今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

報道って

投稿日:

まず、今の報道を否定しようと思っているわけではないけど、

日々の報道って日常生活にどれだけ関係があるのだろうかと考えると、

思ったほど必要ないかもしれないって感じた。

報じ方が悪いとか言う話じゃなくて、その情報を知ったところで日常生活がどれだけ豊かに幸せになるかってこと。

 ネットニュースも、新聞、テレビ、ラジオなどをすべてシャットダウンすると、生活出来なくなるかと言うとそんなことはないと思う。

 逆に報道に振り回されず、要らぬ心配もせず暮らせるような気もすると思うのは、気のせいだろうか?

 緊急事態の時は別として、

 今年の春から辛坊治郎さんがヨットで単独無寄港にて太平洋を往復された。その時は、毎日衛星電話にて天気予報や生存確認やらの連絡は取っていたものの、ニュースでやっているような情報は全く遮断されていたはず。それでもそれが原因で命の危険を感じたこともなく、生活に潤いがなくなったわけでもなく。これは極端な例だからそれは特別ってことだが、どこまで必要なんだろうなって考えてしまう。

 ここ1ヶ月くらいの重要なニュースの項目を見てみても、どれも「知らなくても問題ない」というレベル。

 それこそ新型コロナウイルスの蔓延のニュースを知らなかったとして、家にいて困ることはない。外出した時にマスクなしでお店に入ると注意されるとか、電車に乗った時に視線が痛かったりとかくらい。「どうしてみんな咳もしていないのにマスクをしているのだろう?」と不思議に思うくらいだろうか。

 情報はどこまで知っておくべきなのだろう?

 それより問題なのは、今日のこの雨。

 傘がない、ってことだ。

 君に逢いにいかなくちゃ。

 

 

 

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

毎日発見して、毎日忘れ去っていく

 毎日、何かしら「発見」をしたいと思っている。  どんなことでもいいから、「おっ!」とか「ヘェ〜、そうだったのかぁ」とか。  何かそういう発見があると、とてもうれしい気持ちになるのだ。  少しでも前に …

添乗員同行パレード

 妻が見せてくれた新聞の旅行広告で見つけた「添乗員同行パレード」の文字。  すぐに思い浮かんだイメージは、  「〇〇ツアーの皆さ〜ん! こちらですよー、付いて来てくださ〜い」と、小旗を持った添乗員さん …

おみくじとか占いとか

 子供の頃は引いていたのかな? それさえも覚えていないが、  「おみくじ」やら「占い」やら、あまり興味がない。  それに振り回されるのが面倒なのかもしれない。  家を建てたり、リフォームしたりした時も …

ビールは最初の一杯がうまい

 この寒い時期は飲む機会も少ないが、  晩ご飯に寿司を食べて、  熱い風呂に入った後のビールは格別にうまい。  それも「最初の一杯」は別格にうまい。  ゴクゴクと、香りも確認せずに一気に飲み干して「カ …

大丈夫、大丈夫

 「大丈夫」って、  いろんな意味があるんだなぁ。  「Are you OK?」  「Are you all right?」  「Is this safe?」  「Are we good?」  「Yo …