今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

生活 草花

庭の鉢植えは花盛り

投稿日:

 雨の日の昨日まではこんな感じの蕾だと思っていたのに

 今朝、水やりに行ったら

 一斉に開いていて驚いた

 なんという名の花なのかわからなかったが

 花の写真をもとに調べてみると「これかな?」というのが見つかった

 「橘もどき」

 「もどき」とはなんともかわいそうに思うが

 そんな名前のようだ

 その花の隣の鉢では、紫陽花が梅雨はまだかと待ち構えている

 少しずつ蕾が膨らんできている

 つい先月までただの枯れ木のように見えたのに

 梅雨に向けて一気に育ってくる

 

 これも今朝見つけた花

 娘が持って帰ってきた寄せ植えの中に小さく入っていたものを

 水に挿しておいたら根が出てきた

 1週間ほど前に土に植えてあげて、もう花が咲いた

 紫色の小さな花

 1ヶ月前から咲き始めたシンビジュームも、まだまだ見ごろ

 アマリリスも満開に近くなってきた

 パンジーとビオラは一見満開のように見えるが

 そろそろ終盤

 次は今年もニチニチソウを植えようかと思っている

 また1年間、こんな家族と付き合っていく







-生活, 草花
-, , , ,

執筆者:


  1. まお〜 より:

    こんばんは。
    植物園のような色とりどりのお花が競うように咲いていますね。
    ウチもネコどころか、ネズミの額ほどの植え込みに紫陽花が蕾をつけ始めました。
    これから花を愛でるいい季節を迎えるので、早く世間が元に戻って欲しいものですね。

    • KURI より:

      まお〜さん
       若い頃は「あ、花だ」程度の認識だったのに、いい歳になってくるとどうしてこんなに草花が愛おしくなってくるのでしょう?花を愛でるためだけに出かけるなんて桜の花見以外ではあり得なかったのに、今ではあそこの紫陽花、こっちの菖蒲、向こうの木蓮など、「花をみるための外出」が増えたように思います。まぁ以前に比べてヒマになったということなのでしょうけど。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

花は咲かせられたかい?

この時代のどこか片隅にでもいい 居場所を見つけられることができたら それだけであなたの人生は 成功である そんなに長いこと居座る必要もない 用がなくなりゃ次の場所へ移ればいい 花を咲かせることにこだわ …

自分から動けと言われても

 「言われていなかったのでやりませんでした」  「自分から行動を起こさないとダメだろう!」  「誰かの指示を待たずに、自分から動け!」  (でも『誰がそんなことやれって言った!』『勝手なことしやがって …

芝犬を見ると

 5年前までシバ犬を飼っていた。  14年とちょっと生きた。  死んでしまった時に、その存在の大きさを知った。  室内犬ではなく、玄関の外で飼っていた。  雨の日も、風の日も、雪の日も、嵐の日でも、外 …

寝つき

 物心がついた頃からずっと寝付きが悪かった。  布団に入ってからも、あれこれ不安になって寝られない。  ちょっとした物音で目が覚める。家鳴りが気になるし、時計の音も気になる。  明日のことが気になる。 …

昔よくやったゲームで

 学生時代にやり込んだゲームのひとつに「ドンキーコングJr.」がある  もう全ステージを目をつぶってもできるのではないか?というほどやり込んだ。  今から38年?ほど前のゲームだ。  38年と書いて、 …