今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

料理 生活

子に料理を教える

投稿日:2020年4月27日 更新日:

娘が最初にひとりで作った玉子焼き。塩コショウもしていない、ただフライパンで焼いただけ。

 子供には料理ができるようになって欲しいと

 小さい頃から包丁を持たせたりしていたが

 結局、何も作れる料理がないまま家を出ていった

 そんな感じの家も多いと思う

 我が家も同じ

 今回のコロナ騒ぎでの自宅待機

 家で昼夜逆転のダラダラ生活

 こちらもイライラするばかりなので

 思い切って家のことをやってもらうことにした

 掃除・洗濯、そして料理

 この際、ひとりで生きていけるように

 最低限の家事を教えることにした

 幸いだったのは、本人も昼夜逆転のダラダラ生活を

「このままじゃダメだ」と思っていたこと

 思いの外、こちらの提案に乗ってきてくれた

 翌日の朝から早起きして、洗濯物を干す

 掃除して、昼ごはんの準備、そして後片付け

 午後3時には洗濯物を取り込んで、たたんで収納

 私たちが帰宅したら一緒に晩ご飯を作る

 週末は一緒に食材を買いに行き

 一緒に1週間分の常備菜を作る

 ひとりで3人分作った焼きそばは、入れた水が多過ぎてベタつき、塩加減、ウスターソースの量が多かったのか、やや辛過ぎと言っていた。

 それでも毎日毎日みるみると上達していく

 本人も色々と作れるようになるのがうれしいようだ。

 そして、近くに住む息子夫婦のところにお裾分けとして持っていくのが楽しみでもあるみたいだ。

 教えるコツというのもよくわからないが、

 自分に言い聞かせているのは、

  • 最初から最後まで全て本人やらせる
  • 下手でも「ちょっと貸して!」って取り上げない
  • 「下手くそ!」「そんなことも知らないの?」「そんなことも出来ないの?」と言わない
  • 失敗はいい勉強だと思わせる
  • 何か自分なりのアレンジをさせる

 大まかな手順を教えて

 材料の切り方も最初だけ切って見せて

 手順ごとにアドバイスすれば

 上の写真の切り干し大根の煮物もこんなに上手に作ることが出来る

 息子夫婦のところに「お裾分け」して

「すごいね!」「おいしかったよ」と言われると次への励みになる

 その繰り返しで料理が楽しくなってくれればうれしい。

 今がいいチャンス!

なんだぁ、料理ってそんなに難しくないだねって思ってくれたらうれしい

 そして、料理に正解なんてないし

 「美味しい」と思ったらそれでいい

 失敗してもまた明日がある

 これから毎日毎日

 作って食べて、作って食べてを繰り返していくんだ

 どうせなら美味しいもんを食べたい

昨夜は定番の鶏むね肉の照り焼き

家族に誰かひとりでも料理が上手な人がいたらラッキーだもんね

家族みんなが毎日おいしいものを食べられる

みんなを笑顔にできたら、これほどうれしいことはない

誰かの役に立てるってうれしいもん

毎日の「美味しかった、ご馳走様!」のために







-料理, 生活
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【簡単】白菜を漬けてみた!

 白菜のお漬物は冬の定番。これさえあればもう何もいらないという人もいるかと思います。  私も大好きなのですが、スーパーで買うと1回分で200円弱くらいしちゃいます。それなら昔、母やお婆ちゃんが漬けてい …

鶏むね肉と春菊のオリーブオイル炒め

 春菊は鍋料理で使ったり、茹でてから和え物が好きです。特によく作るのが豚薄切りと茹でた春菊を和えてポン酢で和えるのは頻繁に作る料理です。でも今日は炒め物を作ってみます。 用意するもの 鶏むね肉 2枚春 …

山のおにぎり

 山に持っていく昼ごはんは、  最近「おにぎり」の頻度が高い。  以前は、「山メシ」ってことで、山頂で豚汁作ったり、スパゲティーやうどん、ラーメンなどを作ったりしたが、  ある時から弁当を持っていくこ …

「きぼう」の光

 「きぼう」の光は、数日前が一番よく見えたらしい。  昨日は娘と一緒に「きぼう」を見に外にでた。  午後7時40分過ぎに北北西の空に「きぼう」は現れて、北東へと上空を飛ぶ。  東の空には、満月が雲の向 …

昨夜のパーティーメニュー

 昨夜は、娘の誕生日や別の娘が帰省を終えて帰っていく送別会を兼ねてミニパーティー  息子夫婦も孫を連れて駆けつけてくれたので、6人+赤ちゃんで賑わった  作る時間は1時間  ツバスの短冊はお造りに。大 …