今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト 生活

妬み

投稿日:

 電車に乗って車内を見渡す。

 マスクをしていない人はいないかどうか、自然とそんなところをチェックしている自分がいやだ。

 ほぼみんなマスク着用しているのに、一人だけ着用していない人を見つけると自然と0.数秒間視線が止まってしまう自分がいやだ。

 あの感覚はなんなのだろう?

 衛生的にどうだとかそういう問題ではなく、

 小学生の頃に、みんな整列しているのに一人だけ列から外れて好きなことやっている児童を見るような目。

 「先生に叱られればいいのに」って思っている。

 でも先生は見て見ぬ振りしてその児童は一向に列に並ぼうとしない。

 自分だって我慢して列に仕方なく並んでいるのに、なんでアイツは好きにしているのだろう? そんなことを考えている自分がいやだ。

 芸能人が不倫をして週刊誌やテレビやネット袋叩きに合っている。

 自分には関係ないはずなのに、どうしてみんなあれほど怒っているのだろう?

 「自分だって出来ることなら不倫や浮気をしたいのに。あんな可愛い子といい事しやがって!」という気持ち。

 正義や道徳やモラルなんてことじゃなくて、

 ただの「やっかみ」。

 「それならお前だってやったらいいじゃないか!」

  そこで意地を張ってマスクをしなかったり、不倫をしたりする方が面倒なことになるから、やめておくわ。

 だったら文句を言わなくても。

 マスクをしなくても、大声で叫んだり咳をしたり飛沫を飛ばしている訳でもなく、大人しく口を閉じて会話もしていないのなら誰にも迷惑はかからない。マスクをしていても大声で喋っている方がよほど飛沫が飛ぶ。

 浮気や不倫をしてもそれはそれぞれの家庭の問題で、世間がどうこういう問題ではない。社会的に影響のある人物だからというなら、報道しなければいいじゃないか。

 マスクをする理由の多くは「みんながしているから」。

 「ゲーム買ってよ! みんな持っているんだよ。」

 「よそはよそ。うちは買いません。」

 でも社会に出ると、

 「みなさんそうされていますよ」「みなさんこれを選びますよ」「みなさんそれを買われますよ」

 と言われたら、「それじゃぁ」ってそれに従ってしまう。

 それが無難だから、そうしたくなくてもそうしてきた。

 一度や二度は、そこから脱して「俺は俺の生き方でいく!」とやったこともあるだろう。しかし、多くの人は出る杭は打たれ、大人しくしている方が安心・安全で暮らせることを学んでしまう。

 そして最後死ぬ間際になって、もっと自由に他人のことを気にせず生きたいように生きれば良かったと思うのだろう。

 これからの残りの人生、自分の生きたいように生きることは出来るのだろうか?いろいろと言い訳つけて、出来ない理由を並べられるだけ並べて、動かずに人生終わるのだろうか?

 自分は一体何をやりたいのだろうか?



-ライフシフト, 生活
-, ,

執筆者:


  1. Aki より:

     なにか生活にストレスがかかると、それから目を逸らしたくなって他の事(大型自動二輪免許取得とか)をやったりするけど、実際のところそんな外因がなければ何もやりたくないんじゃないかな…
     山歩きにしても少しくらい運動しとかないと、後々足腰弱くなって困るのもなんだからしかたなくやっているに過ぎないような気がします。
    本当にやりたいこと?無理に考えても答えは出ないでしょう、そのうちふと湧いて出てくることもあるかと・・・

    • KURI より:

      Akiさん
       山歩きはいい趣味を教えてもらったなぁって思います。特にこちらでは自宅から歩いていけるところも多いし、登山口や下山したところに鉄道駅があるので楽しめます。
      何かにつまづくと山に入ってリフレッシュできるって、優秀なかかりつけ医を持っているような感覚です。(^_^)

  2. Aki より:

     近頃吉田類をMCにしてNHKで『日本百低山』ってのが始まりました、昼休み再放送で房総の鋸山をやってました、ゲストは南果歩(ちょっとビックリかな)。
    なんで吉田さんは山に登るのですか?って質問に、『山に登っていると日頃失敗失敗してもめげなくなる』と回答。なんとなくわかる感じはするかなぁ、冬以外はいつも周りの足を引っ張ってるけど、だんだんそれに慣れている自分がいます、精神的にしぶとくはなるよね、といって頑張ってるわけでもないけど・・・
    BS入れば今現在放送中です

    • KURI より:

      『日本百低山』ですか、タイトルからして面白いですね。
      どうして山に登るか? 私は、歩いている時、山を登っている時の自分の思考が好きだからです。街にいるといらんことばかり考えて不安になってばかりだけど、自然の中を歩いている時はプラス思考でとてもクリエイティブになります。
      あんなことしてみたい、こんなことやりたい、いろいろなアイデアが次から次へと出てきて楽しい。健康のため、足腰のため、痩せたいためという感覚はあまりないです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ピンポイントの雨

遠くの山の真っ白いところ。 かなりの雨が降っているようです。 湖岸には冷たい風が南東から北西へ吹き抜ける。 写真の右後ろから、真っ白のところに向かっていく。  雨雲レーダーの「湖西線」の左側の紺色の部 …

 帰省した時に母が出してくれた料理は・・・

 30代  結婚して、子供ができて、その子供たちも小中学生になり、大勢で実家へ押しかけ帰省した  楽しみに待っていてくれた両親。 満面の笑みで迎えてくれた。前日から人数分の布団を干したり、食器も出して …

花を振り向けば

 花を振り向けば  いつも見送る目がある  花を振り向けば  いつもやさしい言葉がある 「いってらっしゃい!」の手を振る笑顔  どれほど大切なことか  これが今生の別れとなるかも知れぬ  不機嫌で別れ …

微妙とは

「昨日紹介したあの人どうだった?」 「う〜ん、ビミョーかなぁ?なんかピンと来ないんだよねぇ。」 「微妙」と言う言葉は、マイナスイメージで使われることが多い。 昨日は三井寺を歩いた。  金堂から観音堂に …

面白すぎ!「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」

 昨日はブログを書き忘れるほど、このゲームにのめり込んでいる。  「ゼルダの伝説 ブレワイ」とはまったく違う系統のゲームだが、これは病みつき。  何より中毒性がある。  大昔にパチスロにハマったことが …