今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

出来事 動画

初めての動画編集「如意古道」

投稿日:

 Macに付属の動画編集ソフト「iMovie」を使って、先日の「如意越え」の動画を作ってみました。

 50数本の動画を読み込んで、切り貼りして、字幕を書いて、音楽を適当に無料のものから引っ張って貼り付けて。かかった時間が2時間。

 慣れない作業は肩も凝るし、目も疲れる。

 それで出来上がった動画がこちら。

 初めての動画編集です。やさしい気持ちでみてやってください。

 画質はこんなに悪くなってしまうのねぇ。高精細にすると編集にやたらと時間が掛かってしまうし、安いパソコンではこの程度ですかねぇ。

 曲の繋ぎ目もぎこちないし、反省点ばかり。

-出来事, 動画

執筆者:


  1. Aki より:

    自前の機器で作れちゃうのはお金がかからなくていいですね、
    映像が移り変わるときのぼかし加減がいい感じです。
    画質もそんなに問題ないと思いますが・・・

    • KURI より:

      Akiさん
      ありがとうございます。画質は、オリジナルの画質と比べてしまうので、精度が半分以下になった感じ。
      おっしゃる通り、この動画のためには何も購入していないのがいいですよね。映像が変わる時のエフェクトも一番オーソドックスなもので簡単でした。
      高度なことは出来ませんが、このくらいのレベルの動画なら、次から1時間以内に作れそうです。

  2. しんちゃんママ より:

    すごいスゴイすごい! ✋✋パチパチパチ。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       ありがとうございます。文章を書いている方が気が楽でいいですけど、新しいことを始めるのは楽しいです。

  3. カラス より:

    やはり、動画は臨場感があってよいですね。
    いつもこんな風に歩いていらっしゃるのねーと感心しながら拝見しました。
     それにしても、山の樹木は、もう樹齢100年以上の老木が多いのでしょうか。
    随分倒木が多くて危険な箇所もありそうですね。
    それと、クマなどの野生動物と遭遇するということは、ありませんか?
    こちらでは頻繁に出没しますから、山に入るのが怖いです。

    • KURI より:

      カラスさん
      ありがとうございます。
      今回歩いた山は、植林された部分と自然林に近い部分とがあります。それでも9割ほどは植林されたものだと思います。ですので樹齢100年を超えるものはありますが、かなり稀かと思います。お隣の比叡山はほぼ自然林で独特な雰囲気があり、樹齢の高い樹木も多いです。
       この山を歩く前は、クマがいるのではないか?とかなり恐れていましたが、このあたりにはクマはいないようです。7〜8年前までは猿や鹿とよく遭遇しましたが、最近はほぼ出会いません。ですので熊避けの鈴もつけず、気楽に歩いています。
       熊の目撃情報もありますが、ほぼ琵琶湖の北部の山のようです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「最澄と天台宗のすべて」土砂降りの京都

 今にも降り出しそうな雨雲の下、妻と二人しっかりとした傘を持って友人と京都駅で待ち合わせ。  駅前のバス乗り場は、午前9時半だけど長い行列。まだ雨は降り出していないので、バス乗り場を横目に七条通りを東 …

キライがある

 こうやって文字に書くとちょっと意味がわからないところもあるが、  「考えすぎる嫌いがある」  と書けば「あぁ」って思うかもしれない。  「それってそう書くの?」って思った。  どちらかと言うと好まし …

見切り品

 「見切り品」とか、「おつとめ品」とか、半額セール、ワゴンセール、詰め放題やら、  私もそういうのに弱い。「自分が買わなきゃ廃棄されちゃう!」と思うと、助けたくなってくる。  上の写真、「刻み昆布80 …

殻付きカキをフライに

 殻付きの大粒なカキをいただいた。    どうしてもカキフライが食べたかったので、他は考えずに一択。      殻からはずして、塩水でよく洗って。    やっぱり想像通り、ムッチャ大粒。      妻 …

怒ってもよかったのか

 信号のない横断歩道を軽く手を上げて渡る。  そこへクラクションを鳴らしながら、車が目の前を走り抜ける。  「わぁ、びっくりしたぁ〜。クラクション鳴らすことないのにぃ。」  ということがあったと家族に …