今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

日本語 歴史

微妙

投稿日:

 近江国の園城寺(三井寺)境内にあるこの小さなお堂だが、元々は長等公園あたりに創建された本堂・薬師堂・三重塔を構えた立派な寺院であった。

 それが今は、園城寺を順路の沿って歩いていく中にポツンと佇む一つのお堂に見える。

 前を通る観光客には「微妙寺(びみょうじ)だって」って、クスッと笑われる。

現代、「ビミョー」と言うと、

「なんかぁ・・・」の後に「イマイチかな?」って意味合いで使う。

 でも仏教での「微妙(みみょう)」は、「言葉では言い尽くせないほどの深い味わい」である。

 「”生きる”とは、深遠微妙にして意味深長である」と言うような使い方だろうか?

 少なくとも、

 「ねえねえ、この帽子お父さんに似合うと思う?」

 「う〜ん、なんかビミョー」って意味ではなさそうだ。

-日本語, 歴史

執筆者:


  1. Aki より:

    微妙でググると『少々』とかの意味も含めすべて肯定的な意味ですねぇ、
    たいていは否定的にしか使ってないので、広辞苑も今後変わるのかな?

  2. しんちゃんママ より:

    >微妙寺
      →クスッ!!

    >言葉では言い尽くせないほどの深い味わい
      →勉強になりました。

    コロナが落ちついたら、
    西国33観音で園城寺に行く気満々なので、心にとめておきます。
    ありがとうございました。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       >西国33観音で園城寺に行く気満々なので
       是非是非おいでください! 「微妙寺」は知らなければスッと通り過ぎてしまいそうなお堂なんです。(^_^)

  3. カラス より:

    『妙』微妙に笑ってしまいました。
    「妙な話だ」では、不思議とか、変だという意味で使いますが
    「絶妙」となれば、優れる、良いという意味ですよね。
    ひとつの漢字の意味を、深く掘り下げて調べたことがありませんが、ながーい漢字の歴史の中で、様々なニュアンスを含みながら継承されたのでしょう。
    特に宗教においては、その傾向が濃いと思われます。
    調べると、外にも相反する意味を持つ漢字がたくさんあるかもしれませんね。

    • KURI より:

      カラスさん
       「妙な話だ」「それは妙だな」って言葉も近頃あまり聞かなくなったでしょうか。「絶妙」は使います。
      おっしゃるように、その時代に応じた便利な使い方をされる微妙な単語かもしれません。(^_^)

  4. アプリ より:

    微妙寺、名前通りの意味でとらえると笑ってしまいそうですが、そういう深い意味があるとは、仏教は深いのでしょうね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

本音ってなんだ?

 ギターで言う「元の音」と言うのも難しい。  アコスティックギターの弦を張り替えたばかりで、チューニング合わせて「ジャーン」と鳴らした音がそのギター本来の音なのか? ギターの弦だっていろいろ種類があっ …

方丈記を読む

 小さな平屋でいいんだよな。  そこに、奏でるスペースと、念仏を唱え、経を誦むスペースと、  寝床があればいい。  京都では、  大地震とか竜巻、大火事、遷都や大飢饉などたくさん地獄をみてきたし、   …

旅中心得

 現代の旅でも山歩きでも通用する、江戸時代の旅の心得。伊勢金比羅参宮日記において、旅行中に気を付けることを栗原順庵が教えてくます。  私はあまり旅をする方ではなく、近所の低い山を歩いたりする程度。泊ま …

伊勢金比羅参宮日記(後編) 栗原順庵

渋紙装丁の横型綴本:縦9cm×横20cm:和紙2つ折りを73枚綴じたもの。行書体で墨書きされている  時は江戸時代末期(1850年)、上州伊勢崎藩御典医であった栗原順庵が42歳の厄年に群馬から利根川を …

ぽっぽしてええの?

妻が聞いて聞いてきた。 「”ぽっぽしてええの?”って意味わかる?」 「こそっと懐に入れるってこと?」 「そうそう、そんな感じ。あ、通じるんだね。こっちの方言かと思ってた。」 親が使っていたかどうか覚え …