今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

山歩き 散歩 草花

初御代桜と長等山テラス

投稿日:2023年3月17日 更新日:

 快晴のお天気に20度を超える気温。

 花粉症のない私には絶好のお花見日和。(花粉症の人には申し訳ない)

 皇子が丘公園でいつものマルさんと待ち合わせしたのが、午前9時40分。

 まずは、公園の一番奥の登って行ったところにある、初御代桜が咲くエリアまで歩いていく。

 遊歩道の両脇にはこれから開花するであろうソメイヨシノがあるが、まだ硬い蕾の状態。ピンク色にもなっていなかった。

 初御代桜は満開で、その情報を知った人がカメラやスマートフォンにて各々撮影されていた。

 ソメイヨシノとは違う、独特の色合いがある。

 満開の桜を堪能してから、山歩きに向かった。

 今ひとつ足の調子が良くなかったのだが、ストックを使いながらゆっくりゆっくりと登れば、いつかはゴールに着くはず。

 どうにかこうにか長等山テラスに到着。琵琶湖の南湖がすべて見渡すことが出来る場所が、皇子が丘公園から数十分で登ることが出来ることが素晴らしい。

 テラスでは、マルさんの奥様が焼かれたオレンジピールと白あんの入ったマフィンとコーヒーをいただき、暫し談笑。こんな時間が本当に至福の時間だなぁってつくづく感じる。

 下りは周回コースっぽく長等山を巡って、最後はフォノロサのお墓がある「法明院」へ下りてきた。

 昼ごはんは、再び皇子が丘公園に戻って、桜の木の下でおにぎりを食べた。

 減量中のため、この日は小さいおにぎり一つと、卵焼きひとつだけ。

 花見や休憩時間を入れて、3時間半の軽い山歩きだったが、足の調子が悪い時だとこれでもそこそこハードな山歩きになった。

 次はもっとパワフルに歩きたい。

-山歩き, 散歩, 草花

執筆者:


  1. Aki より:

    そのあたりから見た海岸が鳥人間コンテストの会場だとずっと思ってたけど、対岸でぜんぜん違いました、競艇場なんてものもあるんだね、知らなんだ
    微妙な霞み具合から花粉が読み取れます・・・

  2. しんちゃんママ より:

    駅と近くの公園に、大好きな桜の木が・・・。
    毎年、必ず会いに行きました。
    きょう、散歩しながら会いに行ったら、
    何と伐採されていました。ショックショック!
    確かに、古木だったし、保育園児の遊び場所だし、
    倒れたら危険だからかな??
    満開だった光景が浮かんできます。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
      >何と伐採されていました。ショックショック!
      うわぁ、それはショックですねー! 毎年、会っていた人が大好きな人が居なくなってしまったくらいショック。
      そうしないといけない理由があったのでしょうけど、満開のキレイな風景を思い浮かべてしまいますね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

琵琶湖疎水の「山ノ谷橋」

 琵琶湖疎水沿いを藤尾から四宮、山科安朱橋、御陵(天智天皇陵)と歩いてきて  この橋が行き止まり  その先、疎水は暗渠となり再び地上に出るのは蹴上になる。  コンクリートで作られたアーチ状の橋は、一見 …

大文字山(小関峠・如意古道・大文字山山頂・Aコース・毘沙門堂・山科駅)

 午前7時半に家を出て、旧東海道を歩いて小関峠へ。いつものように峠のピークから山に入っていく。  三井寺の上の如意古道に入り、急な登り坂を登っていく。  今日は如意が岳山頂にある航空管制施設の取り付け …

−1℃の湖岸散歩と彩雲

 寒くてなかなか夜のウォーキングにも散歩にも行けず、  やっと日曜日の朝には歩道のアイスバーンもなくなったので、そろりそろりと散歩に出掛けてみた。  比叡山は雪で覆われていて、今なら美しい雪景色の中を …

スマホ前と後

 山を歩く時の持ち物。  紙の地図とかコンパス、ヘッドライトや懐中電灯、携帯ラジオ、軍手、タオル、鈴、笛、エマージェンシーシートなどをひとまとめにして必ず持ち歩いている。お散歩気分のいつもの大文字山で …

お花見散歩

 「ちょっとお花見でも行きましょうか?」とマルさんのお誘い。  「京都もいいですけど、人がいっぱいですから近場にしましょうか?」ということになった。 電車で逢坂山の麓の大谷駅へ。そこから蝉丸神社へ登っ …