今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ひとりごと

出来ていたことが出来なくなること

投稿日:

 「寝返りしました」

 「ハイハイができるようになりました」

 「今日は積み木を積むことができるようになりました。」

 毎日のように出来ることが増えていく時は素晴らしいことだ。

 子供が生まれてから、ずっとずっとそう言う日々の中で過ごしてきた。

 そんなことが当たり前だった。

 自分が突然「ぎっくり腰」になった時は、いきなり、

 「寝返りが出来なくなりました」

 「ひとりでトイレにも行けなくなりました」

 となってしまい、

 そこから

 「やっと寝返りが打てるようになりました」

 「やっとハイハイでひとりでトイレに行けるようになりました」

 「杖なしで歩けるようになりました」と、

 ひとつひとつ出来ることが増えていった。

 これはこれで一つの喜びでもあった。

 ひとりで歩けることは素晴らしいこと、

 自分の足でどこも痛くなく歩ける事は素晴らしいことと思えるようになった。

 そこからせっせと歩くようになったと思う。

 さて次は、老化現象によって細かいものが見えなくなり、

 記憶力が乏しくなり、

 長く続ける根気も減り、

 新しいことを始める気力も減退してきた。

 ここから自分はどのように生きたらいいのだろうか?

 あれが悪いから、これが悪いからとあちこちを批判ばかりしていても仕方ない。

 なるようになるしかないのだから、

 流れに身を任せて、

 慌てることなく、

 全てを受け入れるのがよろしいのだろう。

 いつでもどんな時でも、

 問題なのは自分の気持ちの持ちよう。

 どのようにそれを受け止めて、

 受け流して、

 腑に落としていくかってことなんだろうな。

 頭で考え過ぎず、

 慌てて動き回らず、

 焦って飛び跳ねず、

 ただただぷかぷかと浮いているがごとし。

 そんな人になりたい。

 

-ひとりごと

執筆者:


  1. Aki より:

    今年の2月だか雪の浅間隠山で会った80歳は過ぎていると思われる女性が、グレートトラバースの南アルプス界隈の再放送(2・3年前の本放送)に出てました、83歳で日本3百名山完登まで残り3座で。
    自分達が会った時はもちろん終えてたんでしょうね、
    『いつまで登れるのかな?』って仲間内でタマに話に出るけど、まあ気の持ちようってのが答かな・・・

    • KURI より:

      Akiさん
      80歳過ぎても山を歩けるのは幸せですよねー。私も「歩けるうちの歩いておく」って思っています。「歩き過ぎは良くない」なんて言われても、歩きたいだけ歩いています。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

小さな指のスマホ

 まだ会話もできない1歳数ヶ月の幼児。  大人のスマホを取り上げては画面に指を這わせて遊んでいる。  1歳頃までは、ただトントンと言う風に軽く叩くだけだったのが、 近頃は、「指先を画面にトンと置いてか …

黄砂と空気清浄機

 中国の西に広がる、ゴビ砂漠やタクラマカン砂漠から、  遠路遥々、偏西風に乗ってやってきた黄砂は、  令和3年3月29日の午後から西の空にやってきた。  その日の日中はさほど感じなかったが、夕方の西の …

そのうち時間なんていっぱい出来るよ

 自分が厄年の頃だったろうか。  子供たちが幼稚園から小学生、中学生と揃っていた頃。それぞれの学校行事が重なり、毎日がてんやわんやで時間がいくらあっても足りない日々だった。  そんな時に近所のおばちゃ …

働くことがつらいなら

 周期的に働くことがつらくなる。  あ〜〜、もう全部投げ出したい! そしてひとりで何処かへ行ってしまいたい。  働いても働いて、いろんなところに搾取されて、手元には何も残らないって思ってしまったりする …

安心・安全

 死後の世界を見てきたと言う人はいるが、今現在死後の世界にいると言う人と会った事はない。  死後の世界を見てきたと言う人は、本当にそう信じているのか、嘘をついているのかわからないが、もっともらしく話し …