今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

大泉洋さんの5本

投稿日:

 大泉洋さんの作品は好きでよく見る。

 ここ最近だけでもこの5本。

 どれもほぼハズレがない。

 ここではそれぞれのレビューは書かないが、どれも面白い。

 画像は貼らなかったが、「清洲会議」も楽しいし、「青天の霹靂」のマジックも見事なものだった。

 「駆込み女と駆出し男」も上手に演じていたし、「アフタースクール」「探偵はバーにいる」もよく出来た映画だった。

 「水曜どうでしょう」にはじまって、要は大泉洋さんの作品がどれも好きなんだな。

 凄いのに、凄くないように感じさせて、実はとっても凄い。

 常に明るく人を笑わせ、ダメ人間のように見せて、とても堅実であり、

 いい加減なようで緻密である。でもそれを感じさせない凄さ。

 なんなのでしょう、この人は。

 家でひとりになると、不安で心配で震えているのでしょうか?

 それとも、必死に準備していつもギリギリの綱渡りを楽しんでいるのでしょうか?

 いい加減でチャランポランで、準備などしなくても、その場の雰囲気で直感で動ける人なんでしょうか?

 どちらにしても稀有な人なのでしょう。

 これからもいろいろな作品で楽しませていただきたいものです。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「はなちゃんのみそ汁」

乳がんを患う千恵(2008年に33歳で死亡)の闘病とその最中に出産した娘のはな、夫の信吾の生活を綴ったブログ『早寝早起き玄米生活(ハンドルネーム:六本松さくら)』の書籍化作品。千恵の死後、西日本新聞社 …

映画「弥生、三月 君を愛した30年」 レンタルDVD

 「いい映画だったよ、観る?」  と妻が借りたDVDを手渡され、ジャンルもあらすじも何も知らないまま鑑賞。  それだけに油断していた。  2020年3月20日公開という最悪のタイミングで、こんなにいい …

映画「1917 命をかけた伝令」

 第一次世界大戦の最中。イギリス軍とドイツ軍の最前線。  上官から「一人を誘ってちょっと来い」と呼ばれる。隣にいた戦友を誘って上官の元へ行くと、「敵軍が前線から撤退したのは罠だ。最前線の部隊は明朝撤退 …

映画「好きっていいなよ。」

友人も恋人も作らずに生きてきた16歳の女子高生・橘めいは、ある日、学校一のイケメン・黒沢大和に過ってケガをさせてしまう。しかし、大和はめいを気に入り一方的に友だち宣言した上、ピンチから救うためにキスを …

映画「アデライン、100年目の恋」

 アデラインと言う主役の女性(ブレイク・ライヴリー)は、ある時に事故に遭い死亡するが、その直後に雷に打たれて高電圧を受けることで、心臓が再び動き出し、また遺伝子に変異が起こり「老化しない」身体になり、 …