今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

北部山沿いと平野部

投稿日:

 今年の冬は、我が県の北部山沿いでは記録的な積雪となった。

 関東の友人からは、「大雪らしいが大丈夫か?」と心配してもらった。

 「あぁ、ありがとう。ここは南の方だからほとんど大丈夫だよ」

 少しは降ったのだが、道路には積もっていない。

 北部山沿いでは、街中でも腰までの積雪だったらしいが、ここは問題ない。

 同じ県でも、豪雪地帯もあるので紛らわしい。

 私の故郷も、北部山沿いでは雪がたくさん降るが、実家の辺りの積雪は東京と変わりがない。

 しかし、関西の人からすると私の実家は、温泉が身近にあって豪雪地帯ってことになっている。

 

 これは私自身だって同じことで、南アメリカって言えばジャングルだって思っているし、アフリカはサバンナと砂漠しかないようなイメージだ。きっとそういうことだろう。

 世界は、みんなが勝手に思い描いたイメージで出来上がっていて、それは正しいようで正しくなくて、似ているようで似ていない。

 結局どれが本当で何が真実なのかもわからない。

 それっぽいのがそこにあるだけなのかもしれないね。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

運がいいんだか悪いんだか

 ラッキーが2つ続いたけど、  最後は大外れ。  ラッキー2つとアンラッキー1つで「運がいい!」と判定。  ラッキーの数が多くても、最後にダメなら全部ダメと考えるべきなのか?  それを1ヶ月後で判断す …

しんど

 小学生の頃に毎月読んでいた学研の「学習と科学」。それの「学習」の方だけ。今でも当然刊行されていると思っていたが、調べたら「学習」は2009年を最後に休刊になっていた。そして「科学」も翌年2010年に …

蒲焼とプリン

 最後に土用の丑の日にウナギの蒲焼きを食べたのはいつだったろう?と思うほど食べていない気がする。  「今夜は土用の丑の日だから蒲焼きだよ」というと、  娘に「ウナギの蒲焼き風?」と、すぐに見破られた。 …

木曾義仲・今井兼平・巴御前

 後白河法皇の信頼を失い、宇治川の戦いにも破れ、  範頼・義経軍に追い込まれた木曾義仲は、  今井兼平、巴御前と他2騎を従えて琵琶湖畔の粟津の松原にたどり着いた。  琵琶湖に流れ込むこの細い篠津川のほ …

金の成る木とぎっくり腰

 連休中にぎっくり腰になった。  出来ないこと・洗面台で顔を洗うこと。(前屈みが無理)・しゃがんだ状態から手を使わずに立ち上がること。  頑張れば出来ること・靴下を履くこと(椅子に座って靴下の持ち方、 …