、そしてその日までに …

立小便

 洋式トイレで男性が小用をする場合、蓋と座面を上に跳ね上げてから、立った状態で用を足した。  しかしその後、周囲に跳ねるやら、こぼすやら言われて、  不本意ながらズボンを下ろして座って済ますようになっ …