今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

厚揚げ 料理

厚揚げの照り焼き

投稿日:

 厚揚げはあらかじめグリルで8分ほど焼いておいて、

 表面をカリカリにしておいた。

 タレは、醤油 大さじ2、砂糖 大さじ2、日本酒かみりん大さじ2、水 大さじ2。

 5mmの厚さのカボチャを先に炒めて

 続いて、厚切りのエリンギとぶなしめじ

 最後に焼いた厚揚げをフライパンに入れて

 タレをジュワーっと入れて絡めたら出来上がり。

 スダチがあったので、それを絞っていただく。

 あっという間に出来る安上がりなレシピ。

「晩ご飯何にしようかなぁ? あ、厚揚げがあった。」っていう時にどうぞ。

 



-厚揚げ, 料理
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

安い即席ラーメンが好き

 即席ラーメンという言い方はもう古いのだろうか?  インスタントラーメン、袋麺。  5袋入って198円ほど買うことができる、安いラーメン。  この1袋40円程度の即席ラーメンには、学生の頃からお世話に …

娘と作る5月の常備菜

 連休初日  娘の運転で野菜直売所→肉屋さん→スーパーマーケットといつものコース  4人分1週間の食材として 野菜直売所 2,000円肉屋さん  2,000円スーパー  5,000円  1万円は超えな …

野沢菜漬けと旨味調味料

学生時代に初めて出会った、信州の「野沢菜漬け」。  最初はどこで食べただろう?スキー場だったか?それとも部活の合宿の宿だったか?そこまでは覚えていない。  ただ、どこへ行っても出てきた。  「これをか …

常備菜で「ちらし寿司」

 常備菜のきんぴらごぼうと茹でた菜の花を使って、簡単に五目ちらし寿司を作ってみました。(常備菜できんぴらごぼうがあるのが前提 m(_ _)m) 1・ニンジンを型抜きして薄い麺つゆで茹でておく。レンコン …

軒しのぶをおしたじで

 「京ことば」  平安京の時代から1000余年、京都の街は日本の首都であった。  よって、江戸中期までは「京ことば」が日本の標準語であり公用語であった。  でも、「どす」とか「はる」、「やす」は幕末以 …