今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ひとりごと

安心・安全

投稿日:

 死後の世界を見てきたと言う人はいるが、今現在死後の世界にいると言う人と会った事はない。

 死後の世界を見てきたと言う人は、本当にそう信じているのか、嘘をついているのかわからないが、もっともらしく話したりする。

 死後の世界の人とコンタクト出来る人もいる。「あなたの亡くなったお婆さんが、お墓参りに来てくれないと寂しがっていますよ。今のそのご不運はそこからきているのかもしれません。」などともっともらしく言う。

 そう言われたらなんだかそれっぽい気持ちになってしまって、「どうしたらいいのでしょう?」となる。

 「小さな仏壇を作って、そこにお婆さんをお祀りして、毎朝お水をあげて”ありがとう”と念じましょう。」

 このような話は、何かで不安になったり、不運なことが起こった時に必ずと言うくらい耳にする話だ。

 そう言った話を全否定するつもりもないが、聞く方も話半分くらいにした方がいいと思っている。

 「でもね、不思議とそうすると良い事が起こるようになるのよ」

 「信じるも信じないもあなた次第です」

 と、それっぽく修飾する。

 目に見えないものの存在を意識する事は確かにある。

 家にいても「あ、いま部屋の前を誰か通っていった」とか、

 学生時代には一人で部屋にいてはっきりと肩を「トントン」とたたかれた。

 思わず「何?」って声に出したほどだ。

 あれ?そういやひとりだった。

 特に怖いとも思わず、不思議なこともあるもんだと思うくらいだった。

 その話を酔った時の話のネタにするくらいならいいが、不気味に思ってその手の人に相談すると、

 「それは亡くなったお婆さんです」と知りもしないで言い切ったりする。

 「しばらくお墓参りに行っていないでしょ? 呼ばれていますよ。寂しがっていますよ。」

 そう言う人の弱みにつけ込むようなのは、ただの「脅迫です」。

 お願いです。「呪いをかけないでください」

 本名を言ったり、家族構成やら誰が生きていて、誰が死んでいるかなどの情報を渡すと、

 呪いをかけやすくなると言うのもわかる気がする。

 「保険に入っていれば安心ですよ」の裏返しは、

 「保険に入っていないと、もしもの時に恐ろしいことになりますよ」と言う呪いだ。

 「安心・安全」は、裏を返せば、恐怖の呪いとも言える。

 未来のことなど、誰にもわからない。

 

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大変なもんだな

 もしかしたら最初は健康のためにってはじめたことかもしれないけど、  いつの間にやら大会に出るようになって、  勝ちたいってことになって、  勝たなきゃいけないってなって、  負けられないってないって …

心に爪楊枝

歯の隙間にものが挟まると気になって仕方がない、 そこを避けようとして食べると 食べ方まで変わって口の中あちこちに支障を来たすようになってしまう。 歳と共に、そんな隙間が多くなってきたように思う。 心も …

仏壇

 義母がひとりで仏壇のお世話をしてきたが、  その義母が亡くなってからはこちらが受け継ぐことになった。元々妻の実家のことであるから、宗派も異なるしやり方が全くわからない。  お彼岸だとか盆や正月では、 …

インプット

 30年前、私の情報入手先は、新聞とテレビニュースとFMラジオとパソコン通信だった。  今は、インターネットとポッドキャスト。そして、嗜みとしてNHKニュース。  老眼が進行してからは、あれだけ好きだ …

椿や山茶花

 山科駅から毘沙門堂の裏を抜けて大文字山へ入ろうとした道に、  花首から落ちた椿がぼとりと落ちていた。  まだそのまま飾りたいくらいの美しさが残っているのに、  「私の美しさはもう終わり。少しずつ衰え …