今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ひき肉 サラダ 料理

合い挽き肉でステーキ風

投稿日:

 

 ハンバーグみたいだけど、ハンバーグじゃない。

 サイコロステーキが、成型肉という「細かいくず肉や内臓の肉などを品種改良剤で柔らかくして、結着剤で固めたもの」だったら、

 合挽肉の方が安くて安心かなと思って試しに作ってみた。

 100g80円ほどの牛豚合挽肉を600g使って、3人分のサイコロステーキを作る。

 適量の塩と、多めの粗挽き黒コショウ。

 そして、大さじ3〜5くらいの片栗粉。

 それだけを混ぜ合わせて練り上げる。

 ハンバーグみたいに玉ねぎとかパン粉とか牛乳とかナツメグとか入れない。

 練るのも空気を抜く感じでギュッと押しつぶす感じ。

 あくまでもステーキを意識する。

 フッ素加工のフライパンで油をひかずにじっくり両面焼く。

 竹串などを刺して肉汁が滲み出てくればOK。

 フライパンには余分な油がたくさん出るので、

 それをペーパーで9割ほど拭き取って、1割残しておく。

 残った油&肉汁に、醤油、みりん、水、砂糖を同量ずつ入れ、

 小さじ2ほどのすりおろしニンニクと、焼肉のタレも大さじ1だけ入れてみた。

 フライパンで加熱してみりんのアルコール分が抜けたらソースの出来上がり。

 ひき肉なので柔らかく食べやすい。

 濃い目のソースも肉にしみ込んでご飯が進む。

 肉の味もしっかりしていて美味しい。

 マッシュポテトは、

 皮をむいたジャガイモ(男爵)を鍋に入れて10分茹でる。

 ボウルに取り出し、マッシャーで潰して、

 バターとオリーブオイルと、塩ひとつまみ、レモンを1/2個分絞った。

 最後に刻んだパセリを入れて練り上げて出来上がり。

-ひき肉, サラダ, 料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

メンチカツ丼

 スーパーのお惣菜コーナーで購入した、1枚70円ほどの厚めのメンチカツ。  昼に食べるつもりが食べそびれて冷蔵庫で冷えて固くなっていた。  そのままトースターで温めて食べてもいいが、卵とじにするとふっ …

ワッフルとあんことチョコレートソース

 見栄えは今ひとつだがご勘弁。  業務用スーパーで買っておいた冷凍ワッフルを  トースターで8分焼いて、  甘さ控えめのあんことチョコレートソース。  ここにホイップクリームと苺やブルーベリー、ラズベ …

厚揚げの照り焼き

 厚揚げはあらかじめグリルで8分ほど焼いておいて、  表面をカリカリにしておいた。  タレは、醤油 大さじ2、砂糖 大さじ2、日本酒かみりん大さじ2、水 大さじ2。  5mmの厚さのカボチャを先に炒め …

4月上旬の常備菜

ゴマサバの味噌煮ブロッコリー(茹で)菜花のお浸し春菊の胡麻ポン酢和えポテトサラダゴボウのサラダきんぴらごぼう(ブロッコリーの皮入り) 息子夫婦に渡す分として。  サバの味噌煮  街の老舗のお惣菜屋さん …

「がんもどき」もどき

がんもどきを作ろうとしたが、豆腐が少量しかなく、 小麦粉で補おうか?片栗粉と卵か?と考えている時に、 野菜室の奥に隠れていた長芋を発見。 それを擦り下ろして、 常備菜のひじき五目煮と合わせ、 卵と片栗 …