今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

常備菜 料理

娘と作る5月の常備菜

投稿日:

 連休初日

 娘の運転で野菜直売所→肉屋さん→スーパーマーケットといつものコース

 4人分1週間の食材として

  • 野菜直売所 2,000円
  • 肉屋さん  2,000円
  • スーパー  5,000円

 1万円は超えないようにと思っている

 野菜はいつも「道の駅」で買っていたが、今回のコロナ禍にてGW中は休業。近くに野菜直売所があったので本当に助かった。百貨店の軒下を借りての日曜朝市も休んでいるので、この野菜直売所は貴重だ。

  • スナックえんどう
  • ポテトサラダ
  • ひじき煮
  • 切り干し大根煮

 毎回似たような常備菜だが、今回はこの4種類

 100本ほどのスナップエンドウのスジ取りからスタート

 娘と二人でひたすら「プチ、シューッ、プチッ、シュー」とを繰り返す

 終盤は右手の親指の爪が痛くなってきた

沸騰したお湯にひとつまみの塩を入れて

2分間茹でて

冷水に落とす

冷えたらザルにとる

 切り干し大根は、水で15分間戻す

 ひじきも多めの水で戻しておく

 その間に、ニンジン、油揚げ、ちくわ、ゴボウなどの野菜をひたすら細かく切る作業

 炒めて、出汁を入れて、蓋して弱火でグツグツしている間に

 ポテトサラダの準備

 ジャガイモ、玉子、ニンジン、マカロニを茹でる

 キュウリと新玉ねぎはスライスして塩をふり

 ハムは切っておく

 義母さんもこの大きなボウルでポテトサラダをたくさん作っては、いつもお裾分けしてくれていた。

 今は私と娘で作って、息子夫婦にお裾分け

 味付けは

  • 塩・コショウ
  • 砂糖少々
  • 練りからし
  • 粉チーズ
  • 味の素
  • ラッキョウの酢漬けやキュウリのぬか漬けがあれば刻んでいれる

ここで一度味見してみて

ほぼOKなら、マヨネーズを入れて仕上げる

 マヨネーズは入れすぎるとベチャベチャになるので注意

 いれる食材もできるだけ水分を抜くこと

 キュウリ、玉ねぎはしっかり塩もみしてギュッと絞る

 前回は最後にシナモンを少しふったらとても爽やかになった

 マカロニは茹で上がったら、オリーブオイルでコーティングしてから塩胡椒

 毎回、微妙に違う味付け、違う材料を使って飽きないようにしている

 娘も常備菜作りが数回目となり

 少ない言葉だけで動けるようになってきている

 若いだけあってコツを掴むのが早い

 娘4人いて、みんなに料理のことを教えるのはむずかしい

 ここしばらくはこの3番目の娘と料理をやっていく

 それが今一番楽しい時間なのだ









-常備菜, 料理
-, , , , , , ,

執筆者:


  1. まお〜 より:

    こんにちは。
    どのお料理もとても美味しそうですね。
    最後のお言葉
    「それが今一番楽しい時間なのだ」
    とても心に刺さります。(^^)
    幸せってそういうものなのでしょうね。

    • KURI より:

      まお〜さん
      コメントありがとうございます。
      娘がみんな出て行ってしまって、最後のひとり娘との時間がとても愛おしいです。
      付き合ってくれる娘に感謝です。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

赤魚と厚揚げの煮付け

見切り品の赤魚の切り身。 これまた見切り品の厚揚げと一緒に濃い目に煮つけてみた。 煮汁は簡単に、麺つゆと砂糖だけ。 春菊とエノキダケも入れてみた。 濃いめの味なのでご飯がすすむ。 彩りもよく簡単ですぐ …

かき揚げ

 若い頃、それも小学生の頃は、  かき揚げよりもエビ天とかカボチャ天とかサツマイモ天が好きだったけど、  20代くらいから、かき揚げが大好きになった。  立ち食いそばは、エビ天蕎麦なんて注文したことは …

キャベツ炒め

 学生時代からキャベツ炒めって好きだった。  サラダ油で炒めて、塩と味の素だけ。  黒コショウを入れてもいいけど、これはなくてもいい。  ただ、「味の素」が無かったらこのメニューを作らない。  それく …

サッポロ一番「塩ラーメン」

 中学高校時代の夜食、大学時代の一人暮らしでよく食べていたサッポロ一番塩ラーメン。  インスタントラーメンの中でこれが一番好きかもしれない。  スーパーで5袋198円の袋麺を買うことも多かったが、   …

枝豆ごはん

 豆ごはんは、旬の時に年に1〜2回は作るが、枝豆ごはんあまり作ったことがない。  この日はすでにご飯が炊き終わった後に思いついて、作り始めた。  枝豆は沸騰したお湯で4分ほど塩茹でしてから、サヤから取 …