今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

草花

嫌われ者らしいけど可愛いカタバミ

投稿日:

 本当にどこにでも生えているよね

 名前を知らない人も多いと思う

 四葉のクローバーと勘違いしている人もいると思う

 これは「カタバミ」

 漢字で書くと「酢漿草」「片喰」

 葉っぱや茎が酸っぱいから「酢漿草」 

 シュウ酸が含まれているらしい。これで硬貨を磨くとキレイになるから「銭ミガキ」とも呼ばれる

 夜になると、ハート型の葉が閉じて半分食べられちゃったみたいになるから「片喰」とも

 四葉のクローバーは、葉の形がハートじゃないんだよね

 シロツメクサとかが四葉のクローバーのやつ

 このカタバミは、ホームセンターでパンジーの苗を買ってきて、植木鉢に植えると

 なぜかそのパンジーの脇からこのハート型の葉っぱがヒョロヒョロって出てくる。

 取ってもまたいつしかヒョロって出てくる

 君は一体どこからやってくるのか?

 不思議なやつだ

 花の色も、最初の写真のようにピンク色もあれば

 こんな小さくて黄色いのもある

 どこの道端にも咲いているものでなく

 とっても貴重で、世界に一つしかない花だったら

 誰も見たことがない花だとしたら

 

 そんなことを考えると、愛おしさが倍増する

 でも今この日本では

 いわゆる「雑草」と呼ばれていて

 あっさりと引っこ抜かれて捨てられて

 みんなから嫌われ者だったりする

 都合の悪い存在なんだろうな

 「雑草」なんて呼ばれてさ

 そんなこと考えているのかな?

 「どう?私ってきれいでしょ?」って咲いているようにしか見えないんだけど

 私は好きだよ

 カタバミって



-草花
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

紫陽花の紅葉

 紫陽花の花が萎れてきたら  葉が紅葉しだした  あれだけ元気に幾つもの大輪の花を咲かせてくれて  今度は、これから葉を落としていくその前に  ほのかに赤く染めた葉は、はにかむ乙女の頬のよう  大仕事 …

ガジュマルと幸せの木

 1年前はこんな感じだったガジュマル。  今では・・・  2回植え替えして、2回目から一気に大きくなった。  その成長にちょっとビビってる。 もうひとつ、これも最初はたった10cmほどのゴボウだったの …

御衣黄桜(ギョイコウ)

 如意ヶ嶽から京都山科の毘沙門堂に下ってきた時に、  見事に満開だった御衣黄桜。  薄緑色の珍しい八重桜。  毘沙門堂の裏手にある、墓地に向かう舗装道路の脇に1本だけ。  今まで何度も通っている道だっ …

娘から「JKかよ」って言われるが

 食べる前に料理の写真を撮影したり  お花を飾ったり  それを撮影して悦に入ったり  以前からこんなことをやっていたわけではなく  40代後半からだろうか?  お花を育てるようになって  それを切って …

くっつき虫(荒地盗人萩)

 年に一度の一斉清掃が、  今年は例の事情で中止になってしまったために  いつも雑草が生い茂ってしまう場所の草刈りを有志だけでやることになった。  と言っても、みんなに声をかけたので、ほぼいつものメン …