今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

生活 草花

庭の鉢植えは花盛り

投稿日:

 雨の日の昨日まではこんな感じの蕾だと思っていたのに

 今朝、水やりに行ったら

 一斉に開いていて驚いた

 なんという名の花なのかわからなかったが

 花の写真をもとに調べてみると「これかな?」というのが見つかった

 「橘もどき」

 「もどき」とはなんともかわいそうに思うが

 そんな名前のようだ

 その花の隣の鉢では、紫陽花が梅雨はまだかと待ち構えている

 少しずつ蕾が膨らんできている

 つい先月までただの枯れ木のように見えたのに

 梅雨に向けて一気に育ってくる

 

 これも今朝見つけた花

 娘が持って帰ってきた寄せ植えの中に小さく入っていたものを

 水に挿しておいたら根が出てきた

 1週間ほど前に土に植えてあげて、もう花が咲いた

 紫色の小さな花

 1ヶ月前から咲き始めたシンビジュームも、まだまだ見ごろ

 アマリリスも満開に近くなってきた

 パンジーとビオラは一見満開のように見えるが

 そろそろ終盤

 次は今年もニチニチソウを植えようかと思っている

 また1年間、こんな家族と付き合っていく







-生活, 草花
-, , , ,

執筆者:


  1. まお〜 より:

    こんばんは。
    植物園のような色とりどりのお花が競うように咲いていますね。
    ウチもネコどころか、ネズミの額ほどの植え込みに紫陽花が蕾をつけ始めました。
    これから花を愛でるいい季節を迎えるので、早く世間が元に戻って欲しいものですね。

    • KURI より:

      まお〜さん
       若い頃は「あ、花だ」程度の認識だったのに、いい歳になってくるとどうしてこんなに草花が愛おしくなってくるのでしょう?花を愛でるためだけに出かけるなんて桜の花見以外ではあり得なかったのに、今ではあそこの紫陽花、こっちの菖蒲、向こうの木蓮など、「花をみるための外出」が増えたように思います。まぁ以前に比べてヒマになったということなのでしょうけど。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

軒しのぶをおしたじで

 「京ことば」  平安京の時代から1000余年、京都の街は日本の首都であった。  よって、江戸中期までは「京ことば」が日本の標準語であり公用語であった。  でも、「どす」とか「はる」、「やす」は幕末以 …

トキワツユクサと常盤御前

 最初は「白いツユクサがあるのか?」って思った。  白くて可憐な花。  もう少し拡大してみよう。  花弁は3枚。オシベが6本。あとは毛かな?メシベはわからない。  細い笹のような葉。  周りを見れば、 …

メンチカツとミンチカツの思い出

 関東で育って、関西で暮らしている私にとって、メンチカツというのは不思議と色々な思い出のある揚げ物。  子供の頃、忙しかった母が  「今夜はメンチとコロッケでいい?」 と言って、それを肉屋さんで買って …

引き篭もりの寒い日

     歩きに行こうと外に出たものの、  あまりの風の冷たさに引き返す。  玄関先の植木鉢を、  風に飛ばされぬように位置を変えたり、  寒さ避けにビニール袋を被せたり。  リビ …

子に料理を教える

娘が最初にひとりで作った玉子焼き。塩コショウもしていない、ただフライパンで焼いただけ。  子供には料理ができるようになって欲しいと  小さい頃から包丁を持たせたりしていたが  結局、何も作れる料理がな …