今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 散歩

夕暮れさんぽ

投稿日:

 腰を痛めて思うように歩けなかったとか、

 雨が続いて家の中で悶々としていたとか。

 忙しくて自分の時間が取れなかったとか。

 そんな後に、どこも痛いところもなくスタスタと時間を気にせずに、行きたいところに自分の足で歩いて行けることはとても幸せなことだと実感する。

 歩けるうちに歩いておこうと思う。

 特にこの時期は、毎日のように夕焼けが美しく、その夕焼けも毎日違う景色を見せてくれる。こんなアトラクションは他にはないだろう。

 西の比叡山を拝し、東の三上山を拝し、北の伊吹山を拝し、南の音羽山を拝す。

 住宅地は暑くても、湖畔に出ると涼しい風が吹いている。その涼を求めてか、夕暮れになるとたくさんの人が湖畔に集まってくる。

 ヨガをやる人、ジョギングやウォーキング、犬の散歩、ギターを抱えて歌う人、ベンチに腰掛けて語り合う人、子供たちを遊ばせる人、ダンスの練習をする学生さん、演劇の練習する役者さん、管楽器の練習する人、魚釣りをする人など、思い思いの夕暮れ時の時間を楽しんでいる。

 私も雨が降らない限りは、この夕暮れ時の湖岸の散歩を楽しむ。

 つくづくいいところだなぁと感じる。

-ひとりごと, 散歩

執筆者:


  1. Aki より:

    観光地ならではですね~、羨ましい限り

    • KURI より:

      Akiさん
       京都の名所は大体まわったしなぁって人には、大津を起点に三井寺や延暦寺、石山寺をめぐる旅もいいと思うのですけどね。

  2. しんちゃんママ より:

    >夕暮れさんぽ
    ⇒すてきな響き。

     夕焼けって、どこで見てもキレイ。
     ベランダからは丹沢(?)方面に沈む夕焼けがきれいです。
      

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       今までたくさんの夕焼けを見てきたと思うのですが、やっぱり1番の思い出は生まれ育った故郷の夕焼け。次が今住んでいるところの夕焼け。
      若い頃に「この日の夕焼けは絶対に忘れない!」って言ったような気がするのですが、覚えていないです。(^_^;)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

正しい食べ方

 正しい食べ方ってなんだ?ってことだが、  例えばこのラーメンを食べるにあたっても、どんな手順で食べるか人それぞれだと思う。  最初にレンゲでスープを一口含んで味を確認してから麺を食べ始める人もいるだ …

映画「蜩の記」

第146回直木賞を受賞した葉室麟の小説を、「雨あがる」「博士の愛した数式」の小泉堯史監督のメガホンで映画化した時代劇。前代未聞の事件を起こした戸田秋谷は、10年後の夏に切腹すること、そしてその日までに …

イライラしていたのは

  都合の良い台本を書いては、その通りにいかないとイラつく脚本家みたいなもんなのかな?  なんとなく現在わかる諸条件で行けば、きっとこんな感じになるかもね。  でも、結果はいつも違う形になる。  それ …

星ひとつ

 いくつかある「涙腺ソング」のひとつ。  「おかあさんといっしょ」の中で、神崎ゆう子おねえさん作詞、坂田おさむおにいさん作曲で、   ゆう子おねえさんが歌った曲。  たった2分の曲なのに、  その2分 …

匂いの記憶

 すれ違い様にスッと鼻腔を横切った香りは、  瞬時に頭の中のデータベースをパラパラパラと検索し始めた。  どこに仕舞い込んだろう?  確かに以前にも触れたことのあるこの香り。  振り向くとそこにはすら …