今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

大泉洋さんの5本

投稿日:

 大泉洋さんの作品は好きでよく見る。

 ここ最近だけでもこの5本。

 どれもほぼハズレがない。

 ここではそれぞれのレビューは書かないが、どれも面白い。

 画像は貼らなかったが、「清洲会議」も楽しいし、「青天の霹靂」のマジックも見事なものだった。

 「駆込み女と駆出し男」も上手に演じていたし、「アフタースクール」「探偵はバーにいる」もよく出来た映画だった。

 「水曜どうでしょう」にはじまって、要は大泉洋さんの作品がどれも好きなんだな。

 凄いのに、凄くないように感じさせて、実はとっても凄い。

 常に明るく人を笑わせ、ダメ人間のように見せて、とても堅実であり、

 いい加減なようで緻密である。でもそれを感じさせない凄さ。

 なんなのでしょう、この人は。

 家でひとりになると、不安で心配で震えているのでしょうか?

 それとも、必死に準備していつもギリギリの綱渡りを楽しんでいるのでしょうか?

 いい加減でチャランポランで、準備などしなくても、その場の雰囲気で直感で動ける人なんでしょうか?

 どちらにしても稀有な人なのでしょう。

 これからもいろいろな作品で楽しませていただきたいものです。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「死ぬまでにしたい10のこと」

清掃の仕事をしている23歳のアン(サラ・ポーリー)は、夫のドン(スコット・スピードマン)と、二人の娘とトレーラーハウスで暮らす主婦。しかしある日、突然の腹痛に倒れ、トンプソン医師(ジュリアン・リチング …

映画「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発」

 第1弾『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』主演中井貴一、第2弾『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』主演三浦友和に続く「RAILWAYS」シリーズ第3弾。  第3弾の …

映画「今日も嫌がらせ弁当」

上の画像がすべての内容なのだが、 それなのに最後の30分は泣きっぱなしだった。  この映画は何と言っても「芳根京子」。この女優さんを最初に見たのは朝ドラの「べっぴんさん」。その前にも「花子とアン」で出 …

映画「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~」

「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。イギリス南西部に住む青年ティムは自分に自信がなく、 …

映画「持たざるものが全てを奪う HACKER」

 希望を胸にアメリカに移民した夫婦とまだ小さな息子。住宅ローンを抱えて立派な家を持ったが、父は定職に就けず酒浸り、母はひとりで銀行で働いてどうにか生活していた。息子は母のパソコンがおもちゃで、学生時代 …