今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ライフシフト

夜の散歩

投稿日:

 私にとって朝早く起きて散歩に出かけるのは、なかなかハードルが高い。

 なので、仕事を終えて晩ご飯を作って食べて、お茶をいただいてから着替えて出かける。

 昼間とは別の世界が広がる夜の散歩道は、私にとってはひとつの夢の世界。現実の世界が暗くなっただけではなくて、まったく別のシステムで動いている別の世界だと認識している。

 昨今、メタバースという仮想空間という言葉が広まり出した。どちらかというと私にとっての夜の散歩はそれに近い。

 そこでしか出会わない人、仕事とは違う服装で、違う帽子を被り、違う靴を履いて、昼間とは違うキャラクラーで動き回る。しかも、風を感じることができて、湿度もあり、余計なセンサーなどをつけずに五感を満喫できる。

 現実を感じるのは、ホテルの客室。ひとつひとつ光る客室の窓の中には、現実に動く人間がいる。そのそれぞれに「旅行にきた」という日常とは違う非現実的な時間がある。その違和感がなんとも楽しい。

 今だけのイルミネーションも、仮想空間でよくあるお祭りみたいでいい。

 ひとりになって、脳へのノイズを減らし、頭の中を整理していく。

 健康のために歩いているわけではなく、歩数を稼ぐだけでもない。ポケモン探しでもなく、ただ夜道をさまよう。

 違い世界を漂っているだけで、昼間のキャラクターを脱ぎ捨てて、また別のお気楽なキャラクターで歩く。

 12月に入って気温が下がると、散歩する人の数も減ってくる。ここでしか逢うことがない常連さんとすれ違い「今日も元気に頑張っているな」と確認する。一度も挨拶もしたことがないが、ほぼ毎日顔を合わせる面々。

 昼の仕事中の自分、夜の散歩の自分、家族の一員としての自分、旧友の仲間のひとり、山仲間の相棒、妻にとっての夫、ご近所のおじさんとしての自分など、様々な着ぐるみを着る。

 どれが一番窮屈で、どれが一番動きやすくて、どれが一番気楽なのかも知っている。

 少しずつ窮屈なものは着る時間を少なくして、お気に入りのやつを着る時間を多くしたい。

 好きな時間だけでヒマが埋められたら、それが一番理想なんだけど、

 徐々にそこに近づけていこうと思っている。

-ライフシフト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

インプット

 30年前、私の情報入手先は、新聞とテレビニュースとFMラジオとパソコン通信だった。  今は、インターネットとポッドキャスト。そして、嗜みとしてNHKニュース。  老眼が進行してからは、あれだけ好きだ …

自分って

 自分には性格的にいろいろな面がある。 多分みんなもそう。 やさしいところもあるし、厳しいところもある。 ある男が人質をとって銀行に立て籠もった。警察が説得するが投降しないしない。お母さんが呼び出され …

AIと株

何気なく株式チャートを見ていた ある「鉄道株」が下がってるなぁって見ていたら こっちの地域の鉄道株はどうなんだろう?って見てみると ほぼ同じチャートだった ピークの位置やら上昇する時間から下落する時間 …

今がいちばんいい、と答えよう

 新型コロナウイルスの影響は、私個人的には収入の大幅減はあったものの、どうにか仕事は続けられそうだ。定額給付金のおかげも大きい。  子供の結婚式もギリギリ執り行うことが出来たし、孫の出産も滑り込みセー …

「老いるショック」

 最初にみうらじゅん氏がこの言葉を生み出したのかもよく知らないが、この単語で検索するとみうらじゅん氏の名前が出てくる。  老いを日々実感することでのショックは、心もじわじわと傷つくところもあるが、その …