今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

安心・安全

投稿日:

 死後の世界を見てきたと言う人はいるが、今現在死後の世界にいると言う人と会った事はない。

 死後の世界を見てきたと言う人は、本当にそう信じているのか、嘘をついているのかわからないが、もっともらしく話したりする。

 死後の世界の人とコンタクト出来る人もいる。「あなたの亡くなったお婆さんが、お墓参りに来てくれないと寂しがっていますよ。今のそのご不運はそこからきているのかもしれません。」などともっともらしく言う。

 そう言われたらなんだかそれっぽい気持ちになってしまって、「どうしたらいいのでしょう?」となる。

 「小さな仏壇を作って、そこにお婆さんをお祀りして、毎朝お水をあげて”ありがとう”と念じましょう。」

 このような話は、何かで不安になったり、不運なことが起こった時に必ずと言うくらい耳にする話だ。

 そう言った話を全否定するつもりもないが、聞く方も話半分くらいにした方がいいと思っている。

 「でもね、不思議とそうすると良い事が起こるようになるのよ」

 「信じるも信じないもあなた次第です」

 と、それっぽく修飾する。

 目に見えないものの存在を意識する事は確かにある。

 家にいても「あ、いま部屋の前を誰か通っていった」とか、

 学生時代には一人で部屋にいてはっきりと肩を「トントン」とたたかれた。

 思わず「何?」って声に出したほどだ。

 あれ?そういやひとりだった。

 特に怖いとも思わず、不思議なこともあるもんだと思うくらいだった。

 その話を酔った時の話のネタにするくらいならいいが、不気味に思ってその手の人に相談すると、

 「それは亡くなったお婆さんです」と知りもしないで言い切ったりする。

 「しばらくお墓参りに行っていないでしょ? 呼ばれていますよ。寂しがっていますよ。」

 そう言う人の弱みにつけ込むようなのは、ただの「脅迫です」。

 お願いです。「呪いをかけないでください」

 本名を言ったり、家族構成やら誰が生きていて、誰が死んでいるかなどの情報を渡すと、

 呪いをかけやすくなると言うのもわかる気がする。

 「保険に入っていれば安心ですよ」の裏返しは、

 「保険に入っていないと、もしもの時に恐ろしいことになりますよ」と言う呪いだ。

 「安心・安全」は、裏を返せば、恐怖の呪いとも言える。

 未来のことなど、誰にもわからない。

 

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

焚火がしたい

 子供の頃は毎週のように「火燃し(ひもし)」をしていた。  毎週当たり前にやっていたことで、  日曜日の午前中にラジオを聴きながら楽しんでいた。  西田敏行さんと松崎しげるさんの名コンビの番組が楽しみ …

回覧板

 回覧板というシステムは、私が子供の頃から現在までほぼ変わらないシステムのような気がする。都会では今どうなっているのかわからないが、少なくとも私の居住環境では変わっていない。  回覧板を廃止したという …

字引き

 向こうのブログでも書いたが、先日「方丈記」を読んだ。  古語辞典やら漢和辞典やらを引っ張り出して、ネットのGoogle マップとか合わせながら読み進めていくのが、やたら楽しくて夢中になった。  漢和 …

考えるための持久力

 若い時ほど悩めなくなった気がする。  それは良いことであって、それを嘆くことでもなく、まして悩むことでもないとも思う。  「私、むずかしいこと考えていると眠くなってくるのよねー」  そういう妻をうら …

探し物はいつもそばにある

 妻 「あ、職場にスマホを忘れてきちゃったかも! 私 「最後に見たのはどこ? 家のどこかにあるんじゃない? 電話かけて鳴らしてみようか 妻 「絶対にそれはない!! 間違いなく職場に忘れてきた!」 私  …