今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

小さな指のスマホ

投稿日:

 まだ会話もできない1歳数ヶ月の幼児。

 大人のスマホを取り上げては画面に指を這わせて遊んでいる。

 1歳頃までは、ただトントンと言う風に軽く叩くだけだったのが、

近頃は、「指先を画面にトンと置いてから上下左右にスライドさせる。」

 大人のやり方をしっかり観察しているのだろう。

 これをやられると、

 「削除」が出来てしまう。

 知らないところに電話をしてしまったり、

 知らないところへ送ってはいけないものを送ってしまったり。

 こんな小さい子用のアプリと言うのもすでにあって、

 画面上に大きな木のイラストが表示されて、その木にはりんごやミカンがある。

 その果実をタップすると派手な効果音と共に木から落下すると言う単純なゲームなのだが、

 夢中になってやっている。

 指使いも、もう大人さながら。

 そのうちに、

 言葉を話す前に、

 文字を打ち込みそうで怖い。

 今も、自分の気持ちをうまく言葉表せないもどかしさでイライラしているのがわかる。

 「言葉」が先で、「文字」があとからだと思うが、

 ある時、息子のメアドから息子らしくないメッセージが届きそうで怖い。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

明日は明日の風が吹く

 明日のことが心配で、前の晩から眠れなかったりするのは良くあること。  明日は明日の風が吹くから、明日のことは明日考えればいいと言われても、段取りだけは考えておかないと落ち着かないし、ある程度の下準備 …

湖岸散歩

今日は琵琶湖のコアユ釣りの偵察がてら湖岸を散歩してきました。比叡山からの季節風が吹き荒れていましたので、それを追い風に歩いてきました。 上の写真は、つい最近出来た看板です。こういった看板が出来るだけあ …

冬の夜のウォーキング

 風を遮る上着を羽織って、手袋とマフラーを装備してから家を出る。  Apple Watchの「フリーウォーキング」のスタートボタンを押してから歩き出す。  1時間ちょっと5〜6kmの湖岸ウォーキングだ …

ヒメツルソバ

 ヒメツルソバという名前らしい。  漢字で書くと「姫蔓蕎麦」。  家の前の側溝の隙間で、  この寒さの中でたくましく咲いていた。  ホームセンターでも売っているらしいが、見たことないなぁ。  可愛い花 …

椿や山茶花

 山科駅から毘沙門堂の裏を抜けて大文字山へ入ろうとした道に、  花首から落ちた椿がぼとりと落ちていた。  まだそのまま飾りたいくらいの美しさが残っているのに、  「私の美しさはもう終わり。少しずつ衰え …