今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ライフシフト

夜の散歩

投稿日:

 私にとって朝早く起きて散歩に出かけるのは、なかなかハードルが高い。

 なので、仕事を終えて晩ご飯を作って食べて、お茶をいただいてから着替えて出かける。

 昼間とは別の世界が広がる夜の散歩道は、私にとってはひとつの夢の世界。現実の世界が暗くなっただけではなくて、まったく別のシステムで動いている別の世界だと認識している。

 昨今、メタバースという仮想空間という言葉が広まり出した。どちらかというと私にとっての夜の散歩はそれに近い。

 そこでしか出会わない人、仕事とは違う服装で、違う帽子を被り、違う靴を履いて、昼間とは違うキャラクラーで動き回る。しかも、風を感じることができて、湿度もあり、余計なセンサーなどをつけずに五感を満喫できる。

 現実を感じるのは、ホテルの客室。ひとつひとつ光る客室の窓の中には、現実に動く人間がいる。そのそれぞれに「旅行にきた」という日常とは違う非現実的な時間がある。その違和感がなんとも楽しい。

 今だけのイルミネーションも、仮想空間でよくあるお祭りみたいでいい。

 ひとりになって、脳へのノイズを減らし、頭の中を整理していく。

 健康のために歩いているわけではなく、歩数を稼ぐだけでもない。ポケモン探しでもなく、ただ夜道をさまよう。

 違い世界を漂っているだけで、昼間のキャラクターを脱ぎ捨てて、また別のお気楽なキャラクターで歩く。

 12月に入って気温が下がると、散歩する人の数も減ってくる。ここでしか逢うことがない常連さんとすれ違い「今日も元気に頑張っているな」と確認する。一度も挨拶もしたことがないが、ほぼ毎日顔を合わせる面々。

 昼の仕事中の自分、夜の散歩の自分、家族の一員としての自分、旧友の仲間のひとり、山仲間の相棒、妻にとっての夫、ご近所のおじさんとしての自分など、様々な着ぐるみを着る。

 どれが一番窮屈で、どれが一番動きやすくて、どれが一番気楽なのかも知っている。

 少しずつ窮屈なものは着る時間を少なくして、お気に入りのやつを着る時間を多くしたい。

 好きな時間だけでヒマが埋められたら、それが一番理想なんだけど、

 徐々にそこに近づけていこうと思っている。

-ライフシフト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

寝つき

 物心がついた頃からずっと寝付きが悪かった。  布団に入ってからも、あれこれ不安になって寝られない。  ちょっとした物音で目が覚める。家鳴りが気になるし、時計の音も気になる。  明日のことが気になる。 …

一人歩きと二人歩き

 ひとりで歩くことが好きだ。   一人で音楽を聴きながら歩くのが好き。  道端にある花を見つけて、立ち止まってしゃがみこんで、写真を撮ったりするのが楽しい。  景色を見下ろして、時間を気にせずのんびり …

50代からの自尊心

 50過ぎまで生きてくると、ほんの少しの成功話と数多くの失敗話を酒を飲みながら語れるようになってくる。そして、それを気持ちよく後輩に話しては鬱陶しがられるのも悲しい現実であったりする。  自分の数少な …

妬み

 電車に乗って車内を見渡す。  マスクをしていない人はいないかどうか、自然とそんなところをチェックしている自分がいやだ。  ほぼみんなマスク着用しているのに、一人だけ着用していない人を見つけると自然と …

日記

パソコンに日記を書き始めてもう6年になる。  最初はスマホの1日3行ほどの日記だったが、そこからEvernoteに書くようになり、そして現在のApple純正アプリの「メモ」に移行した。  途中半年くら …