今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

サバ 料理 魚料理

塩サバで安く簡単に鯖寿司を作ってみよう!

投稿日:2020年2月18日 更新日:

 鯖寿司は好きなのですが、買うとなかなか高価だったりします。それなら作っちゃえと思ってスーパーでお手頃な塩さばを買って作ってみました。
 思う以上に簡単で美味しかったですので、ぜひお試しいただけたらと思います。

使用するのは「生サバ」ではなくて「塩サバ」です。

スーパーで「鯖寿司いけます」という塩サバがあれば一番いいのですが、そうでなくても大丈夫です。ノルウエー産の安い塩サバでもそれなりに美味しく出来ます。

 まず塩サバの腹骨と小骨を丁寧に取り除きます。この作業が鯖寿司作りで一番面倒かもしれませんので、包丁と刺抜きなどを使って頑張ってください。

 指の腹で触って骨を感じなくなったらいよいよ酢でシメます。と言っても、ただのお酢に漬けるだけです。米酢でも穀物酢でもそれこそ黒酢でも美味しいです。お好みで砂糖を少々入れる人もいますが、酢だけでも大丈夫です。

 表裏どちらでもいいですが、まず酢に漬けて「15分」。そして「裏返して15分」、合計30分お酢に漬けます。
 漬け終わったらそのサバをラップに包んで冷蔵庫へ入れて6時間待ちます。

 最短で6時間です。

 その間にご飯を炊きます。炊く時に1枚昆布をセットしたお米の上に置いてから炊いてください。より一層美味しくなります。

 6時間以上経過して塩サバがシメサバになり、ご飯も炊けたら「酢飯」を作ります。

 寿司酢を作るのも面倒なら「寿司酢」を買ってもいいですし、粉末の「すしの子」でも大丈夫です。規定量の寿司酢やすしの子で酢飯を作ってください。今回私は簡単にすしの子を使いました。1合のご飯で大さじ1のすしの子です。

 いよいよさば寿司を作っていきます。

 冷蔵庫から取り出したシメサバの縦半分に切れ込みを入れて少し開きます。

 そこへ、ワサビ、白胡麻、千切りの大葉を置いて、おにぎりにした酢飯を乗せていって、鯖寿司の形にしていく。それを巻き簀(まきす)で巻いてギュッと力を入れる。たったそれだけ。これで完成です。

 あとは濡らした包丁で切って食べるだけ。

 いかがですか?思ったより簡単そうでしょ?

 「生サバ」から作る場合は、寄生虫対策などそれなりに神経質にやらないといけない部分がありますが、塩サバで作れば比較的簡単に美味しく作ることができます。

 まずは一度作ってみて、それから自分なりにアレンジして自分の鯖寿司が出来上がったら「お袋の味」「オヤジの鯖寿司」になっていくと思います。まずは試しに作ってみましょう!

 最近作ったさば寿司の記事はこちら→「きずしに出来ます」前編







-サバ, 料理, 魚料理
-,

執筆者:


  1. Aki より:

    サバがふっくらしてて美味しそうです♪
    ここ群馬東部では〆サバ(ぜんぜんふっくらしてませんがw)はありますが、
    塩サバって売っているの見たことありません…
    生サバは仰る通りスリリングです、群馬の生サバなんて特にw
    酢飯に〆サバ乗せたら反則かな^^;
    サバはやっぱ関西に限る!かな?

    • KURI より:

      Akiさん、初コメント!ありがとうございます。
       そちらでは塩サバって売っていませんか?!
       こちらでは当たり前のようにズラリと並んでいるもんですから、どこでもそうなのかと思っていました。数年前にチラッと太田の「とりせん」に寄ったら、塩サバがあったので「あぁ、やっぱりどこにでもあるんだ」と思い込んでいました。塩鮭がどこにでもあるように塩サバもあるとは限らないんですね。こちらで売っているのもメインはノルウエー産です。たまに福井県産の肉厚のがあると最高なんです。私が「海なし県」でしか暮らしたことがないので、海沿いにお住まいの人にとっては「何言ってんの?」って感じかもしれませんね。(^_^;)
       酢飯にシメサバのせても多分大丈夫じゃないのかな?でも、群馬で食べたシメサバのイメージは酢でシメすぎちゃっている感じもしますねぇ。

      • Aki より:

        『とりせん』で見かけましたか!早速探してみます。
        なんせ海なし県なので、子供のころから刺身っていうと、
        思い浮かべるのはシメサバ!
        海沿いの方が聞いたら群馬県人は気の毒になって思うでしょうけど、
        サーモンとか苦手な知人もいるし、実際不憫なのかな…

        • KURI より:

           海沿いで暮らしたことがないっていうのがかなり特異なのかもねぇ。淡水魚は当たり前に食べるし、イナゴや蜂の子もヘッチャラというのが特異かな。
           面白いジビエ料理があると食べたくなるのは、住んでいた環境じゃなくて遺伝子的なものなのでしょうか?「面白い野菜があるんだけど食べてみる?」というのはあまり興味ないけど、この前も白木屋で「カンガルーのガーリック焼き」というのがメニューにあったので、もう迷わず真っ先に注文していました。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

酢の物としての冷しゃぶ

 最初は、長芋を使った酢の物を作ろうと思っていたが、  作っているうちに、冷やしゃぶもキュウリの塩もみもすべて混ぜることになってしまった。  そんな一品。 作り方  長芋は細い短冊切り  キュウリは薄 …

5月中旬の常備菜

季節感があまりない感じになりました 左上 カボチャの甘煮右上 春菊と鶏むね肉の辛子味ぽん和え左下 こんにゃく2種と厚揚げの麺つゆ炒め右下 ほうれん草のごま和え カボチャの甘煮  ・かぼちゃは一口大に切 …

タケノコで4種

タケノコを買ってきたので、いろいろ作ってみます。 下処理  まずは茹でます  大鍋にお湯を沸かして  買ってきたタケノコは  皮を何枚か剥いて  先っぽをざっくり切り落として  鍋に入れて  一握りの …

丸アジの唐揚げ野菜あんかけ

安い丸アジ3匹で大皿料理  大きめの丸アジが内陸のスーパーでも100円以下で買える時、ちょっと豪華に見える大皿料理に。 用意するもの 丸アジ 3匹野菜いろいろ(にんじん、ゴボウ、ぶなしめじ、長ネギなど …

エンドウ豆:豆ご飯と卵とじに飽きたら

 5月に入ってエンドウ豆が出回ると  まずは定番の「豆ご飯」  そして、「卵とじ」  でも、その次がなかなか考え付かない  そこでコレ!  エンドウ豆とトマトとハチクとスナップえんどうのバター炒め温玉 …