今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

生活

小説「ムーンライトシャドウ」

投稿日:

 「キッチン」は読んだはずなのに、キッチンを含む三編の短編小説のうちの最後の一つが記憶から消えていた。

 やはり読んでいなかったかもしれない。

 でも、キッチンを読んだのはもう思い出せないくらい昔のことだし、その頃は大事な人を亡ったりしてもいなかった。

 吉本ばなな氏の文章に触れて懐かしさを覚えた。そうそう、こんな感じ。嬉しい気持ちも湧いてきた。すぐにその世界に入ることができて、グイグイと引き寄せられる。

 フィクションなのに、現実離れした話なのに、それがノンフィクションにも思えてしまうのが不思議だ。

 どうして今更この古い小説を読もうと思ったかというと、大好きな小松菜奈ちゃん主演で映画化されるからだ。しかも、その本を妻がまだ持っていて「はい、読む?」と渡してくれたから。

 老眼鏡をかけて読みはじめたら、もう夢中になって一気に1時間ほどで読み終えた。

 最後はやっぱり泣いてしまった。亡った人をどうしても思い出してしまう。さよならも言えずにいってしまった大切な人。

 主人公ほどもう若くはないのに、こういう気持ちは共通なのだろうか。「悲しい」でも「寂しい」でも「もう一度会いたい」でもない。

 ただ「さようなら、ありがとう」と伝えたいだけ。

 生きているうちに顔を見て言えないのはわかっている。

 死んでからしか言えないのに、死んでしまってから言えなかったことを後悔しても仕方ないのに。

 なんなんだろうね。

 元々涙脆いのが更に数段症状を悪化させたのは、間違いなく飼い犬とあの人を亡くしたせい。

 そして、この小説もまたその要因の一つになりそう。

 さて、どんな風に映画化されるのだろうか。2021年9月10日封切り。今から楽しみだ。

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

窓から見える風景

 以前住んでいた家では、  窓を開ければ隣の家の窓があった。  その隣家の窓を手で開けられるくらい近かった。  今度の家も、そういう窓もあるが、  一つだけ見晴らしのいい窓がある。  自分がいつも登る …

何度も楽しめる映画

 映画鑑賞は好きだ。  学生時代は本ばかり読んで、映画を軽んじていたところもあったが、今は細かい文字も読みにくくなり映画の方がありがたいとさえ思う。  もちろん「本」の世界と「映画」の世界は別物であり …

面白すぎ!「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」

 昨日はブログを書き忘れるほど、このゲームにのめり込んでいる。  「ゼルダの伝説 ブレワイ」とはまったく違う系統のゲームだが、これは病みつき。  何より中毒性がある。  大昔にパチスロにハマったことが …

新しいMacBook Airの端子

 上の写真はちょっと昔のMacBook Proの入力端子。 今まで娘が使っていたものだ。  左から電源、Ethernet、FireWire 800、Mini DisplayPort、USB2つ、SDカ …

「きぼう」の光

 「きぼう」の光は、数日前が一番よく見えたらしい。  昨日は娘と一緒に「きぼう」を見に外にでた。  午後7時40分過ぎに北北西の空に「きぼう」は現れて、北東へと上空を飛ぶ。  東の空には、満月が雲の向 …