今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

報道って

投稿日:

まず、今の報道を否定しようと思っているわけではないけど、

日々の報道って日常生活にどれだけ関係があるのだろうかと考えると、

思ったほど必要ないかもしれないって感じた。

報じ方が悪いとか言う話じゃなくて、その情報を知ったところで日常生活がどれだけ豊かに幸せになるかってこと。

 ネットニュースも、新聞、テレビ、ラジオなどをすべてシャットダウンすると、生活出来なくなるかと言うとそんなことはないと思う。

 逆に報道に振り回されず、要らぬ心配もせず暮らせるような気もすると思うのは、気のせいだろうか?

 緊急事態の時は別として、

 今年の春から辛坊治郎さんがヨットで単独無寄港にて太平洋を往復された。その時は、毎日衛星電話にて天気予報や生存確認やらの連絡は取っていたものの、ニュースでやっているような情報は全く遮断されていたはず。それでもそれが原因で命の危険を感じたこともなく、生活に潤いがなくなったわけでもなく。これは極端な例だからそれは特別ってことだが、どこまで必要なんだろうなって考えてしまう。

 ここ1ヶ月くらいの重要なニュースの項目を見てみても、どれも「知らなくても問題ない」というレベル。

 それこそ新型コロナウイルスの蔓延のニュースを知らなかったとして、家にいて困ることはない。外出した時にマスクなしでお店に入ると注意されるとか、電車に乗った時に視線が痛かったりとかくらい。「どうしてみんな咳もしていないのにマスクをしているのだろう?」と不思議に思うくらいだろうか。

 情報はどこまで知っておくべきなのだろう?

 それより問題なのは、今日のこの雨。

 傘がない、ってことだ。

 君に逢いにいかなくちゃ。

 

 

 

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

追い風

 高校時代。  冬の猛烈な季節風の下、40分間の自転車通学。  追い風の時は、帆をあげたい気分だったが、  向かい風の時は、ペダルにのせた足の先に全体重をかけても、  1mmも前へ進まなかったことを覚 …

見切り品

 「見切り品」とか、「おつとめ品」とか、半額セール、ワゴンセール、詰め放題やら、  私もそういうのに弱い。「自分が買わなきゃ廃棄されちゃう!」と思うと、助けたくなってくる。  上の写真、「刻み昆布80 …

映画「蜩の記」

第146回直木賞を受賞した葉室麟の小説を、「雨あがる」「博士の愛した数式」の小泉堯史監督のメガホンで映画化した時代劇。前代未聞の事件を起こした戸田秋谷は、10年後の夏に切腹すること、そしてその日までに …

小さな指のスマホ

 まだ会話もできない1歳数ヶ月の幼児。  大人のスマホを取り上げては画面に指を這わせて遊んでいる。  1歳頃までは、ただトントンと言う風に軽く叩くだけだったのが、 近頃は、「指先を画面にトンと置いてか …

転んだ

 今夜は台風が来るよということで、植木鉢も避難させて、雨戸も締めて自宅待機していたが、外は風もなく雨も降らず、いつもよりも静かな夕暮れ。  しかし、大雨暴風警報は発令されている。  いつものようにウォ …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲